スポンサーリンク

ラストオブアス2 感想59話 『チンピラトミー』

今回の記事について一言
『セスおじさんでさえ結婚している』

 

※注意※
この感想日記は、ゲームのネタバレを含みます。ご注意ください。
筆者は初見プレイなのでネタバレコメントはお控えください。
なにとぞよろしくお願いします。

 

本編感想

前回のあらすじ:トラウマに苦しむエリー

ジョエルが死んでしまったトラウマに悩まされるエリーであったが
ディーナやJJと一緒に、平穏な日々を過ごすエリー。
そんなエリーの元に、一人の訪問者が。

トミー
「おお、来たか」


エリーと共に、アビーにやられたが命は助かった男トミー。
アビーによってやられた左足や右目に、後遺症が残っている様子。

エリー
「久しぶりだね」

トミー
「ああ、元気か?」
「(JJ)でかくなったなあ」

ディーナ
「でしょ?」
「筋肉の塊なの、ねー?」

エリー
「町はどう?」
「マリアは?」

トミー
「元気だよ」
「少し…距離を置くことにした」

エリー
「そっか」


トミーは、嫁さんであるマリアさんと上手くいってないらしい。
たぶん街に戻った後、言い争いになったんだろうね。

マリアさんは元々、アビーへの復讐反対だったのに
トミーが勝手に復讐に出た結果、自信は脚や片目を負傷し
ジェシーも死んでしまった訳ですからね……
(全部トミーが悪いという訳ではないと思うけど)

 

トミーは、エリーに「見せたいものがある」と言って
一枚の地図を机に広げてきました。

トミー
「ここんとこずっと、探りを入れててな」
「ある話を新入りから聞いた」
「そいつが言うには、ある女とカリフォルニアで
取引したことがあったって」
「その女は図体がでかくて」
「顔に傷跡の持つ子供を、連れてたらしい」


トミーは未だ復讐をあきらめていないようで
今なおアビーの居場所を探り続けており
とうとうアビーの居場所に見当をつけたようだ。

 

ディーナ
「もう終わったことでしょ」

エリー
「悪いけど…」

トミー
「いいか…」
「俺は行けない」

エリー
「……」
「わかってる」


目線が泳ぐエリー。

脚や片目を負傷し、復讐にいけないトミーの気持ちはわかるが
エリー本人は、復讐に乗り気じゃない様子。

あれだけアビーにボコボコにされた上
警告までされてるんだからそりゃあなあ……

アビーは倒せなかったけど
アビーの周りは結構やっつけたんだし
もうこれでいいかってなりますよね。

トミーも「WLFたくさん殺せたし満足」的な事言ってたけど
また復讐の炎を燃え上がらせたのは
アビーに脚や片目に後遺症が残るほどの直接的な被害を受けたことや
マリアさんと距離を取ることになってしまった逆恨み的なこと等
色々な要素を含めての事でしょうね。

 

トミー
「そうかい…」


せっかく復讐相手(アビー)の居場所に検討を付けたのに
復讐に乗り気じゃないエリーに、あきれた感じを出すトミー。

トミー
「ここでのんびり暮らしてりゃあ…」
「ヤツのことなんか忘れちまうか」

ディーナ
「ちょっと」

トミー
「”復讐してやる”」

ディーナ
「トミー」

トミー
「ジャクソンに戻った時、そう言ったよな?」

ディーナ
「トミー!」


エリーを詰(なじ)るトミーおじさん。
結構頼りがいある男みたいな奴だったのに……
これはマリアさんも愛想付かしますわ。

 

