スポンサーリンク

見た映画を語りたいだけ 雑談120

愛すべき読者の皆さんこんばんは
『映画記事は需要がない気がしないでもない』
どうもトモイナです。

 

挨拶

トモイナさんの趣味の一つ、映画。

実はコッソリ見ているのだが
特に需要も無さそうなので記事にしていなかったが
放送中「映画の記事書かないんですか?」的なことを言われたので
記事を書くことにした。

今まで語っていなかった分数が多いので
挨拶は手短に終わらせ、全て手短にご紹介。

 

ここ最近見た映画

★★★★★ : 傑作
★★★★☆ : 面白い
★★★☆☆ : 普通
★★☆☆☆ : 微妙
★☆☆☆☆ : つまらん
☆☆☆☆☆ : ゴミ
(あくまで個人の評価です)

 

 

・ザ・プール ★★★☆☆
タイの映画。
プールから出られなくなってしまった男の話。
プールの中にはワニもいます。全体的に作りは雑。

ただ
プールからの脱出方法は予想がつかない方法だったので
その点は評価したい。そうきたか~。

 

 

・ホテル・ムンバイ ★★☆☆☆
五つ星ホテルで起きたテロ事件。
実話を元にした物語。つまりノンフィクション。好き。

ノンフィクションだから仕方ないが
普通にテロに巻き込まれたという物語なだけ。
同じノンフィクションなら
後に紹介する”ある人質 生還までの398日”の方が過酷。

 

 

・ズーム ★☆☆☆☆
今流行りのズーム会議とホラーの組み合わせ。
ズームで怖いこと起きても、どうでもいいかな。

 

 

・ムーンライト ★★☆☆☆
日本人は肌色が一緒なので
こういう黒人差別系の映画見ても
あまり実感がわかない。

最後の終わり方も、早急じゃない?

 

 

・ライトハウス ★☆☆☆☆
古い映画じゃないけど全編白黒。
2人の灯台守が狂ってく物語。

世界的には評価されてるらしいけど
俺としては全然面白くなかった。

後述する”RAM”もそうだが
ギリシャ神話の神をモチーフとか知るかよ。
意識高い系のわかる人だけわかる作品は
監督のオ〇ニー映画だよ。

 

 


・整形水 ★★★★☆
韓国のアニメ映画。
ブスな女性が整形水というアイテムで美人になる内容。
笑ゥせぇるすまんにありそう。

しかし外見が美人でも
中身はずっとブスなのであった。

舞台が韓国の芸能界だからなのか、中々バイオレンス。
っというか、ちょっと笑えるくらい全体的に過激。
色々と狂気的なのも好き。

それと主人公の両親可哀そうすぎる。

 

 


・OLD ★★★★☆
とある砂浜から出られなくなってしまった上
その砂浜では急速に”老いていく”という現象が発生。
もうその設定、絶対面白いやん!

超常現象オチじゃないのも高評価。
内容も納得のいくもの。

それと性教育って、重要ね。

 

 


・タッカーとデイル ★★★★☆
いかにも危なそうな二人組。

だけど実はめっちゃ良い奴で
馬鹿なリア充共が勘違いして死にまくる。
ざまぁ!

カスDQNが成敗されるのは清々しいが
海外でもやはりカスDQNは嫌われているのだろうか?

 

 

・ブライトバーン ★★★☆☆
宇宙から突然やってきた子供。
そんな子供は、とある両親に愛を持って育てられた。
ある程度成長した子供は、自らの力に目覚める。
そんなスーパーヒーロー物語。

──ではなく、愛を持って両親から育てられたからって
力を持った子供が良い奴とは限らないよね。
っという内容。

アンチヒーロー物語。
どんなに頑張っても届かない愛もある。
俺は知ってる。

 

 

・ある人質 生還までの398日 ★★★☆☆
IS(イスラム国)の人質になってしまったが
奇跡的に生還したデンマーク人写真家の実話映画化。
見てるだけで生きた心地がしない。

