ブラッドボーン 感想9 『聖杯ダンジョン』

今回の記事について一言
『ブラボはワンコ押し』

本編感想

前回までのあらすじ:ボスが回復するのは反則

エミーリアを倒したので次は、ヘムウィックの墓地街……
には行かずに色々と探索します。

たぶんヘムウィックの墓地街が本ルートだと思うので
あえて違うところに行きます。本ルートは後回しにする。ゲーマーあるある。

っという訳でブラボ界をブラブラボ散歩。

burabo9 (1)
お前そんな顔してたのか……
仕事終わりの俺みたいな顔しやがって

burabo9 (2)
火炎放射撃ってくる奴、ただのジジイかと思ったら
なんか鳥人間みたいな顔だった。
マスクなのか獣になってしまったのかは謎

それにしても望遠鏡役に立つなー。
ブログ用じゃなくても、こうやって敵のグラフィック見れるアイテムがあるのは
ゲームとしてポイント高いです。

特にブラボの敵は良い感じにキモイので、こうやって見れるのは嬉しい。
もうこの鳥人間の微妙にキモイデザインとか大好きです。
楳図かずおのチキンジョージみたい。マニアックすぎるかw

色々回ったけど、結局はヘムウィックの墓地街に行くっぽい。

しかし一つやり残した事をやろうと思う。
それは『聖杯ダンジョン』である。
血に飢えた獣を倒して手に入ったアイテムを使えば
不評で噂の聖杯ダンジョンに行けるはずである。

クリアするまでゲームのwikiとか攻略とか見ない派ですが
twitterとかで目に入る情報で『聖杯ダンジョンが糞』って良く聞きます。

でもでも! ゲーム内説明見る限り、入る度に構造が変わるって書いてあるんですよ。
これって自分が大好きな『不思議なダンジョンシリーズ』じゃないですか!!!
結構ワクワクしてるんですが。

burabo9 (3)
『トゥメルの聖杯』をお墓にお供え。
っていうかこの群がってる亡者みたいなの何なの?

早速ブラボの不思議なダンジョンに突入。
突入したのは良いのだが、どうもランダムじゃない。
まあ良くわからんけど進もう……

burabo9 (4)
シリーズお馴染みのギロチンゾーン。
もちろん嫌らしい雑魚的も配置。

それ以外は特に変わった事もなし。 剛剣マンジカブラとかないのか

次の階層に進む前に『死体の巨人』とのボス戦。

burabo9 (5)
両手が鎌みたいなボス。
しばらく見ていたが、ブンブン両腕を振り続けてるので攻撃タイミングがわからない。
なので敵の攻撃を食らいつつも、回復&強攻撃のゴリ押しで撃破。 いつもの

二階層……も特に変わった事はなし。

burabo9 (6)
ボスが三体いるタイプで
前作(ダークソウル2)で苦戦した名前忘れた三体ボス思い出します。

っが! なんとコイツ等は本当の雑魚であった。
何でコイツ等ボスなんだ?

三階層。聖杯ダンジョン楽勝やん!
っと思ったら、三階層のボスがまた強いんだよコレ。

burabo9 (7)
三階層のボス戦『旧主の番犬』
そう! ボスといったらこの強さなんですよ!
10回以上死んでこそボスです。

番犬って言うくらいなんだからワンコなんでしょう。
最初の敵もワンコ(狼かも知れませんが)だったし、今回は番犬。
どうもブラッドボーンは、犬押しらしいです。猫型の敵いないし

死にまくったので旧主の番犬攻略方法が判明。
正面から近づくと、高確率で頭を振る攻撃を使用してくるので
それを後ろに避けて頭の先端を攻撃。
頭を振る以外は全て無視で、たまにマグマ出す時は強攻撃。
そんなこんなで無事撃破。

無事撃破なんて文字では簡単に言っていますが、相当苦戦しました。

burabo9 (8)
特にこの体力まで減らして死んだ時はふて寝しましたからね。
体力が減ると使用してくる、粉塵爆破みたいな攻撃で死にました。
テオテスカトルかテメーは

番犬を倒すと『中央トゥメルの聖杯』という物を手に入れた。
これってまた新しい聖杯ダンジョン行けって事ですか?

