スポンサーリンク

デス・ストランディング 感想43話 『子供を作らない?』

今回の記事について一言
『ママーさんの隠された能力が判明』

 

※注意※
この感想日記は、ゲームのネタバレを含みます。ご注意ください。
筆者は初見プレイなのでネタバレコメントはお控えください。
なにとぞよろしくお願いします。

 

本編感想

前回のあらすじ:苦行

ブリッジズノーセンキューなマウンテン・ノットシティの管理者ロックネさん。
その理由を双子の姉ママーさんに詳しく聞くために
休むことなく、雪山を下山するサムなのであった、
(マウンテン・ノットシティでは、プライベートルームが使えない)

ママーさんの所に無事たどり着いたサム。
ママーさんから、BTの臍帯(さいたい)を切れるという新兵器
『コード・カッター』なる物を受け取りました。
ママーさんの提案で、早速この武器の練習をすることに。
嫌な予感しかしない。

ママー
「あの子との臍帯を切って」


予感的中ですよ奥さん(ママー)

ママーさんは、宙に浮く赤ん坊BTを抱きかかえると
今のうちに私たちの繋がりを切って欲しいと、サムに伝えます。

ママー
「この世には生まれて来なかったけど、離れたくないし離したくない」
「この子が死んでいても」
「実はね」
「この子は、私の子じゃないの」


ママーさんの卵巣は卵子を作れず
ロックネさんは子宮に異常があったようで
お互い子供を産めない身体だったようです。

ママーさんは子供いらない派でしたが
ロックネさんは、子供が欲しかったらしい。

そしてロックネさんにはブリッジズに恋人がいたようですが
事故で死んでしまい、ロックネさんは絶望。

ママー
「妹の絶望は、私の絶望」
「本当よ、私たちはお互い相手の強い感情に共鳴してしまう」
「妹が死ぬことすら考えてるとわかったから、私は提案した」
「子供を作らない? って」


脳内会話出来る能力は便利だけど、意識まで共有してるって嫌だなあ・・・・・・
共有相手が陽キャだったらいいけど、陰キャだったら地獄だろ。
そういえば、男女で意識共有みたいなエ○本あったの思い出すな。

 

絶望したロックネさんを救うために、子供を作ることを提案したママーさん。
保存していたロックネさんの彼氏の精子と、ロックネさんの卵子を人工授精。
そしてママーさんは子宮を貸し、二人の子供をおなかで育てることに。


我が国日本でも、高齢化出産の関係から
不妊治療として人工授精が増えてるとか、聞いた事ある気がする。
やっぱ結婚するなら、男も女も早いに越したことはない。
男はどうでもいいけど、やっぱ女性は1○歳くらいが一番良いよな。
トモイナさんの年齢で、親父は既に子供が二人いたという事実。ヤベエ!

 

ママーさんのお腹(っというか子宮)でロックネさんの子供を育てていましたが
その途中テロが発生。
それと同時に、ロックネさんとの繋がりも切れたようです。

ママー
「真実も伝えられず」
「私はこの子と離れられなくなってしまった」
「でも決心した」
「ロックネに伝える」


ロックネさんに真実を伝えに行くため
赤ん坊BTをサムの前に差し出すママーさん。

そんな嫌なこと自分でやってくださいよ・・・・・・
って感じですが、育てた本人にやらせるのも酷ってもんだよな。

ママー
「ひとつの繋がりを断つことで、新たに繋がる関係もある」
「全て繋ぐことはできない」
「世界を繋ぎ直すには、私が妹のところに行くしかない」
「お願い、サム」

全世界の人と仲良くなんて無理ですし
全てを繋ぐことなんてできませんよね。
ちなみにトモイナさんは、繋がり断ちまくった結果友達がいなくなりました。

 


ヤダー! ムービーで自動で終わらせてくださいよー!
プレイヤーに□ボタン押させるのは、やめてください。
世界を繋ぎ直すだけなら、ロックネさん始末して強制的に通信結べばよくない?


しばらく待ってみましたが、どうしようもないのでカッティング。
母親を捨てさせ、他人の赤ん坊を殺させる。酷いゲームやでほんま。
どっちもブリッジズのせい。

 

臍帯を切られた赤ん坊BTは、空中で消滅。

ママー
「さようなら」


肉体的ショックなのか精神的ショックなのか
その場で倒れこんでしまうママーさん。

ママー
「連れて行って」
「ロックネのところへ」


!?

ムービーで到着してるんじゃなく、マジで運んでくのかよ。
このゲーム、人を運ぶのが今のところ一番大変なのに
ママーさん運んで、あの雪山をまた戻れと?