 

 

・がっこうぐらし ★★★☆☆
学校で暮らす女の娘たちの物語。

──なのだが、世界はゾンビパニックになっており
実際は学校で暮らさざるを得ない状況での
サバイバルホラーである。

日常系と見せかけてサバイバル物っていうのは良いが
最初のインパクトだけかな。

 

 

・約束のネバーランド ★★★☆☆
出てはいけない孤児院から、孤児たちが脱出を図る物語。
なぜ孤児院から出てはいけないのか? 孤児院の目的は?
っというのが見どころ。ジャンプ漫画だったんだコレ。

食糧人類って似たような漫画もあるね。
どっちが先か知らんけど。

 

 

・鋼の錬金術師 ★☆☆☆☆
一作品でガンガンを支えた説明不要の名作。
本田翼(ウィンリィ)が金髪じゃないのが気になる。
全体的にショッパイ。派手な戦闘シーンも最初だけ。
日本の映画予算じゃ、面白くするの無理ですよ。

この作品を理解して分解して再構築して
消してええええええリライトしてえええええ!
欲しい。

微妙な完成度ながらなんと完結編もある。
案の定大爆死したらしい。そりゃそうだろ。
なぜ続編製作したし。

進撃の巨人とかもそうだけど
実写化し難い映画を実写化するのはやめた方が良い。

 

 


・ウィリーズワンダーランド ★★★★☆
ゲーム”five_nights_at_freddy’s”を連想する雰囲気。
呪いの人形の館に閉じ込められてしまって、バイトするオッサンが主役。

ただこのオッサン、めっちゃ強かったという。
アクションコメディホラー。

 

 

・ゴースト・キラーズ ★★★☆☆
主人公たちはYouTuber集団で、霊的な物と戦ってるけど
大体がヤラセで、全く冴えない感じであった。

しかし、とうとう本物の幽霊と戦うことに。やったね!
主人公側のノリは軽いのに、幽霊側の殺意がガチなのはワロタ。
死人が出てるのに、お前らなんでそんな余裕なんだよw

 

 

・フロッグ ★★★☆☆
とある街で、少年が行方不明になるという事件が発生。
それと同時に、とある家でテレビが勝手に点灯したり
食器がなくなっていたりと、奇妙な出来事も発生。

前半で散りばめられ謎が後半あきらかになっていくのは爽快。
構成は、ひぐらしのなく頃にっぽい。

 

 

・シグナル100 ★☆☆☆☆
教室に生徒たちが閉じ込められた。
やっちゃいけないことが100個あり、それをやると死にます。
っという映画。本当それだけの映画。オチも酷い。

デスゲームであれば全部面白いと思うなよ。

 

 


・変態仮面 ★★★★☆
それは私のおいなりさんだ!
女性物のパンティーを被って戦う男、その名も”変態仮面”
お察しの通りコメディー映画で、タイトルの割にそんなに下品ではない。

元々イケメン俳優の”小栗旬”がやる予定で
本人もやる気満々だったらしいが、事務所から止められた。
それがもう面白い。

代わりに変態仮面を演じることになった”鈴木亮平”だが
実に素晴らしい熱演である。

 

 

・コラライとボタンの魔女 ★★★☆☆
元は児童文学書らしいが、雰囲気は良い。
魔女の世界で、眼球がボタンに変わった優しい両親は、実に不気味。

子供が見たらトラウマだろコレ。

 

 


・コープスブライド ★★★★☆
ロシアの民話を元にしたファンタジー。
ナイトメアー・ビフォア・クリスマスと同じ
ストップモーション・アニメーション映画で
灰色多めな感じで、雰囲気も同じ。

つまりナイトメアー・ビフォア・クリスマスが好きなら
たぶんコープスブライドも好きになる。逆もまた然り。

優柔不断な貴族の男性が、ゾンビ女子との交流によって
男らしくなっていくという展開。

男が男らしく成長していくのも
ゾンビ女子の女らしさも、二人とも素敵~!

