スポンサーリンク

ダイイングライト 感想6 『送信機のスイッチでイライラがヤバイ』

今回の記事について一言
『スイッチどこにあんだよ!』

 

本編感想

危険な夜を乗り切った主人公。
ライズとの交渉に向かう前に
変電所のスイッチを二つ入れろとかいうサブミッションをこなす事にした。

一つ目のスイッチは普通のところにあったが
二つ目のスイッチの場所にはゾンビがわんさかいた。

dai6 (8)
金網の中にもたくさんのゾンビ
見切れてるハンマーゾンビ

もちろん一体倒すのも結構大変なのに
こんなにいたらキリがないので無視して進む。

っが無視しようにも敵が多すぎて進めないので
敵に向かってジャンプすると飛び越せるスキルを取って
なんとかスイッチの元に辿り着く。

スイッチを入れると、なんか電気が走って周辺のゾンビ達を一掃。
そのままアイテムも落とすのでこりゃウマイ!

dai6 (9)
電撃でゾンビを一掃!

電気流してる装置の近くのアイテムを取ると主人公もダメージを受けるので
装置近くじゃないアイテムを回収。
大半がショボイ金だが、素材も結構手に入ったのでラッキー。

また次の日にはゾンビがいるので、アイテム回収にもってこい。
死体は消えるがアイテムは消えない親切設計。
攻略に詰まったらここでアイテムを集めようと思う

 

 

サブクエストも終わったので
メインクエストであるライズの一味がいるところに向かう。

ジェイドが通信で
「アミール(主人公助ける為に犠牲になった人)があなたを助けて死んだから
あなたは責任を感じているのね
って言ってけど、まるで違いますよ! そんな善人じゃないよコイツ!

そんなジェイドに主人公は
「ライズからアンティジンを入手出来なければ、全員死んでしまうんだろ?」
と答えます。お前どの口が言ってんだ

ジェイドが言うにはアミールは今まで出会った中で一番良識があって
善良の人だったらしい。それがこんなクズ(主人公)を助けたばかりに……

主人公も心動いたのか
「アンティジンを手に入れて戻ったら、また話そう」
と言いました。

これは本当の事話すフラグですよね? 信じてるぞ!

ライズの一味がいる場所に向かう途中
人型の敵が二人いたので襲撃。そして返り討ち。
本当に人型の敵強すぎてシャレにならん。
なんなんアイツ等……

 

 

ライズ一味がいる場所に到着。

dai6 (11)
ブレッケンのところより小さいね

見張りに事情を話すと以外とアッサリ中に入れた。
中に入ると盗みを働いた人物に対して、奥で物騒な事をしていた。
ブレッケンのところと比べて危ないところらしい。

投下物資の箱がたくさんあるところを見ると
ブレッケンの組よりこちらの方が投下物資取得が高いのだろう。
武装した人も多いし。 さすがヒャッハー軍団

そしてこっちの一味のリーダーの『ライズ』登場。
ライズは主人公に
「アンティジンを渡す見返りは何だ?
奉仕? 忠誠心? 両方にしとくかな…」
とか言って隣の男の肩を叩くとどこかに言ってしまった。
忠誠心はわかるけど奉仕ってお前……

dai6 (2)
まさか隣の男……娯楽のない島だから仕方ないね

『カリム』とかいう人の命令に従えば
アンティジンを分けることも考えてくれるらしいので
カリムの元に向かう。

カリムに話すとお前はテキサス出身? カウボーイか?
なんて聞かれて主人公はシカゴ出身と答えると
じゃあお前アル・カポネな、なんて言われたけど
まるで意味がわからんぞ!

便利なネットの時代なんで調べて見ると
シカゴのギャング界を支配した男の名前がアル・カポネという名前であり
カリムは冗談で、お前シカゴ出身だからアル・カポネな。
なんて言ったのだろう。調べなければまるでわからない。

dai6 (4)
カリムさん海外じゃ有名人かも知れないけど
日本でアル・カポネなんて言われても全然わかりませんよ……

カリムからの命令内容は
隔離区域内では無線通信が不安なので
アンテナ塔に登って、短波ラジオの変調器のスイッチを入れてこいとのこと。
無線通信が不安なのってGREの妨害電波じゃねーの?

GREに連絡する主人公。
主人公曰く、なんとライズがスレイマンで間違いないらしい。
主人公何でわかるんだ? 出発する前に写真見たとか?