 

 

~ 空気の読めない男 ~

ママーさんを背負い、ロックネさんの所へ行くことになったサム。
ブリッジズから特別手当を出して頂きたい所である。

ヒッグス
「おやおやおや」
「お楽しみを用意しようと思ったが、それだと辛いか?」


オイオイ、空気読めよお前・・・・・・
この状態で意味わからん事しでかすなよ。

ヒッグス
「いいだろう」
「少しルールを変えてやってもいい」

ママー
「気を付けて、サム」
「来るわ」


「いいだろう」とか自分だけで納得した後
黄金マスクを付けたような、ライオンっぽいBTを召喚したヒッグス。

ヒッグス
「腹を空かせてるな」
「こいつに食われず逃げきれればOKだ」
「さあ、どうだ?」


いや、ふざけんなよアイツ!
ペットの不始末は、飼い主の責任だろうが!

 

 

~ なんとか逃げ切った ~

ママー
「もう大丈夫ね」


戦えとは言わんから、せめて自分の足で逃げてくれませんかね・・・・・・

 


ジップライン神建造物すぎるよな。
ぶっちりで使える建造物。

また戻らないといけないってわかってたら
予め雪山近くにも、ジップラインを建設していたというのに。

 

ママーさんを背負い、ひたすら目的地まで走るサム。

ママー
「私がいた病院は、橋の下敷きになってしまった」
「今でもそれを、よく夢に見るの」
「頭上にかかる橋が、大きな音を立てて崩れてくるの」
「あのテロ以来、私は橋が怖い」
「おかしいでしょう? ブリッジズなのに橋が怖いなんて」
「それに閉じ込められていたから、暗闇が怖いの」
「あれから、一睡もしてない」


っえ!?
あれからって、テロ事件から一睡もしてないって事?
あまり眠れないとかじゃなくて、一睡もしてないのか。
それも能力の一つなんじゃ・・・・・・

 

 

今日のデススト


『ライオンBTから逃げるサム』

 

 

次回:
前回:デス・ストランディング 感想42話 『コード・カッター』

コメント

  1. 更新乙であります。

    臍帯。要するに「へその緒」ですね、胎児と胎盤をつなぐケーブル。(エヴァ?)
    太さ2cm、長さ50〜60cm。2本の動脈と1本の静脈が流れてます。いわば、命綱。
    ・臍帯巻絡(さいたいけんらく)
    出産時に臍帯が新生児に1回以上巻きついて生まれる事態。全出産の20〜25%。
    頭などに巻きついているのは診断は出来るけど、出生前にどーこーは出来ない。
    胎動が活発すぎるのが原因だとも言うけど、まあ、大抵は何とかなるのであった。
    ・臍帯血(さいたいけつ)
    出産の時にしか採れない貴重な血液で、「造血幹細胞」が豊富に含まれてます。
    造血幹細胞は赤血球、白血球、血小板などを生成しますが人工的には造れません。
    臍帯の血管内の臍帯血は、40〜100ml。
    ……でもさぁ、出産時には臍帯は、とりあえずは切るものなのよ。ブチっとな。
    ……いつまでも死児を母胎に臍帯で縛り付けているほうが、問題だと思われ?

    ママーさんとロックネさんの場合は「代理母出産」だねぇ……
    ・Gestational Surrogacy/代理母と遺伝的繋がりのない受精卵を代わりに生む。
    ・Traditional Surrogacy/代理母が人工授精を行い出産する。サロゲートマザー。
    ・夫婦の受精卵を妻の親族(母・姉・妹)の子宮に移す方法もある。まあ、色々だ。
    もちろん問題点は多いですよ、倫理的・経済的・遺伝的・法的・経済的に。面倒。
    でも、それでも「産みたい」夫婦は多いのです……日本でも不妊女性は、20万人。
    ・ドイツ、イタリア、オーストリアなどは代理懐胎を全面的に禁止している。
    ・日本では「自主規制」……規制する法律は未整備。(まあ、いつもの事さね)
    ・同性愛カップルが子供を持つ方法ではあるけれど……どこか漂う、人身売買臭。
    ・特にアメリカだと色々と嫌な部分が露骨に出てくる。人種間のあれこれとか。
    ……妙に「深い」ところを狙ってくるゲームじゃの。あたいにゃ〜向いてねえ(笑)

    ママーさん、睡眠障害説。「完全に寝ていない」訳では無いと思うよ?
    日本では5人に1人が睡眠障害で、中高年では急増。男性よりも女性のほうが多い。
    ・入眠困難/床についても30分〜1時間眠れず。・熟眠障害/眠りが浅く疲れる。
    ・中途覚醒/夜中に何度も目が覚める。・早朝覚醒/2時間以上前に目が覚め不眠。
    ・ナルコレプシー/居眠り病。日中の強い睡眠発作。雀聖;阿佐田哲也氏が有名。
    寝ていないようでも「意識が飛ぶ」形で、密かに睡眠を取ってたりするものです。
    ……正直あたしゃ、よく「寝落ち」してる。コントローラー握ったままで朝だ(笑)

    ちょっとゲームして寝ます。

    • >くろねこさん
      コメントありがとうございます!

