スポンサーリンク

ゴーストオブツシマ 感想53話 『愚弄される石川』

今回の思うこと・・・
ツシマ介護職人募集中・・・

 

※注意※
この感想日記は、ゲームのネタバレを含みます。ご注意ください。
筆者は初見プレイなのでネタバレコメントはお控えください。
なにとぞよろしくお願いします。

 

本編感想

前回のあらすじ:名誉なくして堅二なし

巴しか見えておらず暴走気味の石川。
そんな暴走する石川を介護するべく
今日もツシマの誉れ高き介護職員侍である仁は働くのであった。
政子殿といい石川といい、ツシマの老人元気ありすぎ。


石川曰く、かつて石川の弟子であった巴さんは現在
赤島の地のあちこちで村を襲っているそうです。

石川の指導力不足なのは確かですが
蒙古側に寝返り、罪なき村人を襲撃している巴もクソですよね。
襲うなら石川だけにしろよ。

 


「巴は蒙古につく前にあなたを襲った」
「隠さず仔細(しさい)をお話ください」

石川
「あやつは賊の一味に加担したのだ」
「カネのためにな」


「それが何だと仰るのです」

石川
「まあ聞け」
「お主ならばその賊を生かしておくか?」」


「あなたが先に襲ったのですね」

石川
「そこらの賊と同じように処したまでだ」


「弟子だというのに・・・」


どういう事?

かつて巴さんが石川に内緒で、(蒙古ではない)賊のお手伝い。
それに怒った石川が、その賊を処罰したって事なんだろうけど
弟子が悪い奴ら(賊)に加担しているんだがら、処罰して当然なんじゃ?

ずいぶん巴さんの方に同情しているけど
仁だって賊なんかに加担してる奴に対しては怒るべきじゃないんか?
〇村殿「誉れを忘れたのか仁!」

 


「まず長尾博基(ながおひろのり)」
「次は巴・・・」

石川
「お主はわしを裏切るでないぞ」


ワロタ。

何でツシマ老人は、こんな高圧的なんだ。
志村殿も、ゆなさんにわりと高圧的だったし。

 


巴さん指導の元、蒙古兵の弓の稽古として
戯れに殺されるツシマの民。
ヒドエさん。

 


「巴は弟子入りを志す前は、何をしておったのですか?」

石川
「あやつの母は卯麦の商人の娘、父親は知らぬ」
「なぜ聞く?」


「殺しは一日で成らぬもの」
「たとえ弓の才があろうと」

石川
「人殺しの血が流れておるということだ」


その一言で済ませちゃうのかよ・・・・・・
そういうとこだぞ、石川。

 


巴さん指導の蒙古兵による被害者を、次々と発見。

もしかしたら石川の「人殺しの血が流れておる」も
あながち間違っていないのかも知れない。

 

石川
「刃を磨くは人殺し、武士は心を磨かねばな」


石川先生、心、磨けてますか?

 


「巴が抗えば、殺さねばなりません」
「どうかお覚悟を」

石川
「弟子の咎(とが)は、師も負わねばなるまい」
「わしが斬ろう」


巴さんは石川の元弟子なので
一応石川に元弟子を殺す覚悟を確認した仁。
確認しなくても斬り殺しそうだし、確認する必要あったか?
戦闘中ずっと弓しか使わない石川は、本番で刀使えんの?

 

石川
「もう着くぞ」
「中山砦を思い出せ」


「敵陣を調べ、短所を見極め、策を練る」


しかしそんな事はせずに、そのまま突撃!

その後、石川に
「いいか、二度と先走ってはならぬぞ」
っと、怒られました。

冥人に策なぞいらぬわ!

 


この場所に巴の姿はなく、物資の目録だけがありました。
弓と的を各所に送り、(弓の)修練場を増やすらしい。


巴さんが、コトゥン・ハーンへ送ったと思われる文も発見。

『大ハーンに謹んで申し上げます』
『この年の終わりまでに、持てる技すべてを弓兵に教え致します』
『その暁には、石川と境井の首を届けましょう』

巴さん上司(ハーン)に取り入ったり
修練場増やしたり、蒙古側でめっちゃ上手くやってるよね。
世渡り上手的な。

 

石川
「わしの教えは、水泡に帰した」


「ご決断を」
「止める術はただ一つ」

石川
「言われずとも分かっておる」


「ならば証明してくだされ」

石川
「おのれ、わしを愚弄するか!」


いきなりキレだす石川。
そんなに愚弄されてなくない?