トミー
「がっかりだ」

捨て台詞を吐き
ディーナ宅を後にするトミー。

ディーナ
「この子、お願い」

エリ
「うん」
「ほらJJ、おいで」


子供をエリーに託し
トミーを追いかけるディーナ。

ディーナ
「ちょっと!」
「さっきの何?」

トミー
「別に」

ディーナ
「(エリーが)どんな目に遭ったのか…」
「わかってるでしょ」

トミー
「黙れ!」
「あいつは俺に誓った!」

ディーナ
「だったら何だって言うの!?」

トミー
「ああ、そうだろうな」
「お前にとっちゃその程度だ」

ディーナ
「いい、トミー?」

トミー
「なんだ、文句あるなら言ってみろよ」

ディーナ
「もう二度とあのことを
この家に持ち込まないって約束して」
「絶対にね」


チンピラおじさんと化したトミーに苦言を呈すディーナ。
そしてそのやりとりを聞き、険しい表情のエリー。

 

 

~ 深夜徘徊 ~


トミーおじさんが訪問してきた、その日の深夜。
二人を起こさぬよう、一人目覚めるエリー。
再度復讐の旅に出かけるのか。
旅立つ瞬間、実はディーナが起きてて、何か言われるな絶対。


エリーの日記を発見。

ジェシーの両親がやってきたことや
今なおジョエルが死んだ時のトラウマに苛(さいな)まれている
エリーの心情が読み取れる内容。


深夜に一人
ジョエルから貰ったギターを弾くエリー。
アビーへ復讐の旅に出る前の出来事を思い出します。

 

 

~ 元カレ劇場 ~


ジャクソンでのパーティー会場。
皆が楽しそうに踊る中、一人退屈そうにしているエリー。

ジェシー
「何が楽しいんだか」

エリー
「同感だね」

そんなエリーの元にやってきた、今は亡き男ジェシー。


ジェシーは、エリーがパトロール当番の日だと
お前のおやっさん(ジョエル)がマジでうるさいと
冗談気味に言ってきましたが、エリーはあまり興味がない様子。

まさに娘(エリー)を心配する父親(ジョエル)と
もう大人だから、あまり干渉して欲しくない娘って感じ。

 

ジェシー
「あいつ…」
「目立ってんな」


他の男と楽しそうに踊るディーナを見る二人。

エリー
「どうせより戻すんでしょ…」
「2週間ってとこ?」

ジェシー
「ありえないね」


ジェシーはこのパーティーから三日後に死ぬから
本当にありえなかったという……

ジェシー
「あいつ…、何か言ってた?」

エリー
「やっぱ一週間」

未練あってワロス。
生きていたら、ヨリを戻したのかも知れない……
子供も産まれるし。

 

ディーナ
「エリー、いたの」
「遅刻だよ」

エリー
「ちゃんと来たでしょ」

ジェシー
「よお」

ディーナ
「どうも」
「行こ」


ジェシーをいい感じにスルーしつつ
ディーナはエリーを誘い、二人でイチャイチャ。

エリー曰く「元カレ(ジェシー)に見せつける為」とか言ってたけど
本当のところどうだったかは不明。

少なくともエリーのことは本当に好きそうだし
ディーナがエリーを好きなのも、ジェシーに見せつけているのも
どっちも本当のことなのだろう。

 

 

~ セスおじさんは既婚者 ~

セス
「おい!」
「家族で来てんだぞ!」


イチャつく二人の元に
文句を言いながらやってきたセスおじさん。
百合反対派。

ちょっと文句の意味がわからないんだけど
「家族で来てるのに、公衆の面前でキスとかはしたないからやめろ!」
って事か?

ディーナ
「ごめん」
「ごめんって!」

セス
「子供たちだって見てんだ」

ディーナ
「そういう自分は、良いお手本なわけ?」

セス
「勘弁してくれよ」
「口達者なレズとはね」

エリー
「今なんて言った?」

ディーナ
「エリー! エリー、ダメ!」


“口達者なレズ”にキレるエリー。

口達者でキレるとは思えないので”レズ”の部分でキレたのだろう。
レズって悪口なんだろうか? レズだけどレズ言われるのは嫌なのか?
そこんところちょっとよくわからん。

 

