戦国無双4-2 理想の章感想

今回の記事について一言
『友達はいつまでも続かない』

今回の主人公は石田三成

seesa (20)

西軍と東軍で争った戦国最後の大きな戦い。
関ヶ原の戦いの西軍大将です。
ゲームが始まると石田三成が敵情視察をしています。
ですが既に敵兵に見つかって逃げている状態です
どうも石田三成はヘタレキャラに見えて仕方ない

ザコ兵相手に背後を襲われる三成。
開始早々死亡か!? っというかザコ兵の一撃なんてカスみたいなもんだろ

っと思いきや。
彼の ☆友達☆ が助けてくれます。
友達がいない俺だったらここで死亡ですね

友達の名前は
福島政則と加藤清正です。

ちなみにこの福島政則。こんな外見です。

seesa (12)

まあ昭和あたりにこんな不良がいたんだし、戦国にいてもおかしくないですよね!

ちなみに左に見切れているのが加藤清正ですが
見た目が普通の近所の兄ちゃんなので書くべき事はないです。
しかも性格も普通で面白見が特にない。オマケに武器も普通

彼ら仲良し三人組は最初豊臣軍にいて活躍してるんだけど
ある日福島政則と加藤清正は賤ヶ岳の七本槍として褒められました。

賤ヶ岳の七本槍とは、賤ヶ岳の戦いで特に活躍した七人の事を指しています。
しかし主人公である石田三成は七本槍に選ばれませんでした。
石田三成カワイソス・・・・・・

福島政則「七本槍に選ばれたぞウェーイ!」空気読めw
加藤清正「俺も選ばれたけど光成お前は……」
石田三成「……俺は何も。秀吉様が勝ったならそれでいい」

仲良し三人組だったのに、二人組を組んで~とか言われた一人余っちゃう感じだよね!
石田三成。気持ちは痛いほどわかるぞ!

そんな内心ショックを受けてる(と思う)三成君に大谷吉継は
「お前力はないけど頭良いからおk」っと慰めます。
この大谷吉継。いつも口元を隠しているので例の人を思い出すのは俺だけではないはず。

seesa (13)

ついでに島左近っていう人が
「あいつ友達いなさそーだけどめっちゃ良い友人いるやんけ! いいなー!」
みたいな事も言ってました。お前は俺か!
そんなこんなで色々ありまして豊臣秀吉は天下統一しました。めでたしめでたし
秀吉が天下統一した後。秀吉の家来達は 頭脳派と武闘派 で別れていました。

頭脳派には石田三成
武闘派には福島政則と加藤清正

ですがここで一つ問題が。
どうやら頭脳派の方が待遇が良く、武闘派は待遇が悪いらしいです。
まあ天下統一して戦が終わってるから戦うだけの奴らはいらないからね

待遇の違いからか、仲良し三人組は段々険悪ムードになってしまいます。
彼女いないモテナイ三人組で一人彼女出来る様なもんです。

友達がいなくなってヤバイ石田三成は島左近に友達になろうと持ちかけます。

島左近は福島政則と加藤清正の代わりはキツイっすよ。っと最初断りますが
石田三成が給料(土地)は俺の半分やると説得すると島左近からOKが出ました。
友達は金で買うもの

ちなみに仲良し三人組がれくらい仲が悪くなったかというと
石田三成の屋敷を襲撃しにくるくらいです 仲悪くなりすぎだろ
秀吉が死んだ後、徳川家康は勢力を拡大。しかも武闘派もちゃっかり取り込んだ模様。
秀吉LOVEの西の石田三成軍と、東の徳川家康軍で戦う事になりました。

石田三成は大負けするのですが、石田三成には過ぎたるものが二つ残りました。
島左近と佐和山城です。 オワリ

島左近は大負けした石田三成を見捨てずに(最後のピンチにも駆けつけてる)
最後まで付いてきてくれたからっていうのはわかりますが

唐突に出てきた佐和山城がどれくらい過ぎたるものなのかは謎です

ちなみに石田三成に過ぎたる物とか大プッシュされてる佐和山城について調べてみました。
佐和山城って調べたら今流行りの妖怪ウォッチにもなぜか登場している模様

どうやら三成が城の主になってから城を魔改造大改修して
近代的なスゴイ城にしたから回りから、石田三成の城ヤベエって事になっていたらしい。

ところが最後の戦いの後、徳川群がこの城に入ったら
表向きは豪華だと思われていたが、中はめっちゃショボかったらしい。

ショボかった理由は最後の戦いに全て予算を使ってしまったかららしい
それだけ最後の戦いにかけていたのだろう。

理想の章とかいう割には全く石田三成の理想通りに行っていないのが特徴の物語。

理想通りには簡単にはいかないんだぞ!
っという事でしょうか?

まあ理想を追い続けた石田三成の格好良さに惚れる物語でもあるのでしょうが
どうも俺は無双の石田三成はヘタレキャラに見えて仕方ない

まあそこがかわいいんでしょうね!

そしてこの物語で俺がわかった教訓。
友情はいつまでも続かない そして金で友達は買える

次回:戦国無双4-2 盟友の章感想
前回:戦国無双4-2 情愛の章感想

スポンサーリンク
336
336

『戦国無双4-2 理想の章感想』へのコメント

  1. 名前: 投稿日:2015/09/14(月) 08:30:14 ID:37310b250

    土地を半分やるから、友情は金で買える。というより、プライドが高い三成が諭され左近に「俺を支えてくれ」と言ったのが左近の心を動かしたように見えましたがね・・・

  2. 友達がいない男 名前:友達がいない男 投稿日:2015/09/14(月) 20:38:59 ID:65a62f835

    >あさん
    コメントありがとうざいます!

    真面目に考えるとそうなりますね。ただ無双だと福島政則と加藤清正との喧嘩内容やら石田三成の小物やらで金(土地)払って仲間にしたように見えました。
    実際の三成はとても優秀な人物だったらしいですが、戦国無双4の石田三成の扱いは正直酷いです。

  3. 名前:a 投稿日:2015/11/07(土) 23:46:15 ID:6ef03bb1c

    佐和山城内部は、貰った給料達は全部秀吉の為になるように使い切らなければいけないという城主の思考で関ヶ原以前でもショボかったのでは?

    戦国無双4の三成の酷さについては同意です。怜悧()なる知将。

  4. 友達がいない男 名前:友達がいない男 投稿日:2015/11/08(日) 09:17:22 ID:555d5d733

    >aさん
    コメントありがとうございます!

    (貰った給料達は全部秀吉の為になるように使い切らなければいけない
    なっ・・・なんだってー!? 貯蓄禁止ですかw
    自分は歴史については詳しくないので知りませんでした。
    そんなことがあったんですね・・・そりゃあショボくなる訳です。
    戦国時代って調べると色々とおもしろいですよねw

    三成は知将じゃなくて、情けないキャラになっているのが少し残念

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。