スポンサーリンク

サブノーティカ 感想7話 『命の価値は300万クレジット』

今回の記事について一言
『恋人の瞳は100万ドル』

 

※注意※
この感想日記は、ゲームのネタバレを含みます。ご注意ください。
筆者は初見プレイなのでネタバレコメントはお控えください。
なにとぞよろしくお願いします。

 

本編感想

前回のあらすじ:サンビーム号が助けに来てくれるかも

救難信号を受信してくれた『サンビーム号』の『アベリー・クイン』船長。
その後、彼から新たなる通信が入った。

アベリー
「オーロラ号、サンビーム号より再度連絡する」
「先ほど周辺で大量の船体破片が広がった領域を発見した」
「状況はこれほど酷いのか・・・一体何人が犠牲に・・・知らなかったんだ・・・」
「現在我々はそちらへ向かっている」
「絶対、家へ帰してやる。サンビーム号、以上」


やだ・・・船長イケメン・・・・・・///

でもこの展開だと、アベリーは主人公助けられるずに死ぬんだろうな。
「絶対、家へ帰してやる」は、死亡率高い台詞だし。
それにここで終わったら、ゲームボリューム的にもアレですしね。
サヨナラ、アベリー船長・・・・・・君の雄姿は忘れない。


そういえばアベリー船長が「一体何人が犠牲に」と言っていましたが
オーロラ号の乗員の何名かが、主人公と同じく脱出ポッドで脱出し
救難信号を出していたようですが、今の所生き残りは主人公しかいない模様。
(主人公の乗っていた脱出ポッドは『5番』)

 


アベリー船長の葬式救助までに、新しい兵器『シーグライド』を試す。

バッテリー駆動の装置で、これを持って泳ぐとプロペラが回転し
それなりに早く移動が可能になる。
(海中だけど)地表も表示してくれるオマケ付き。
すごいぞシーグライド! 早いぞシーグライド!
しかし電力消費量が半端なく、バッテリーの消費がヤバイ。

 


『シーグライド』によって移動速度が改善されたので
以前あまり探索出来なかった島を、再度探索しに行くことに。
(キノコ野郎のいた島)


今後も度々この島に上陸する可能性があるかも知れないので
『キノコン半島』と名付け、ビーコンを設置しておく。
これでいつでもこの場所がマップ表示されるようになった。


島内にあった『屋外用プランター』等をスキャンすると、設計図を入手。
いつか自分の島でも、食糧栽培出来るようになるんだろうな。

島にある拠点を調べ、様々な物をスキャンしていく。
かつてここで生存していた『テガシ号の乗員』の記録も、幾つか発見した。

 

~ テガシ号乗員の軌跡 ~

船が墜落し、この島に流れ着いたテガシ号乗員。
島で自然に育つ分だと食糧が足りなくなると思ったテガシ号の乗員は
自分達で食糧を育てる事に。
(島にあったプランターや食料は、テガシ号の物)

テガシ号の乗員は
船長   :ポール
船長の息子:バート
傭兵   :マルグリット
の三名。

何とか生き伸びてたテガシ号乗員でしたが、嵐で色々と台無しに。
このままではマズイと、海底へと移り住む事になったようだ。


その後、海底で三人は過ごしていたようですが
ポールとマルグリットは、素晴らしい惑星の生態系の一部になってしまい
バートだけがこの島に戻ってきました。
(何が起きたかは不明、病気で二人は死んだ?)

島に戻ってきたバートですが
「病気」にかかっていたバートは、日に日に体調が悪化。


最後の時を、この眺めの良い場所で過ごしたそうだ。

病気・・・・・・主人公も病気にかかっていますが
それと同じだと仮定すると、どうにかして治療しないといけないですな。
悪化すると見た目に出るらしいので、まだ大丈夫なのでしょう。
どちらにしろ、あの近未来施設の謎装置を使うために
病気を治療しないといけないんでしょうけど。
てかこの病気何なんだろう? この惑星特有の病気なのかな?

 


そういえばこの島(キノコン半島)は
巨大な数匹のフローター君によって浮いている浮島です。
フローター君スゴイ!
でも小さい奴は、未だに何の役にも立たない。

 

~ ダ・イ・ヤ・モ・ン・ドだね~ ~

救助が来るまで、色々な場所を探索している最中
『ダイヤモンド』を拾った。


きっと、レアアイテムなんだろうな・・・・・・
なんて思ったけど、結構周りにたくさんあった。
銀鉱石の方が見つからねえ。

まあ、ゲームあるあるの一つな気もしますね。
上位の素材は見つかるけど、逆に下位の素材はないみたいな。
(そのせいで序盤の雑魚倒しにいったりみたいな)

PDA
『集めた素材はアルテラコーポレーションの所有物であることを
忘れないでください』
『あなたは市場価値で返済する義務を負います』
『現在の請求額は、300万クレジットです』

ダイヤモンドという高価な物をゲットしたからか
(おそらく)アルテラ社から支給されたPDAから
クソみたいな警告メッセージが流れました。
命は金で買えない。

 

~ 燃える海上 ~


拠点に戻る最中
拠点近くの海上で何かが燃えているのを発見!
急いで現場に急行する。

 


海上が燃えているだけで、特に何もなかった。
紛らわしすぎる!