ジョエル
「おい!」
「とっとと失せろ」

エリーへの悪口(?)に耐えきれなかったのか
ジョエルがセスおじさんの胸を両手で押して登場。

セス
「俺に触るんじゃねえ」


一触即発のおじさん二人でしたが
間にマリアさん(っと、オマケのトミー)が入り、事なきを得ず。
実質ジャクソンのリーダーって、マリアさんだよね。

 

 

~ レズは悪口 ~

ジョエル
「なあ、平気か?」

エリー
「何考えてんの?」

ジョエル
「あんなひどいことを──」

エリー
「自分だって」
「助けてくれなんて言ってない」

ジョエル
「……」
「そうか」


複雑な感情を持つエリー。
てか”レズ”って悪口だったのか……

 

 

今日のラストオブアスな風景

今回は無し。

 

 

次回:ラストオブアス2 感想60話 『復讐へ』
前回:ラストオブアス2 感想58話 『JJ』

コメント

  1. 更新乙であります。おはようじょ〜!
    「うる星」リメイクも気になるけれど、とりあえず今季は「水星の魔女」かな?
    いきなりウテナ展開の学園ものかと思いきや、きっちり政治ネタっぽくなりそう。
    全体に百合百合しいけれど同性婚約者も合法らしいから(笑)。たぬき主人公可愛い。

    >エリーと共に、アビーにやられたが命は助かった男トミー。
    復活するたびに義体が増えていき、最後は全身サイボーグと化すのであった。
    >トミーは、嫁さんであるマリアさんと上手くいってないらしい。
    帰還兵や傷痍軍人につきものの、家庭トラブルや離別。精神的に不安定だからね。
    洋画の続編での刑事や軍人は、お相手と別れているものである。ディアッカかよ。
    >「その女は図体がでかくて」「顔に傷跡の持つ子供を、連れてたらしい」
    それがアビーとは限らないぞ?アビーは月夜に巨大化する猿だし。野菜星人かよ。
    >トミー「ここでのんびり暮らしてりゃあ…」「ヤツのことなんか忘れちまうか」
    制作「もう少しだけ続くんじゃよ」……綺麗に終わらせてくれねーなー(苦笑)
    >トミー「黙れ!」「あいつは俺に誓った!」
    “ 男には、負けるとわかっていても戦わなければならない時がある。”
    これはハーロックのセリフですが、同じことを福沢諭吉センセも言ってたぞ。
    「勝ち負けではない」のも分かるけれど、「男のロマン」は時には厄介であります。

    >エリーの日記を発見。
    時間の経過を待つか、思い切ってゴリラと再会するか。いずれにしてもツラいです。
    >そんなエリーの元にやってきた、今は亡き男ジェシー。
    こいつ、なかなか消えねーな。靴にへばりついたガムのように素敵な男だ。
    >ディーナはエリーを誘い、二人でイチャイチャ。
    てぇてぇ。某水星だとミオリネ嬢は素直じゃないからなあ……まだ堕ちてない(笑)
    でも素直にくっつけないのが、昨今のガンダムクオリティ。敵対するルートも?
    (海外兄貴からもtanuki呼ばわりされる主人公。タヌキの国際化って何なんだ……)
    >文句を言いながらやってきたセスおじさん。百合反対派。
    田舎の保守的なオッさん(共和党支持)は、LGBTQ自体を胡散臭く思っています。
    >セス「子供たちだって見てんだ」
    「教育上良くない」も、よく用いられるフレーズ。日本でもそーですが(苦笑)
    でもまあ、確かに困惑する部分はあるよなあ。TVでエロシーンが出た時のお茶の間。
    >“口達者なレズ”にキレるエリー。
    ああ、まあ。「ホモ」「レズ」が差別的に用いられてきた面もあるからね……
    これを「不快用語」として捉えるのも分かるけれど、あまり攻撃的だと反発される。
    >実質ジャクソンのリーダーって、マリアさんだよね。
    「表に出ない支配力」ってのはあると思います。オカンは案外と強いのだ。
    >複雑な感情を持つエリー。
    ジョエルも頑張ってたんだなあ。失って初めてわかる愛もある。安らかに眠れ。

    完走までもう少しですね。ターフを走り抜けロリノトモイナ号!ろりぴょい。

    • >くろねこさん
      コメントありがとうございます!