 

 

・カウトダウン ★★★☆☆
余命時間を知らせるアプリを入れて、その余命通りに人が死ぬという映画。
自分の余命って知りたいけど、知りたくないよね。

洋画ありがちな、悪魔展開で終わり。

 

 

・フローズンライター ★☆☆☆☆
古びた精肉工場の冷凍庫から出れなくなってしまうという物語。
設定は面白いんだが「全部妄想でした~」ってオチなだけで、もう嫌い。

 

 

・ガンズアキンボ ★★☆☆☆
主人公はネットで誹謗中傷を書き込むのが趣味な陰キャ。
そんな誹謗中傷コメントにブチ切れた危ない奴に住所を特定され
両手に拳銃を釘で固定され、イかれた戦闘狂と戦わされる事になった。

陰キャがこんなに動ける訳ないやろ!

 

 

・ジグソウ ソウ・レガシー ★★★☆☆
グロ拷問で御馴染みソウシリーズ。
長くなり過ぎてよくわからなくなったからか
“ソウ”完結後の10年後を描いた、新生”ソウ”である。
日本でいう”シンソウ”

ソウ御馴染み、捜査物とパニック物は健在。
捜査物って、あまり好きじゃないんだよなあ。
パニック物は好き。

 

 

・ロングショット 評価無し
評価出来るほど内容を覚えていない。
アメリカ大統領になった超エリート女性と
冴えない男の恋愛を描いた作品。

 

 


・ライフ ★★★★★
おめぇ~の席、ねぇからぁ!
ではなく、閉鎖された宇宙空間が舞台の映画。

火星探査機が持ち帰ったサンプルを調査した結果
地球外生命体の細胞であることが発覚。

最初は無害であった地球外生命体。
しかし急速に成長、そして進化していくのであった。

宇宙空間という逃げ場のない場所で
謎の生命体が理解不能な急速に進化していく恐怖を描いた
完成度の高い作品。ラストの展開は必見。

 

 

・ブックスマート ★★★☆☆
非リア充女子二人が、学校最後のパーティーに向けて奮闘する映画。
海外ってパーティーやりまくりだから、非リア充は”死”あるのみだよね。

日本において非リア充男子には人権ないけど
非リア充女子(要:ある程度の容姿)は、めっちゃ人権あると思う。
非リア女子可愛い可愛い!

 

 


・星守る犬 ★★★★☆
タイトルの”星守る犬”は、星を守っている訳ではなく
犬がもの欲しそうに星を見続けている姿から
手に入らないものを求める人のことを指している。
俺も星守る犬だね。ワンワン。

内容としては
林の中に停められたワゴン車から中年男性と犬の遺体が見つかって
その中年男性の人生の軌跡を辿っていくという物語。

ただただ悲しい物語。
孤独死確定の俺にとっては他人事ではない。
最期に残されたワンコの行動には、涙しかない。

 

 

・ザスーラ ★★☆☆☆
ZATHURAというボードゲームで遊ぶ兄弟。
そのボードゲームは、現実とリンクしているのであった。
ジュマンジという映画も似たような感じだった気が。

途中で宇宙飛行士が兄弟の仲間に加わってくれるが
彼がこの作品でかなり重要な人物。
兄弟って大事だね。

ほとんど活躍ないけど、お姉ちゃん可愛い。

 

 

・草原の実験 ★☆☆☆☆
草原で暮らす少女を描いた作品。
最大の特徴が、一切の台詞がないこと。
クワイエットマンかな?