恐らくオーロラ号の火災エフェクトが
ゲーム内処理の関係で、海上に残ってしまったのだろう。
洋ゲーにはよくあること。

 

~ カウントダウン ~

アベリー
「オーロラ号、我々は惑星に近づいている」
「着陸地点を見つけた」
「それは・・・他のどこよりも良い」
「着陸地点の座標をそちらに送信した」
「軌道修正には数日かかるが、その間に直接連絡を取る事が出来るはずだ」
「迎えを待っていてくれ」
「天気が悪くならないことを祈ろう」
「余計に待ちたくはないからな、サンビーム号、以上」


もう少しで、サンビーム号が救助しにやってきて来てくれるようだ。

アベリー船長の救助までのカウントダウンも
右上に表示されるようになった。

 

~ 待ち合わせ場所 ~


サンビーム号から送られた座標地点は
あの未来文明っぽい建造物がある島の海岸であった。
後はサンビーム号がやってくるのを待つだけである。

長い間ご愛読ありがとうございました!
次回、この惑星から脱出!(予定)

 

 

次回:
前回:サブノーティカ 感想6話 『オーロラ号へGO』

コメント

  1. ブログ更新ありがとうございます

    シーグライドいいですよね
    個人的には初めて自転車に乗ったあの無敵感に似たものを感じました。

    (尚遠征帰りにバッテリーが切れ 泣く泣く自力で脱出ボートまで泳ぐという)

    『集めた素材はアルテラコーポレーションの所有物であることを
    忘れないでください』
    『あなたは市場価値で返済する義務を負います』
    『現在の請求額は、300万クレジットです』

    初めて年金の請求が来た時みたいな怒りが込み上げましたねこの時…

    ダイアモンドに関しては純粋に早めに来すぎなんですよ!多分!

    • >T.T.さん
      コメントありがとうございます!

      ありありです!
      シーグライドは画期的なアイテムですな。
      泳ぐ速度が速くなる=深く潜り易くなので
      探索範囲が一気に増えました! しかしバッテリー消費がががが・・・・・・

      (初めて年金の請求が来た時
      高卒で働いていなければ大学時に請求されるので
      アレは怒りを覚えますね・・・・・・
      収入もないのに年金払うんかい!

  2. 更新、お疲れ様です!
    大型連休、始まりましたね~。しかし、今年は全然予定がないという…。
    大海原での冒険に癒されています。
    サンビーム号の活躍(悲劇)に期待です!

    • >アルジャーノンさん
      コメントありがとうございます!

      乙ありです!
      大型連休最高!!!
      9連休1日も予定がないけど、それで良いのです!!!
      会社がない。自由。それこそが俺にとっての幸せ。

      サンビーム号が皆を救ってくれる可能性も・・・・・・!

  3. 更新乙であります。♬ 君の瞳は 100万ボルト 地上に降りた最後の天使〜
    昔々の、堀内孝雄さんのヒット曲である。誰かから聞いて覚えた、つもりだった。
    でも本当は「10000ボルト」だった!案外と世間では、間違って歌っていた模様。
    「ドラ◯もん」でも「キミのひとみは100万ボルト」って話があったからね(苦笑)

    アベリー・クイン。アベさんである。「やらないか」「ウホッ!いい男…」
    ……さすがに「青いツナギの男」ではあるまいて。子孫は流石に出来ないか(苦笑)
    ……ちなみにΖの「クワトロには過ぎた部下」でもない。あれは「アポリー」だ!
    顔も出ていないし性格もわからないけれど、職務に忠実そうなところは好感度大。
    トモイナさんも(野郎相手なのに)珍しく、好意を抱いておいでのようですし?(笑)
    まあ、アポリーもファを庇って戦死しちゃったんだよなあ。ということは……?
    「よせえええええええーーーーー!」(庇う)「だあああああああああ!」 合掌。