ただ、現実世界でもそうだけど
相手が愚弄してなくても
言われた側が愚弄されてると思う時があるからな。

今回石川は、仁から
「巴もう駄目だけどわかってるの? 本当にわかってんのオッサン?」
みたいに言われたと思ってるんでしょうね。

 

石川
「巴は、このわしの宝だが」
「いざとなれば島のため、斬る覚悟はできておる」
「それが師の務め」


散々裏切られてるにも関わらず、巴さんを「宝」扱いしてるんだから
巴さんには相当弓の才能があったんでしょうね。


「先の目録」
「修練場探しの頼りになります」

石川
「裏切り者を成敗するぞ」

 

二人で裏切り者である巴さんを成敗へ。

石川
「境井」
「お主は太刀の腕も、器量も備えておる」
「だが二度とわしを侮るでないぞ」


石川内心めっちゃキレててワロス。
政子殿に続き石川とか、仁の心労がヤバイ。

 

 

今日の仁之道


『ツシマ民家』

 

 

次回:
前回:ゴーストオブツシマ 感想52話 『過ちを犯す』

コメント

  1. 更新乙であります。幼女観察、捗ってますか?タイーホされない程度にドーゾ。
    もし現代日本が「ヒーロー社会」だとしたらトモイナさんの個性って何だろね?
    まあルミリオンみたいに、個性があっても無くても幼女を守って死ねるのだよ。
        個性:超絶倫 どんなに発射してもすぐ復活する。(深夜枠限定能力)

    愉快な老師と仲間たち、始まり始まりィ!仲間が足りないけど気にすんな。
    もうこの辺りになって来ると、老師に対する仁くんの塩対応っぷりが酷い。辛辣。
    これがBBA相手だとまだ礼儀を弁えているけれど、GGIに対しては容赦ないよね。
    まあ、政子様相手に舐めた行動をとれば、即座に首が(物理的に)飛びますからね。
    それが老師相手だと、せいぜい矢を飛ばされるぐらい。二指真空把で無問題ッス。
    ……石川先生、ちょっと上原浩史投手(元巨人・メジャーリーガー)に似てるよね。

    >仁「弟子だというのに・・・」
    明日は我が身だぞ、仁くん。老師は容赦なく厳しい人なのだ。自分には甘いけど。
    老師に一旦「弟子認定」された以上、君に選択権は無いのだ。体育会系の鉄の掟。
    >石川「お主はわしを裏切るでないぞ」
    ピュアピュアな老師である。どんなに釘を刺しても、裏切るやつは裏切るものだ。
    遠距離バカの老師としては、あまり接近戦はしたくない筈。距離感は大事だよね。
    >仁「殺しは一日で成らぬもの」石川「人殺しの血が流れておるということだ」
    つまり「百姓の生まれではあるが天性の武人である」って事なんだよなあ……
    どんなに言葉を飾ってみても武士は「人殺しの暴力装置」なんですよ、本質的に。
    >石川「刃を磨くは人殺し、武士は心を磨かねばな」
    はい。伯父上が拘っている部分も、そこッス。単なる殺人鬼と武士を分つものは?
    ……モラルであり自己規制ですね。武士は為政者でもありますから、建前は大事。
    ……そして、ここが「巴という存在」に関わってくる部分でもあるのだ。たぶんね。
    >仁「敵陣を調べ、短所を見極め、策を練る」
    一応、「こーやったら有利に事が運ぶよ〜」という「策」が用意されてたりする。
    でも物慣れたプレイヤーなら、正面からのゴリ押しでも何とかなる。脳筋万歳!!
    >石川「おのれ、わしを愚弄するか!」
    怒るのも無理はないでしょ。仁くんからは、老師に対する不信感がバリバリだ。
    絶えず嫌味を言われてるんだ、「孺子は黙れ!」ってなるじゃんよ……可哀想に。
    仁くんも半分分かっていながら弄ってる感が。ジジイはオモチャじゃないぞ(苦笑)