所々に不穏な描写が見られるが
いったいこの草原は何なのか?
みたいな映画。

オチも弱いし別に面白い要素もない。
少女の美しさを描きたかったんか?
そんなんAVで十分。

 

 


・新喜劇王 ★★★★☆
少林サッカーとかの監督の作品。つまりコメディ。
映画女優を夢見るが、全く上手くいかない女性が主人公。

頑張る女性はコミカルな作風や見た目から滑稽で笑えるが
諦めずに努力を続ける姿は、どこか応援したくなる。

 

 

・しあわせのかたち 評価無し
評価出来るほど内容を覚えていない。
ウィル・スミスがなんか息子と頑張る内容。
ウィル・スミス好き。

ビンタ事件、俺は評価するよ。

 

 

・パートナーズ ★★☆☆☆
盲導犬のお話。

盲導犬よりも、盲導犬を通じた人間ドラマだったからか
感動を期待したけど、あまり感動出来ず。
同じ犬なら、自分の境遇も含めて”星守る犬”の方が泣けた。
リア充はこっちの方が感動するのかも。

 

 

・バイオハザード:ウェルカム・トゥ・ラクーンシティ ★★★☆☆
数あるバイオのCGの映画。
バイオのCG映画は、わりと良作揃い。
超能力バトルと化した実写バイオ映画よりも安定。

今作とは関係ないけど
バイオハザードダムネーションでは
あのリッカーと共闘したのは、中々胸熱。

 

 


・ヘレディタリー 継承 ★★★★☆
とある悪魔憑依的な映画。雰囲気重視。
ピアノ線で自らの首切断シーンは、痛そうで見てられない。
ラストは不気味ながら、どこか神々しさを感じれて好き。
こういうカルト集団が実際にいるの怖すぎ。

 

 

・ククルス・ドアンの島 ★★★☆☆
まさかのククルス・ドアンが主演の映画。
初代ガンダムの世界線の映画って時点でもう評価。
おじさんガノタにとって、初代~逆シャアはやはり別格よ。
アムロよりドアンの方が強く見える。

 

 


・メイドインアビス 深き魂の黎明 ★★★★☆
アニメ、メイドインアビスの映画版で一期の続編。
謎の大穴”アビス”を探索する、作者の性癖全開な漫画。

可愛い絵柄に反して、中々に過酷なサバイバルが繰り広げられる。
そんな漫画のかなりの問題児”ボンドルド卿”との戦いを描く。
頭イカれたボンドルド卿の行動は、原作を忠実に再現。
プルシュカは可愛いですね。トモイナ棒を見せたいですね。

 

 


・不安の種 ★★★★☆
短編ホラー漫画が原作。
よくわからない怪異がなんかいる。
みたいな漫画で、物語性はあまりない一話完結型。

そんなもんどうやって映画化するんだよと思ったけど
わりと良い感じに繋げつつ、原作の底知れぬ不気味さを
中々忠実に再現していて関心した。

 

 

・スペル(2020) ★★☆☆☆
飛行機が墜落。なんか怪しい村に監禁されました。
呪術師のババアが支配している宗教染みた村。

皆に見て欲しいレベルの映画じゃないからネタバレだけど
ラストの展開は、主人公が呪術人形を作って立場逆転する。
そんな簡単に呪術人形作れるんかい!!

 

 


・シンウルトラマン ★★★★☆
最近流行りの”シン”シリーズ。

衝突事故で地球人殺しちゃったウルトラマンが
申し訳ないからその地球人と融合して命を助ける。
色々な宇宙人が地球にやってくるので
そんなウルトラマンがそれと戦うといった内容。

丁寧な説明があるので
ウルトラマンを全く知らない人でも楽しめる。

ウルトラマンって聞いた事はあるけど
一度も見た事無いって大人の男女共にオススメ。

『酒池肉林』
私の好きな言葉です。

 

 


・RUN ★★★★☆
病弱な娘と、それを献身的に支える母親の話。
しかし娘は、自分の母親が自分に”毒”を与えてることに気づく。
そう、病弱の原因は母親にあったのだ! 親が敵って嫌よね。
こういう病気、実際あるらしいね。

ラストのオチにはニヤリ。

 

 


・この子は邪悪 ★★★★☆
仮面をかぶった幼女のインパクトが良し。
事故によって、母は植物状態、妹は大火傷、父は足に障害。
無事だった女子高生も心に深い傷を負う。

母が植物状態から復活してきたが、どこか違和感を感じる女子高生。
妹は事故によって死んでることも判明。いったい、彼女たちは誰なのか?
そういった真相を追うという内容。
“一ノ瀬家の大罪”っぽい。

最期の最期で、タイトルを回収するのは良い。

 

 

・RAM ★☆☆☆☆
とあるヤギから、顔がヤギだけど身体は人間の子供が産まれたよ!