      乙ありです!
      「へその緒」ってもらおうと思えばもらえるみたいな事聞いた事あります!
      「臍帯巻絡」とか「臍帯血」とか、はじめて聞いたゾ・・・・・・
      出産シーンはなんか怖い!

      (それでも「産みたい」夫婦は多いのです……
      なんかこの一文感動しますなあ。愛の最終形態みたいな感じですしね。
      トモイナさんも良きパートナーと、年収が4倍くらい上がったら、子供欲しいなあ。
      しかしトモイナさんの性格上、リスクあるの嫌いなんで子供は無理w

      (「完全に寝ていない」訳では無いと思うよ?
      ママーさん睡眠障害なのか、全く寝てないのかわかりませんな。
      トモイナさんも寝落ちはよくある!

  2. 更新お疲れ様です。

    BBの目の前で赤ちゃんBTを消滅させちゃうのかよ…。
    トラウマになるぞ。

    さすが神の粒子。
    やりたい放題やな。
    まるでどこかの狂王のようだ。

    ライオンに追いかけられる時もラッコかぶってたのかw
    ドロドロになってしもてるやんw

    • >ふっとぶふとんさん
      コメントありがとうございます!

      乙ありです!
      まあ赤ちゃんなので、きっと覚えてないから大丈夫・・・(震え声
      狂王はちゃんと奴隷たちの事を裏で想ってたのでセーフ。
      雨降ると勝手にラッコ被ってしまうのですw

  3. ・更新お疲れ様です!
    ・ 縺れた糸を断ち切って、気分のままに踊れるか?操る糸を断ち切って、自分の為に踊れるか?

    >モリンゲン&ロックネ姉妹の過去
    ・山積みになった資材の崩落事故で恋人が逝去して哀しんでいた時に、第一次遠征隊のメンバーが言い放ったのは……「ブリッジズなんだから、そんな個人のことに拘泥するのはおかしい。アメリカ再建という難事に関われるのだから、それに邁進すべきだ。」
    ・言わんとすることはわかりますが、「世界を繋ぐ」という大事に目を向け過ぎて、「身近な人と人との繋がり」を疎かにしてるっぽいですね。

    > 意識共有も考えもの
    ・マグロ解消しますかな?

    >トモイナさんの年齢で、親父は既に子供が二人いたという事実
    ・やめてくれトモイナさん その言刃は私に効く。

    >そんな嫌なこと自分でやってくださいよ・・・・・・
    ・頼む前に、意を決して、自分で切ったけど、完全に断ち切ることはできなかった模様。
    ・ノベライズの描写からして、このことは、「自分で逃げてほしい」とトモイナさんが突っ込んだ点や「ねむらなくてもつかれない」能力と同じく伏線みたいです。

    >世界を繋ぎ直すだけなら、ロックネさん始末して強制的に通信結べばよくない?
    ヒッグス「子を喪い、姉に裏切られ、オカンサムに始末された女……最凶のBT誕生だ!」

    >ブリッジズから特別手当を出して頂きたい所である。
    ダイハードマン「よし、わかった。全てが終わり、キャピタルまで生きて帰ってこれたなら、ボーナスを支給しよう。」

    >ペットの不始末は、飼い主「の」責任だろうが!
    ・なお飼い主は「人を襲う」目的でペット飼ってる模様。

    >『ライオンBTから逃げるサム』
    ・STRONG WORLD
    ・『ボケて』の「話が違うじゃねえかムツゴロオオオォォォォォ! 」ってネタ思い出した(笑)。

    ・失礼しました!次回も期待です!

    • >にわか三級さん
      コメントありがとうございます!

      乙ありです!
      鏡の中のマリオネット! 知ってる!!!

      (それに邁進すべきだ
      やっぱブリッジズは糞やんけw!

      (やめてくれトモイナさん その言刃は私に効く
      っというか親父ヤベエ。

      (ノベライズの描写
      にわか氏のコメント見る感じ、ノベライズは結構細部まで補完されてるっぽいですね。
      配送シーンカットで済むので、ノベライズの方が密度高いんじゃ・・・・・・

      (なお飼い主は「人を襲う」目的でペット飼ってる模様
      ヒッグスマジクズ。ブリッジズか。

  4. ふと、このブログ思い出してめちゃくちゃ久しぶりに来ました
    MGSⅤ:GZとTPP、アンドンの頃(たしか)だったので日付見てみたら実に4、5年ぶり…
    相変わらず面白いです!株主報告会も見ましたけどブログのアクセスめっちゃ増えててすごい(小並感)

    • >PSさん
      コメントありがとうございます!

      ふと思い出して頂きありがとうございます!
      なんと、まだやっていますw 見てくれる人がいる限り、トモイナは描き続けまっせ!

      アクセス数はぶっちゃけアン丼からそれほど変わらない気もw
      またお暇な時に覗いて頂き、コメント頂けると嬉しいです!