主人公の目的はスレイマンを探し出して盗まれた情報を回収する事なので
まず第一目標達成といったところだろう。

とりあえずライズ一味の任務をこなしとけと言われたので
アンテナ塔に向かう。

途中人型の敵3人に生存者が捕らわれていたが勝てるわけがないので無視。
助けてもショボイサバイバルポイントとか
イマイチ使い辛い強化パーツしか貰えないし
何より今はサバイバルポイントが結構あったので

dai6 (5)
サバイバルポイント>仲間の命

 

 

無事にアンテナ塔に到着したが
スイッチを入れる場所は誰かにパーツをあさられおり
スイッチを押せない状態になっていた。
そんなパーツ何に使うのだろうか

そういえばこの塔で新型ゾンビが登場。

dai6(2)
ゲロで攻撃してくるのでゲロゾンビと命名。
一緒に出現したハンマーゾンビさんの攻撃によってお亡くなりになったので
イマイチ強さはわからない。

 

 

最初のアンテナ塔がダメだったので
仕方なく次のアンテナ塔に向かう事にした。
夜だったのでもちろんセーフハウスで朝にしてから出発。
もうこのブログでボラタイルに出会う事はないだろう。
実況動画だったら非難囂々間違いなし

次のアンテナ塔に到着したが
『アレクセイ』とその息子『クリストフ』
この場所を守っており、周りは電気柵に囲まれていた。
しかし入れる場所を探して侵入。

アンテナ塔に登るのを渋る『アレクセイ』に
「あんたが許可してくれないってライズに報告するから」
っと脅す主人公。マジ主人公鬼畜

その時にアレクセイとクリストフが何か揉めてるような会話するのだが
全部英語で何言ってるかわからない。しかも日本語字幕なし。
翻訳班仕事してください

そしてアンテナ塔を登る……
っが、進み方がわからなく登っては落下登っては落下。

進み方が全然わからん!!!
苦し紛れに塔から突き出た丸い物体に乗るも駄目。

dai6
この丸い奴の名前わかる人物が日本に何人いるのだろうか?

落下して主人公×-1になると
また塔の下からなのでイライラ感が半端ない
昔の三国無双で馬に乗ろうとしたら弓矢で乗れない感じ

30分くらいかけてようやく進み方が判明。

dai6 (7)
どうやらここを登って進むのが正解なのだが
下の金網の部分と色も似ているので紛らわしすぎる!
ガジの家といい送信機のスイッチといいわかり難すぎるだろ
っというかファークライもそうだけど塔登り嫌いだからやめて欲しい。
なんかグルグル回って酔うし

 

 

無事に送信機のスイッチを入れカリムの元に戻る。

送信機のスイッチを入れたら『トロイ』という女性から
連絡がきた。主人公が無線通信を修復したから連絡出来るようになったらしく
主人公にお礼をいい「私たちにできることがあったら遠慮なく言って」らしい。

ライズの元に戻ったが、ライズは満足していないらしく
アンティジンはくれずに次の仕事を依頼される。
「近くの拠点から金を巻き上げてこい」だそうだ。

そうえいばライズが
「お前は自分の意志に従って生きているか?
 それとも誰かの操り人形にすぎないのか?」
なんて意味深な事言ってきたんだが
ライズは主人公がGREの調査員って事気がついているのか?

生存者から金を徴収するように命令されたんで、今回は手荒くなるぞ
っとGREに報告。GREは奴に言われた通りにしろ、っと言うだけであった。

 

 

いやー。送配電のスイッチの場所がわからんかった。
たぶん100人いたら30人くらい迷うレベル。

ほとんど雑魚敵は無視してるのだが
後半人間型の敵と強制的に戦う場面があったら
本格的に詰むんだが

まあ死んでもサバイバルポイントが減るだけなので
サバイバルポイントがなかったら死に放題なんですがね

しかもチェックポイントのすぐ近くからスタートするし
どうやら敵へのダメージは引き継いでいるっぽいので完全に詰む事はない。
緊張感がなくなるからもっとペナルティ多くすべきだと思うけど

 

 

一部気になったキャラや観光名所の感想

・『ライズ』

dai6 (2)
【人物】
画面右。主人公が探しているスレイマン本人である。
ライズという名前に変え、ライズ一味を率いている。
部下達の言動から察するに、暴力と恐怖で支配しているようだ。
ライズ一味の場所にいなかった、アレクセイも
ライズの名前を出すとびびるくらいなので
ハラン市で彼の名前を知らない人はいないのだろう。
カリムが言うには彼の仕事をこなせない人物には死が待っているらしい。
左の男はライズに忠誠と奉仕をしているらしい。

 

・『カリム』

dai6 (4)
【人物】
個人的には今のところTOPクラスのイケメン。
クリアしたらゲームレポートで
ハラン市美男美女コンテストをやろうと思う。
ライズの依頼の詳細は、全て彼から伝えられることになる。
主人公の事をシカゴ出身だからって、OKアルカポ~ネ↑なんて
日本人にはまるで意味不明なあだ名で呼んでくれる。おちゃめさん。

 

・『アレクセイ』

dai6 (6)
【人物】
イラツクアンテナ塔の周りに電気柵を張って、息子と共にその場所に暮らす人物。
息子は塔の修理をしている感じなのだが、何の為にこの場所にいるのか不明。
主人公が塔に登る事を許可すると、息子と争っているような口論をするが
日本語字幕のない英語で争っているので、何を言っているのか不明。
親子共々鉄塔マニアという事にしておこう。