      乙あり幼女です!
      「うる星」リメイクも気になるけれど「らんま」のリメイク希望。
      シャンプーはワシの青春。ガンダムは見れてない!

      (たぬき主人公可愛い。
      最近キツネ娘が多かったので
      たぬき娘イイネ! 抱き心地良さそう。

      (復活するたびに義体が増えていき、最後は全身サイボーグと化すのであった。
      別ゲーになっちゃうw

      (帰還兵や傷痍軍人につきものの、家庭トラブルや離別。精神的に不安定だからね。
      そういうの支えてあげるのが、嫁さんだと思います!

      (制作「もう少しだけ続くんじゃよ」……綺麗に終わらせてくれねーなー(苦笑)
      あれで終わったら、ラスアスって感じじゃないですしね。
      綺麗なハッピーエンドや、明確なバッドエンドは望んじゃいねーのさ!

      (「勝ち負けではない」のも分かるけれど、「男のロマン」は時には厄介であります。
      それでも男は、戦わねばならぬ。
      「勝てる勝てないじゃなくここで俺はお前に立ち向かわなくちゃいけないんだ」

      (靴にへばりついたガムのように素敵な男だ。
      全然褒め言葉になってないw

      (田舎の保守的なオッさん(共和党支持)は、LGBTQ自体を胡散臭く思っています。
      ワイも胡散臭く思ってるので、保守的なオッサンや!

      (「教育上良くない」も、よく用いられるフレーズ。日本でもそーですが(苦笑)
      セッシーンならともかく、キスシーンは微妙な所ですな。

      (ジョエルも頑張ってたんだなあ。失って初めてわかる愛もある。安らかに眠れ。
      今のトミーやエリーを見ると
      ジョエル! 助けて! ってなります。

  2. 更新お疲れ様です

    自分が行けないから代わりに復讐よろしくっておかしいですよね
    しかもエリーが躊躇したら文句を言うとか…

    復讐心のあるトミー本人が、拳銃片手に松葉杖ついてでも行くのが筋だと思います

    • >匿名さん
      コメントありがとうございます!

      乙ありです!
      自分の代わりに復讐っていうのもおかしいですよね。
      それも結構歳が離れ、今は平和に暮らしているてる女性(エリー)に・・・・・・

      頼れるトミーは、どこにいったのか。
      ただ、復讐心に囚われると、こうなってしまうという描写なのかも知れませんね。

      (拳銃片手に松葉杖ついてでも行くのが筋だと思います
      その通りだと思いますが、復讐を成し遂げたいんでしょうね。

      かつてのアビーも、オーウェンの静止振り切ってますし
      今のトミーは、かつてのアビーとも言えなくもないように感じます。

  3. トモイナさんこんにちは!
    FF15の日記を見てからファンになり、それから他のゲームの記事も楽しく拝読しております。
    (FF15プレイ後、他の方々の感想が知りたくて検索していたところトモイナさんブログに出会いました。毎記事面白すぎますww)

    ラスアス2、発売日に購入して一気にクリアしました。懐かしいです^ ^
    エリーがセスにキレた理由、私も「そんなに怒ること言ったかな…?」と思っていたので少し調べてみたのですが、
    英語だと”口達者なレズ”=”big-mouthed dyke”と言っているらしく、dykeというのがレズの方への侮蔑的な意味を持つスラングらしいです。
    日本語だと該当する言葉がないので、エリーが怒る理由が少し分かりにくいのかもしれませんね>_<

    これからも更新楽しみにしています。

    • >タカライノさん
      コメントありがとうございます!