そんなヤギ子供を育ててたら
そのヤギ子供と同じ、ヤギの顔で人間の身体をした大人が
銃持ってその子供を回収しに来たよ!

~ 完 ~

どういうこっちゃ。

考察調べたら
“悪魔”だとか”ギリシャ神話”だとか”キリスト教”だとか
わかる人にはわかるんだろうけど、そんなん知るか。

 

 

・スケア・キャンペーン ★★★☆☆
“スケア・キャンペーン”というドッキリ番組があったが
過激なネット動画”マスクフリークス”のせいで打ち切りの危機。
番組の継続の為、過激な撮影を試みるのであった。

ちなみに”マスクフリークス”は
ガチで人を殺しているマジ〇チ集団。
ドッキリ番組に乱入してきます。

ある程度展開は予想出来たけど
まあそれなりに面白い作品ではある。

 

 

・大怪獣のあとしまつ ★☆☆☆☆
大怪獣を倒した後の”あとしまつ”は、どうするのか?

っという、中々画期的なアイディアまでは良かったが
内容は低俗ギャグが続き、常時低空飛行みたいな映画。
最期のオチも雑すぎ。

大怪獣のあとしまつの”あとしまつ”が必要。

 

 


・チャイルドプレイ ★★★★★
親友だと思ってた人形が、殺しにやってくる。

原作のリメイク版。
有名どころだが、実は見た事なかった。
現代風にリメイクされており、殺人人形は電化製品の遠隔操作も可能。
タチが悪いったらありゃしない。

誰が見ても分かり易く、ホラー作品で重要な
ハラハラ感が手軽に楽しめる完成度の高い作品。

ちょっとだけグロいシーンがあるけど
それさえ問題なければ、結構な人が楽しめるはず。

 

 


・100日間生きたワニ ★★★★☆
炎上で御馴染みの例のワニ漫画の映画。
映画では、ワニ君の死後も描写。

何気ないワニ君の存在はとても大きく
何気ない日常の大切さを教えてくれる一作。
ワニ君の死後に出て来たウザ蛙も、最初はウザすぎて仕方なかったが
最終的には、わりと良いキャラだと思う。

いきものがかりのEDも文句なく良い。

そんなに酷い内容ではないのに
メディアミックス化したタイミングのせいで世間から叩かれまくるという
わりと珍しいタイプの炎上映画。マーケティングの重要性を学べる。

 

 

・ミュウツーの逆襲 ★★★☆☆
ポケモン初の映画。
トモイナさんが人生で始めて映画館で見た映画である。

一作目だからなのか
大人が見てもある程度楽しめる内容だが
やはり子供の時に見た感動を超えられる物ではない。
それでも十分面白いけどね。

子供の頃は気づかなかったけど
アムロ・レイの声優さんが登場してたんだな。

 

 

・ミュウツーの逆襲 EVOLUTION ★★★☆☆
上記の3Dリメイク。
3Dって批判されがちだけど、最近は技術も上がって違和感がない。
マリーローズとか、むしろ3Dで産まれる素晴らしいキャラも存在。

任天堂もわかってるのか、よくありがちな余計なことをせず
3Dじゃない原作を、3Dで丁寧かつ忠実に再現している。

 

 

・スカイライン ★★☆☆☆
謎の宇宙船が襲来。
地球上の人々は宇宙船に取り込まれてしまう。
負けてたまるか! 頑張ってエイリアン倒すぜ!
っという、どこかB級感漂う映画。EDにNG集流すし。

敵が脳みそだけを抜き取ってくる攻撃仕掛けてくるのは新鮮。

 

 

・ROOM ★★☆☆☆
とある部屋で暮らす母親と息子。

しかし二人はそこで暮らしている訳ではなく
実は監禁されているのであった。

監禁時と解放後で母子の成長を描いてるんだろうけど
そういうの求めてなかった。子供がいる人が見れば面白いのかも?