 

・『ゲロゾンビ』

dai6(2)
【敵】
腹を膨らませてゲロで遠距離攻撃を仕掛けてくるゾンビ。
バイオで出てきたゾンビと違って、遠くにも飛ばせる優秀なゲロ。
飯を食べてる最中この敵に出会ったら最悪である。
まあ誰も飯喰いながらダイイングライトやらないと思うが

 

・『アンテナ塔』

dai6 (7)
【観光名所】
登り方を迷う人がいるであろう塔。
今のところNO1イライラスポット。
個人的にはガジの家より判りづらかった。
そのまま塔の上に登っていくと、コレクションアイテムである旗がある。

 

 

次回:ダイイングライト 感想7 『闇金クレインくん』
前回:ダイイングライト 感想5 『夜ヤバイ』

コメント

  1. ほんとこちらの日記にハマりまして、今度はダイイングライトを購入。
    街づくりに煮詰まったら、こちらでこちらでストレス解消。
    まぁ~逃げてばかりですが。
    私のGWは、ゲームウィークです。
    日記更新楽しみに待ってます。

    • >ライトさん(でいいのかな?
      いつもコメントありがとうございます!

      購入ありがとうございます(?)
      自分もハードで始めたら、雑魚ゾンビにすら苦戦しているので常時逃げています。
      自分のGWもゴロゴロ→寝る→ゲームの無限ループですw
      日記更新は苦しくない程度に頑張りますのでよろしくお願いします!

  2. こんにちは。
    ダイイングライトでいろいろ検索していたら、ここにきました。プレイ日記を1から読ませていただいたのですが、共感できるところがあったり、新しい発見があったり、面白いです。私も現在進行中ですが、主さんの記事を見ると、やる気がでます。続きを楽しみにしてますね!

    • >ダイバージェンスさん
      コメントありがとうございます!

      どういう検索かはわかりませんが、わざわざ1から見て貰いありがとうございます。
      自分の記事を見てやる気を出して貰えると大変嬉しいですw
      これからもダイイングライトの方も頑張りますので、よろしくお願いします!

  3. ・急に失礼します!
    ・カリムは良い男でした……。

    >シカゴのアル・カポネ
    ・洋ゲーやってる人で、シカゴギャング知らん人がおったとは……!(偏見
    ・『アンタッチャブル』ももう古いですからねぇ……。

    >サバイバルポイント>仲間の命
    ・作戦名は「いのちをだいじに」。

    >ゲロゾンビ
    ・真名は「トード」だとか(笑)。

    >翻訳班仕事してください
    ・一応調べて、意訳してみました。まぁ後々の展開でだいたい分かってたとは存じますが……。
    クリストフ「もうやってられるか!」
    アレクセイ「声がでかいぞ!」
    クリストフ「聞こえたって、かまいやしないさ!」
    アレクセイ「何が不満なんだ!?ここで生き残るためには仕方ないことだろう!」
    クリストフ「『こいつら』、ただの人殺しなんだぞ!?」
    アレクセイ「あぁ、確かに人殺しのロクデナシ共だ。だからこそご機嫌取らなきゃ生きていけないんじゃないか……。」
    ・クリストフの言う『こいつら』は、「ライズ一味」のことです。おそらく「ライズ」の名を出して脅したクレイン君も含んでると思います(苦笑)。
    ・「ライズ一味はみかじめ料をふんだくるだけで、ゾンビ共から守っちゃくれない」というのは、生存者達の共通認識みたいです(苦笑)。
    ・奥さんをアウトブレイクで喪い、残った息子を守るため、横暴なライズ一味に大人しく従い、武器を製作・提供する父親、そしてそんな父の手伝いをしながらも苦々しく思う正義感の強い息子……いわゆるすれ違いですな。ちなみに彼ら親子は、アンテナ塔下の家に住んでおります(元々住んでたのか電気柵のあるところをライズ一味にあてがわれたのか……後者っぽいですが)。
    ・最終的にサブイベントを進めると、クレイン君が二人に「譲歩」を提案して、親子が和解できたのは、良かったですな。しかも二人共タワーサイドに入ってくれると言う。

    >この丸い奴の名前わかる人物が日本に何人いるのだろうか?
    ・丸型のパラボラアンテナですかね?

    ・長々と失礼しました。

    • >にわか三級さん
      コメントありがとうございます!

      カリムは良い男でしたね。
      死んで一番悲しかったのはカリム。

      シカゴギャング・・・・・・知らぬ!
      毎度思いますが、真名とかどこでわかるのだろうか・・・・・・

      翻訳して頂いても、過去の記事だと全く覚えてないですw
      記事にしてるかしてないか忘れましたが、その親子は最後まで助けた気が・・・・・・

      (丸型のパラボラアンテナ
      確かパラボナアンテナだけではなく、謎の丸井物体だった気がします!