      タカライノさんこんにちは!
      FF15から他の記事も見て頂きありがとうございます!

      自分も他人の感想見るの好きなんですが
      最近はブログという文化も減って来て
      そういう個人の感想が見れなくなって(今のは見れてもまとめサイトの一部分だけ)
      そういうの悲しいと思って始めたので、同じような方がいて嬉しい限りですw

      (英語だと”口達者なレズ”=”big-mouthed dyke”
      あー、英語だと結構侮蔑的ですね。
      エリーがキレたのもわからなくはないですが
      ジョエルもあんなにキレず、まず言い合いくらいにすべきだった気もw
      (だからエリーもジョエルに怒ってたのかもw)

  4. 更新お疲れ様です

    ローソンのテスト商品である「味のしない飴」
    気になりすぎて食べてみたら、なんとも期待通り味がしない。極々微かに甘さが感じる程度で匂いも完全に0
    自分は甘ったるいの苦手なので意外と嫌いじゃないですね
    以前に自販機で見かけた水ゼリー、あれは思った以上に水じゃなくて期待を裏切られましたが
    こちらは完全に期待通り
    でもこれほんとに味ほぼ0だからきっと製品化まではいかないんでしょうね
    雑談失礼しました

    > トミーは未だ復讐をあきらめていない
    おう…これはマリアさんもついていけなくなっちゃうのもわかりますわ…
    復讐は当事者にしかわからない感情だからなあ
    マリアさんともうまくいかなくて復讐にしか拠り所がなくなってしまっての悪循環をみているようだ

    > チンピラおじさんと化したトミーに苦言を呈すディーナ
    ディーナ…まえから強くていい人だったのが母になったことでより強くなった感じありますね

    > 今なおジョ「オ」ルが死んだ時のトラウマに苛(さいな)まれている
    トモイナさんもジョ「エ」ルのトラウマに取りつかれてしまっているようです
    なかなかに辛い内容ですね。時間が解決するとはよく言うけど、こういったことって解決するまではかなりの長さが必要ですもんねえ

    > 生きていたら、ヨリを戻したのかも知れない……
    絶対に戻してたでしょうね…
    そんでエリーもつれてジャクソンに戻っていたか、
    そして、ディーナのことはジェシーにまかせてもっと早くに復讐にエリーが出ていたかもしれないです
    しかし所詮はもしもの世界なんですよね。悲しいかな。

    > 実質ジャクソンのリーダーって、マリアさんだよね。
    その通りですね。トミーいなくてもジョエルいなくても全く問題なかったみたいですし
    マリアさんつおい

    • >ワトソンさん
      コメントありがとうございます!

      乙ありです!
      「味のしない飴」・・・・・・!?
      食べる意味とはいったいw

      (復讐は当事者にしかわからない感情だからなあ
      その通りですよね。
      トミーにとっては肉親ですが、マリアさんにとっては結局他人ですから
      トミーだけが完全に悪いって訳でもないんですよね。

      マリアさんとうまくいかなくなっているので
      尚更”復讐”を成功させないといけないと思ってるんでしょうね・・・・・・

      (母になったことでより強くなった感じありますね
      母は強しって奴ですね!

      > 今なおジョ「オ」ルが死んだ時のトラウマに苛(さいな)まれている

      (トモイナさんもジョ「エ」ルのトラウマに取りつかれてしまっているようです
      動揺して名前を間違ってしまったのでしょうなw 修正!

      こういうのって時間が解決してくれるのか
      復讐を完遂すれば解決するのか、わからないですな・・・・・・

      (そして、ディーナのことはジェシーにまかせてもっと早くに復讐にエリーが出ていたかもしれないです
      どう転んでも、エリーが復讐の道に行きそうなのがなあ。
      ディーナとジェシー、二人係で説得してたらワンチャンあったかも知れませんが
      結局は、もしもの話ですしね。

      (マリアさんつおい
      母(奥さん)は強し!(二回目)