    「剣は凶器 剣術は殺人術 どんな綺麗事やお題目を口にしても、それが真実」
                 比古清十郎 (飛天御剣流継承者・白マント)
    これはホント。実際に真剣を握って振ってみれば一目瞭然。剣術は殺人術なのよ。
    弓も同じでさ、スポーツ化された「弓道」はいざ知らず、「弓術」も殺人術なんだ。
    石川老師の過ちは、「一介の農民の娘に弓術を教えてしまった」ことにあるんだ。
    一体老師は、彼女をどーしたかったんだろーね?何になれると思ったんだろーか?
    ・武士ではないものに武芸を教えても、そのまま武士になれる訳では無いんだぞ。
    ・ましてや巴は女。女武芸者が居ない訳じゃ無いけれど、身を立てるのは至難。
    ・折角得たスキルも活かしようがない。ましてや対馬は島嶼で孤立した閉鎖社会。
    ・だから、巴が元寇を好機と見て元サイドでの立身を目指したのも、わかる(苦笑)
    そして、巴が「弓=和弓の指南役として身を立てたい」と考えたのにも道理が。
    ・元軍に限らず多くの騎兵用の弓は小型。逆に日本の和弓は世界最大級の大弓だ。
    ・1356年のポワティエの戦いで、長弓の英国軍は重装騎兵の仏軍を叩きのめした。
    ・現代の実験によると、その英国の長弓よりも和弓の方が、威力に勝るようだ(笑)
    ・和弓は、鎌倉期は七尺五寸(227cm)が標準。現在は七尺三寸が「並寸」扱い。
     (七尺五寸は「二寸伸」で身長170cm前後の人向け。鎌倉武士は意外と大柄です)
    ……実はね、和弓とその遣い手ってのは、元軍はかなり恐れてたのよ。マジで。
    ……当時「国民国家」なんて概念はないんだからさ、巴ちゃんは大目に見てよ(笑)

    ーーーーーーー
    「パスファインダー」
    とんでもないモノに手を出してしまった!難易度が高いと言うかハードすぎて(笑)
    TRPGのノリがそのまんまなので、戦闘が一々ひりつく。最後まで気を抜けない。
    強大な「牡鹿の王」一味を(時間制約に怯えながら)やっと倒せたら、それからが!
    荒廃しきった領土を与えられて、周囲は敵ばかりで、無惨にも王国崩壊だよ(苦笑)
    「バイオミュータント」
    ・モフモフ主人公はオスかメスかわかんない。スカートも穿けるので勝手に判断。
    ・サブクエがお使いだとか、強武器を持てば戦闘が陳腐化とか。FOそのまんまや。
    ・世界を彷徨っているだけで楽しめるけれど、本筋が進まない。ベセスダ系かよ。
    元はとりました。フルチューンした伝説のオートライフルが強力すぎてタマラン。

    • >くろねこさん
      コメントありがとうございます!

      乙ありです!
      幼女見守りと言って頂きたいw
      街の子供達(幼女限定)の安全を守るのは、大人の仕事。
      その個性、パートナーいないと役に立たんやんけ!
      ・・・って思いましたが、AVで活躍出来そう。
      あの世界だと、個性を活かしたAVとかあるんだろうなあ。

      (老師に対する仁くんの塩対応っぷりが酷い
      これまでの石川を見てたら、こうなるのも致し方なし。
      政子殿は事情がありますし、年老いてるとはいえ女性ですからね。

      (老師に一旦「弟子認定」された以上、君に選択権は無いのだ。
      ツシマで師匠にしたくないランキング一位は
      間違いなく石川。

      (「策」が用意されてたりする。
      どんなに「策」があったとしても、強大な力には適わぬものよ。

      (仁くんからは、老師に対する不信感がバリバリだ。
      そりゃ腕試しとかいって、何の説明も無しに
      蒙古と戦わされたりしてるんだから
      いくら仁さんが聖仁とはいえ、不信感持たれるのは仕方なし。

      (剣術は殺人術なのよ。
      殺さずの誓い立ててる本人もそう言ってますからね。

      (石川老師の過ち
      やっぱ才能があったからって、一般人である巴さんに変な事教えた
      石川が悪いってことじゃないですかヤダー!