    >オーロラ号の乗員の何名かが、主人公と同じく脱出ポッドで脱出
    >救難信号を出していたようですが、今の所生き残りは主人公しかいない模様。
    果たしてそーかな?他の乗員は、制作サイドとしては活用したい素材だと思うぞ。
    どこかで主人公と出会わせて協力させてもいいし、いっそ敵対させてもいいよね。
    「オーロラ号の遭難は人為的なものだった」おお、ミステリーじゃんよ!(萌え)
    ……1号から4号、さらには6号以下のメンバーも居るかもしれない。知らんけど。

    >『キノコン半島』と名付け、ビーコンを設置しておく。
    「半島」じゃねーだろ「浮島」だろ。まあ、不粋なツッコミはやめておこう(笑)
    「地上では嵐の影響が大きいから居住には向いてない」ってことなのかしらね〜
    でもトモイナさんはキノコ嫌いだから、どのみちココは向いてないってことだ。
    そーいえば雄英のB組にキノコっ娘がいたけれど……彼女の能力、マジヤバくね?
    「胞子を飛ばす→肺から吸入させる→肺の中で成長させる→窒息確定」わおっ!
    設定的に「トモイナごろし」だよね〜、まあフーゴのパープルヘイズよりマシか。

    >ダ・イ・ヤ・モ・ン・ドだね~ 
    うまく言えないけど宝物だよ。あの時感じた予感は本物。いやー懐かしいねえ(笑)
    オリジナルのプリプリのほうか、デュラララ!!などでの、カバーのほうなのか。
     嘉門達夫「♬ アンモナイトだねー あーあー古代の化石さー」こんなのもある。
    地球ではダイヤモンドは貴重だけれど、それは含有量が少ないから。(0.001%)
    宇宙には「地球よりもダイヤモンドが豊富な惑星」はいくらでも存在するはず。
    実際「ダイヤモンド惑星(推定)」も見つかっているし……大宇宙の浪漫であります。

    >海上が燃えているだけで、特に何もなかった。
    いや、流出した燃料が炎上しているのかもしれないじゃないか!他の救命艇とか。
    確かにバグの可能性が高いけど、何かの伏線の可能性も一応は抑えておきたい(笑)
    >あの未来文明っぽい建造物がある島の海岸であった。
    どーしてそこを選んだし。何かの迎撃装置がキッチリ仕事をする予感がするぞぉ。
    >長い間ご愛読ありがとうございました!次回、この惑星から脱出!(予定)
    HAHAHA!訓練されたトモイナーにはわかるのだ。まだだ!まだ終わらんよ!
    最近は転生してFBI捜査官になってるからね……劇場版では(やたらと)輝くキャラ。

    ーーーーーー
    実はまだコナン君の映画は観ていない。今月末のハサウェイ、公開大丈夫かなあ?
    なーんか映画どころではない世情に……あーつまらん つまらん やってられん。
      ♬ 踊り出せ 踊り出せ 孤独は殺菌 満員御礼 
    Adoさんの新曲が「孤独トモイナ殺し」になっていて、ちょっと笑ったッス。

    • >くろねこさん
      コメントありがとうございます!

      乙ありです!
      単語を知っているだけで、元ネタは知らなかったという。

      地味にアポリーとロベルトって、一年戦争からいたベテランという。
      0083のガトーの部下、カリウス(でしたっけ?)
      ああいう地味なベテランパイロットたち好き。
      スタークジェガンのパイロット大好き。
      性別関係なく、アベリーみたいな(俺にとっての)良い人が好き。

      (どこかで主人公と出会わせて協力させてもいいし、いっそ敵対させてもいいよね。
      映画だとそういう展開が多いですが
      サブノーティカでは、マジで誰も生存者がいませんw
      13号まであるのに、誰もいねえ!

      (「半島」じゃねーだろ「浮島」だろ。まあ、不粋なツッコミはやめておこう(笑)
      「キノコン浮島」だったら、なんか語呂が悪いのでw
      地上が駄目だからと、海中に住むのは謎。
      海中に住むほうが大変なんじゃ・・・・・・
      っと、思います。

      (オリジナルのプリプリのほうか、デュラララ!!などでの、カバーのほうなのか。
      サビだけしか知らないというw
      やたら耳に残るサビ。
      ダイヤモンド惑星に行って、一攫千金狙うっきゃないですな!