っというか度重なる激戦で回復アイテムである血がもうスッカスカなんですが。

死亡回数報告

動画撮ってる間に死亡回数数えるのが面倒になった為
この企画は廃止。もう余裕で死亡回数100回超えるしね。

一部気になったキャラや観光名所の感想

・『死体の巨人』

burabo9 (5)
【ボス】
両手が鎌で。背中に蝋燭?付けているボス。
巨人という割にはあまり大きくないし巨人っぽくない。
こういうボスは後ろから攻撃と相場が決まっているのだが
全然後ろを取らせてくれない。

ジャンプ攻撃とか腕ブンブンとか突き刺しとか
攻撃パタ-ン自体は少ないのだが、ほとんどの攻撃に隙があまりない為
攻撃チャンスがどこか分からなかった。

腕ブンブン攻撃3回→よっしゃ攻撃だ!→ブンブン4回目
とかのせいで攻撃食らいまくりである。 まあ自分が下手なだけなんですけどね

カウンターも取れないので、斧の強攻撃でゴリ押しで倒した

・『守り人の長』

burabo9 (6)
【ボス】
体力の高い雑魚が三体いるだけである。
デモンズのガーゴイル。ダクソのオーンスタイン。ダクソ2の三体いる奴。
っと、複数ボスはそれなりの強さがあるのだが
今回は本当の雑魚である。強攻撃でも怯むし……

ボスと自分が勘違いしているだけで
聖杯ダンジョン用の中ボス敵ボスなんじゃないのか?
こんなんボスだったら批判が来るレベル。

・『旧主の番犬』

burabo9 (7)
【ボス】
炎を身に纏うワンコ。足が弱点なようで、足を数回攻撃すると怯む。
ただ、全体的な攻撃モーションが素早い為、近づいて攻撃すると
結構な確率で反撃を食らう。

唯一口からマグマを出す攻撃だけは隙だらけ
マグマ自体も時間ですぐに消えるので、この攻撃方法があるのは
制作者の良心なんだろうなと思う。

次回:ブラッドボーン 感想10 『ヘムウィックの魔女』
前回:ブラッドボーン 感想8 『人形ちゃんの下着観察日記』

スポンサーリンク
336
336

『ブラッドボーン 感想9 『聖杯ダンジョン』』へのコメント

  1. 名前:たまご豆腐 投稿日:2015/07/08(水) 10:43:03 ID:2aa6a5a30

    お、聖杯ダンジョンやったんですね!
    本編もロクに自力で進められないので、聖杯ダンジョンなんて無理だわーと、手つかずでした。私も行ってみようかな。
    次はいよいよヘムウィックかな。楽しみ!

  2. 友達がいない男 名前:友達がいない男 投稿日:2015/07/08(水) 19:46:14 ID:7d69fb314

    >たまご豆腐さん
    コメントありがとうございます!

    聖杯ダンジョンの方がボス戦でやられた時に、すぐ戦えるから楽ですよ!
    次はヘムウィックでばあさんと戯れますw

  3. 名前:サマトキ 投稿日:2015/07/08(水) 20:59:05 ID:362af2d57

    ブラッドボーンはシレン風のダンジョンもあるんですね。

    昨日からドラゴンズドグマのCBT始まりましたけど、PS4は間に合わなかったぽいですね(^^;;
    最終日まで戻ってくるといいですね。

    プチ情報ですが名前はファーストネーム、ファミリーネームを英字表記になります。
    なのでファミリーネームも考えていた方が良いですよ。

  4. 名前:HAL 投稿日:2015/07/08(水) 21:10:37 ID:1c1c01bea

    鳥人間はおそらくマスクですね。
    昔ヨーロッパの医者が似たようなのつけてたそうな。
    くちばしの所に薬草が詰まってるんだとか。
    ってアサシンクリードで知りました。

  5. 友達がいない男 名前:友達がいない男 投稿日:2015/07/08(水) 23:11:29 ID:7d69fb314

    >サマトキさん
    コメントありがとうございます!

    シレン風のダンジョンかと思いましたが、なんか違いましたw
    一応ランダムダンジョンなんですが、確かにツイッターでみんなが言っていた通り微妙です。

    (ファミリーネームも考えていた方が良いですよ。
    おお! 情報ありがとうございます! ソニーのアホのせいで、ドグマ終了までに戻ってくるかどうか・・・・・・
    ファミリーネーム・・・・・・ Kodoku Tomoina にでもしましょうかね。(何も考えてない)

  6. 友達がいない男 名前:友達がいない男 投稿日:2015/07/08(水) 23:13:58 ID:7d69fb314

    >HALさん
    コメントありがとうございます!

    マスクだったんですねコレ! 望遠鏡でジロジロ見てましたが、鳥人間かと思いました。

    (昔ヨーロッパの医者が似たようなのつけてたそうな。
    何でそんな事知ってるんですかw っと思ったら、アサシンクリードであったんですね。
    他のゲームの知識が他のゲームで活かされるってなんか良いですね!
    貴重な情報ありがとうございます!

  7. 名前:ユウタ 投稿日:2016/03/28(月) 11:03:15 ID:5c4011376

    聖杯ダンジョンは…深きトゥメル3層で詰まった。

  8. 友達がいない男 名前:友達がいない男 投稿日:2016/03/28(月) 18:19:34 ID:55ea58e6a

    >ユウタさん
    コメントありがとうございます!

    そこまでプレイしていないからよくわからんですw

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。