      (「パスファインダー」
      某無料FPSのキャラしか思い浮かばないw
      くろねこ氏は、高難易度と低難易度
      どっちがお好きかな?

      (「バイオミュータント」
      ポリコレ配慮はケモノにも。
      現にスターフォックスのなんか女性型のキャラにも文句出てたし……
      もう海外兄貴たちには、ドラゴンカーセックスしかないやんけ!
      ケモナーフォールアウトって考えれば、面白いんじゃ?

  2. 仁が巴の方に同情してるの確かにちょっと謎w
    賊に加担してるんだから悪いのは巴の方だと思うんですけどね…。
    (と思ったけど石川先生の今までの言動を見てると、こっちに原因があったとしか思えない気もw)

    「おのれ、わしを愚弄するか!」
    「だが二度とわしを侮るでないぞ」

    ちょいちょいキレてるのホンマ老害で草すぎる
    政子様も頭に血が上りやすいけど、あっちは老害って感じが全くしないのにw

    • >マサキさん
      コメントありがとうございます!

      ここの石川の動きは、さすがに石川の方が正しいと思うのですが
      なぜ賊に加担した巴を仁がかばうのだろうか・・・・・・
      仁が石川のこと、めっちゃ嫌っているのかもw

      (ちょいちょいキレてるのホンマ老害で草すぎる
      政子殿も常時キレてますが、政子殿は事情が事情ですからね。
      それに比べて石川は、若者(仁)がちょっと指摘しただけでキレてるので
      政子殿と違って「老害」な感じがするんですよね。

  3. 更新お疲れ様です。

    「おのれ、わしを愚弄するか!」
    これも汎用性高い名台詞ですね~仁もしつこい位確認してて、石川先生
    キレるの待ったなし(笑)
    ややボケてるんじゃないの・・?みたいなニュアンスでやはりナチュラル
    に煽ってますよねw
    こんな石川先生もいずれの弟子には超甘々。もちろん仁にもね?

    「いいか、二度と先走ってはならぬぞ」
    先生ェ・・それはそのまま安達殿の奥方様におっしゃってくださいよ(苦笑)
    何気に政子殿と石川先生の互いのディスりあいがちょいちょい面白いので
    これから注視してみてください。

    ・・コナンのおかげでPS4のHDDを換装する羽目になりました。
    色々お金払ったのに未だやらせてくれません(何をとはいわない)

    • >ゆうなさん
      コメントありがとうございます!

      乙ありです!
      これまでの石川の言動から、仁はあまり石川の事を信用してないんでしょうねw
      超甘々なのに皆裏切ってくという・・・・・・やはり元の性格に問題がw

      (安達殿の奥方様におっしゃってくださいよ
      あっちは先走りまくってますなあ。
      石川と政子殿が、静と動って感じで、お互い気が合わない気がしますw

      (コナンのおかげでPS4のHDDを換装する羽目になりました
      逆に考えるんだ・・・・・・
      コナンのおかげで新品のHDDに変わったと・・・・・・!

  4. ・遅れましたが、更新お疲れ様です!
    ・ツシマ介護職なんて超絶ブラックどころかブラッド(流血)じゃないすか!やだーーー!