 

 

・ANIARA アニアーラ ★★☆☆☆
数千人の乗客を乗せた、地球から火星へ3週間で移動出来る”アニアーラ号”
しかし船のトラブルによって、宇宙船に閉じ込められる事になってしまった。

乗客にとっちゃ暴動もんな気もするが
乗客はわりと協力的で、これといったトラブルもなし。
(精神が狂ったり、カルト集団が出来たりはする)

閉じ込められた宇宙船を舞台に、人間がゆっくりと死んでいく。
そんな物語。なんかあるとかはない。

 

 


・PLAN75 ★★★★☆
75歳から自ら”死”を選べるようになった日本が舞台。
現状の日本まんまでリアリティが半端ない。
内容が重すぎるし、暗すぎる。

作中の人物は、若者も老人も良い奴揃い。
なのに映画は、最初から最後まで一貫して陰鬱。
高齢化社会に歯止めが効かない未来の日本。
いや”未来の日本”ではなく、これが”今の日本”である。

日本は派手なアクションとか金掛かる映画より
こういう映画の方が得意な気がする。

 

 


・神は見返りを求める ★★★★★
とある若い女性底辺youberと出会い
善意で協力する中年オッサンの物語。

中年オッサンは女性から”神”として親しまれ
相変わらず人気は出ないが、二人仲良く動画を撮影していた。

ところが、たまたま人気youtuberとコラボしたことがきっかけで
彼女は段々と人気が出てきて──

この映画の内容が、トモイナさんの人生その物で心臓が痛い。
映画の完成度としては★★★★☆くらいだが
トモイナさんを”鬱”状態にした問題作として★★★★★とし
特別pick up予定。

この作品、一生観たくない。

 

 

次回:映画 神は見返りを求めるは、恋愛失敗中年おじさんにとっての超鬱映画 前編 雑談121
前回:2022年トモイナ大忘年会 雑談119

コメント

  1. 更新乙であります。おはようじょ〜!
    ちょっと溜め込んだモノが多過ぎではないかい?!ドバドバ出過ぎィ〜
    さすがに4〜5発程度で抑えて頂けますとカラダも楽なんですけどね(苦笑)

    あーしも映画は好きですけど、さすがにここまでは観ませんよ。全54作品!?
    ホラー系は好みじゃないし漫画の実写系も観ないので……知らん作品が多いゾ。
    ろくにコメントしようがないので、適(切に)当(たる)コメでお茶を濁すよ(笑)

    >ザ・プール
    動物パニック系映画はC級の定番ですが食傷気味。本来は駆除して終わりだろ。
    でも『ジョーズ』以来、ヤツらは「何をやっても死なねえ異形の怪物」なのだ。
    未見だけどワニだったら、オーストラリアのオッさんを呼べば一撃な気もする。
    >ホテル・ムンバイ
    これは観た。サスペンスと言えなくもないけど、厨二心をくすぐる部分もある。
    「テロリストとの遭遇」は暴走車老人と同様に、日々シミュレートすべき問題。
    とりあえず、テロリストってクソだわ!奴らは問答無用で滅せよ。慈悲はない。
    >ムーンライト
    見ようかと思ったけど、意識高すぎて反吐を吐く予感がしたので見てません。
    「ナントカ賞がどーのこーの」と言い出す作品は、大抵が退屈至極。(偏見)
    >ライトハウス
    観た。19世紀末の雰囲気なので、モノクロは正解。音響がなんとも不気味。
    TRPG『クトゥルフの呼び声』好きの人なら納得いただける雰囲気かもね……
    まあ、この手のネタは大好物ッス。神話や宗教のネタはツッコミ心が疼きます。
    >タッカーとデイル
    観てなかったけど、くだらな面白そう。この二人がジェイソン無双でもするの?
    「勘違い系」って事は、DQN軍団がひたすら勝手に自滅するのでしょうかね(笑)
    >ブライトバーン
    ヒロアカのヴィラン寄り視点みたいな感じかな?誰も悪くないのに救われない。
    まあね、アメコミ的「ヒーロー社会」なんてさ、最初から無理があるよね(苦笑)