      (確かにバグの可能性が高いけど、何かの伏線の可能性も一応は抑えておきたい(笑)
      普通にバグでしたw

      (どーしてそこを選んだし。何かの迎撃装置がキッチリ仕事をする予感がするぞぉ。
      見つかった陸地がここだったのでしょう。
      迎撃装置・・・そんなものあるのだろうか・・・・・・(すっとぼけ

      (訓練されたトモイナーにはわかるのだ。まだだ!まだ終わらんよ!
      いつか訓練されたトモイナーを騙すべく
      本当に完結するゲームがあったら面白いですな!
      なぜか訓練されたトモイナーを騙したいトモイナ。

      (なーんか映画どころではない世情に……あーつまらん つまらん やってられん。
      おうちでゲームマントモイナにとっては
      ノーダメージ! 旅行好きの人とかは可哀そう。

  4. ・遅れましたが、更新お疲れ様です!
    ・その300万クレジットの中に主人公の存在価値が入ってないのが哀しい……。端数切り捨てってか(涙)。

    > アベリー「先ほど『』周辺で大量の船体破片が広がった領域を発見した」
    ・他の船員の生存までは確認されない辺り、ある意味主人公は運が良かったんですな、蓋とキスしたけど……。

    >サヨナラ、アベリー船長・・・・・・君の雄姿は忘れない。
    ・プロゲーマーの勘ってやつですか……まぁ確かに死亡フラグビンビンですわな(苦笑)。

    >アベリー船長の葬式
    > アベリー船長の死
    ・↑こんな奴のせいで命も船も落っことすことになる(予定の)サンビーム号クルーが可哀想過ぎて草しか生えないw
    ・「アベリー船長の死」に、今まで貯めてきたトモイナポイントと上乗せでくろねこ大先生の「魂」も賭けよう!

    >すごいぞシーグライド!早いぞシーグライド!
    ・サラマンダーより、ずっとはやい!!

    >『キノコン半島』
    ・『マタンゴ』って映画思い出します(笑)。

    >いつか自分の島でも、食糧栽培出来るようになるんだろうな。
    ・「第二パスパル島」っすか?

    >嵐で色々と台無しに。
    ・今のところ、嵐は無い辺り、主人公は本当に運が良いですな。

    >(何が起きたかは不明、病気で二人は死んだ?)
    ・『Subnautica Cinematic Trailer』によりますと、どうやら喰われたみたいですな。

    https://m.youtube.com/watch?v=Rz2SNm8VguE

    >てかこの病気何なんだろう?この惑星特有の病気なのかな?
    ・異星人が誤って生み出してしまったってオチは勘弁ですぜ(苦笑)。

    >フローター君スゴイ!
    >でも小さい奴は、未だに何の役にも立たない。
    チビフローター君「マ…マスコット的な癒し要員ですから(震え声)」

    >~ ダ・イ・ヤ・モ・ン・ドだね~ ~
    ・うまく言えないけれど宝物ですな。
    ・個人的には嘉門 達夫氏のお陰で「ア・ン・モ・ナ・イ・トだね〜」の印象強し(笑)。

    >命は金で買えない。
    ・給料支払いは滞るくせに、金の請求だけは早いのマジブラック。

    >洋ゲーにはよくあること。
    メイ「これも科学だよ!」

    >長い間ご愛読ありがとうございました!
    次回、この惑星から脱出!(予定)
    ・NKT……!

    ・失礼しました!最終回(笑)に期待です!!

    • >にわか三級さん
      コメントありがとうございます!

      乙ありです!
      企業にとって、主人公一人いなくなってもダメージないですからね。
      日本でもそんな企業だらけじゃ~

      (他の船員の生存までは確認されない辺り、ある意味主人公は運が良かったんですな
      運が良かったとみるべきか、死んだ方が良かったとみるべきか・・・・・・

      (プロゲーマーの勘ってやつですか……
      たぶんプロゲーマーじゃなくて、みんな察するはずw

      (サンビーム号クルーが可哀想過ぎて草しか生えないw
      船長命令は絶対なのじゃ!
      しかしたった一人の為にやってくるアベリー船長は、マジでいい人。

      (『マタンゴ』って映画思い出します(笑)。
      見た事ないですが、タイトルだけでB級感が・・・・・・
      調べたらB級どころかC級くらいで草

      (「第二パスパル島」っすか?
      懐かしいw
      人狼企画やる前に、皆ソフト売ってそう。

      (今のところ、嵐は無い辺り、主人公は本当に運が良いですな。
      テガシ号の人は不運でしたね・・・・・・

      (『Subnautica Cinematic Trailer』によりますと、どうやら喰われたみたいですな。
      トレイラーいいなあ。
      このまま映画に出来そうな内容。

      (給料支払いは滞るくせに、金の請求だけは早いのマジブラック。
      日本でも支払い請求はしつこく来るクセに
      補償は全然連絡来ないという。

      (メイ「これも科学だよ!」
      ナイントインザウッズは、バグのようなものはないですな。
      まああれは、アドベンチャーですしね。