    > ツシマの誉れ高き介護職員=侍
    ・現代のゲーム介護職員は呪いとも戦いますからね。ソースは↓
    https://store.steampowered.com/app/1503670/The_Caregiver/?l=japanese

    >政子殿といい石川といい、ツシマの老人元気ありすぎ。
    ・そして、ツシマ老人介護職員として働いた若者達も知らず知らずのうちにツシマ老人へとなっていく、と……。

    >襲うなら石川だけにしろよ。
    ・境井殿が止めなければ、村人を犠牲にしようとした石川のことを考えると、悪い意味で良い師弟関係だったんやな、って(苦笑)。

    >どういう事?
    ・調べたら、境井殿の「弟子だというのに・・・」発言に対して、石川は「愛弟子だからといって、贔屓はできない」という感じで返してましたので……おそらく誉れ英才教育を受けてきた境井殿的には「弟子が誤った道に進もうとしたら、止めて諭すのが師匠なのに、賊同様情け容赦なく断罪しようとしたのか」って気持ちなんでしょうね。
    ・まぁ石川の考えも間違ってはないと思いますが、殺し損ねて、結果的に境井殿含めて罪のない民まで巻き込まれてる現状からして、ヒドエさんが良い悪いを別にして、石川に嫌味の一つも言いたくなりますわな。

    >志〇殿「誉れを忘れたのか仁!」
    ・少なくとも操ってる友稲殿は誉れを生ゴミの日に出してますな……。

    >何でツシマ老人は、こんな高圧的なんだ。
    ・これがツシマ介護職が中々増えない理由か。

    >ヒドエさん
    ・あだ名が酷くてワロタ!

    >そういうとこだぞ、石川。
    >もしかしたら石川の「人殺しの血が流れておる」もあながち間違っていないのかも知れない。
    石川「ドヤァ」
    ・手のひらクルックルで浮世草。

    >石川先生、心、磨けてますか?
    > 戦闘中ずっと弓しか使わない石川は、本番で刀使えんの?
    石川「おのれ、わしを愚弄するか!」

    >確認しなくても斬り殺しそうだし、確認する必要あったか?
    政子「確認は大事だ(キリッ)」

    >冥人に策なぞいらぬわ!
    志村〇「誉れを忘れたのか仁!」
    ・友稲殿は人殺しの血が流れていることまごうことなし。

    >世渡り上手的な。
    堅二「いやぁ、見習いたいものですなぁ」

    >仁「巴もう駄目だけどわかってるの?本当にわかってんのオッサン?」
    ・実際そういうニュアンスでしょうしね(苦笑)。

    >巴さんには相当弓の才能があったんでしょうね。
    ・実際境井殿より才能があると言い切ってましたしな。それと、しれっと親から商才(世渡り上手)も受け継いでるっぽいから、敵に回ったら余計にタチが悪いと言うね。

    >政子殿に続き石川とか、仁の心労がヤバイ。
    堅二「ゆ…許された!」

    >『ツシマ民家』
    ・本当に洋ゲーとは思えないほどクオリティ高いですな。

    ・失礼しました!次回も期待です!

    • >にわか三級さん
      コメントありがとうございます!

      乙ありです!
      にわか氏はいつも返しがお上手ですなw

      (現代のゲーム介護職員は呪いとも戦いますからね。
      わりと面白そうで草

      (知らず知らずのうちにツシマ老人へとなっていく、と……。
      仁は冥人経験があるので、成長してもツシマ老人にならずに済むかも!

      (悪い意味で良い師弟関係だったんやな、って(苦笑)。
      あー、なるほど!
      石川教育をちゃんと受け継いでいるのかも知れませんねw

      (誉れ英才教育を受けてきた境井殿
      こちらもなるほど!
      誉れ英才教育を受けてきたからこその反応だったんですな。

      これまでの行動見てると仕方ありませんが
      仁は石川に対して、わりと冷たいですよねw

      (これがツシマ介護職が中々増えない理由か。
      ゆなさんとか面接で落とされますからね。

      (石川「おのれ、わしを愚弄するか!」
      盾兵に永遠と弓撃ち続けてるんだから
      そりゃ愚弄されますわw

      (政子「確認は大事だ(キリッ)」
      うあ゛あ゛あ゛ぁぁぁぁあ゛あ゛!!!(突撃

      (堅二「いやぁ、見習いたいものですなぁ」
      堅二は竜三に世渡りを教えた方が良い。

      (実際そういうニュアンスでしょうしね(苦笑)。
      石川「おのれ、わしを愚弄するか!」

      (堅二「ゆ…許された!」
      堅二はまあ仁が好き好んでやってそうw