    >がっこうぐらし
    オリジナルは漫画。アニメにもなってる。それで全部、話の展開が違ってたり。
    映画版は未見で知らんけど……二次創作も結構あるんで、お好みでどーぞ。
    >約束のネバーランド
    うん、ジャンプ漫画だぞ。世界観としてはカズオ・イシグロ風で好きだったよ。
    映画版は(勿論)未見ですがトモイナ評価はそこそこなので、まあ成功なんだろ。
    >HK 変態仮面
    時々ネタに使ってるぐらいには好き。これも原作は(昔の)ジャンプ漫画だったり。
    原作が90年代なので、今だったらクレームが来て連載アウトになるのかも……
    (SMに対する偏見ガー、女性に対するシャベツダー、とかさ?やれやれだぜ。)
    ちなみに。原作での色丞狂介クンは愛子ちゃんではなく、中国娘と結婚してます。
    映画は「2」もありましたが正直「1 」には及んでません。元々が出オチだし?
    >コープスブライド
    好きッス。以上。書きたいこと書かれてるから、もう蛇足はいらねーだろ。

    まだあんの〜……でもまあ、これから知らん映画が続いてるから楽やわ。

    >星守る犬
    トモイナ鬱要因の「その2」がコレですかぁ……そーいう時には『火垂るの墓』よ。
    >新喜劇王
    この監督サンの作品は考えたら負けッス。いい意味での「中華感」を出せる監督。
    例のDB映画は彼が途中から外れてしまったので……好きにやらせてみたかった!
    >ククルスドアンの島
    原典の問題回をリカバリーした作品。つーか、高機動陸ザクを魅せる映画ッス(笑)
    MGで自作してみたんですが、結局は別物のオリジナルになっちまった。残念。
    >メイドインアビス
    今さら言うまでもないけど好きッス。ゲームは雰囲気ゲーだけど(案外)面白かった。
    トモイナさんのようなろりこんは嬉しいだろうけど、むしろショタのほうが(笑)
    >シンウルトラマン
    観ちゃったよクソぉ!まんまと制作サイドの罠にハマっちまった年寄りだよ!
     (さすがに昭和シリーズは、リアルタイム視聴じゃないんだけどさぁ……)
    古典的怪獣モノは結局プロレスなんだけど、それを頑張って現代化した感はある。

    >RAM
    山羊頭というと悪魔バフォメット。隠秘学では定番のキャラですにゃあ……
    黒山羊頭が有名になったのはエリファス=レヴィのせい(19世紀の詩人・隠秘学者)
    まあ大抵のことはコイツか、某クロウリーが悪いと思っておけばいいのである。
    >大怪獣のあとしまつ
    小説版だけ読む。『シンゴジラ』や『怪獣8号』と似た印象だけど、まあいいや。
    日本の何がそこまで怪獣を惹きつけるのかは1950年代からの、長く深い謎である。
    >チャイルドプレイ
    今さらなのでコメント略。タイトルだけ見ると如何にもトモイナさん的ではある。

    >PLAN75
    『楢山節考』(1983年版)あたりも、どーですか?姥捨伝説がテーマですけど。
    >神は見返りを求める
    うわぁ。これが「トモイナ鬱映画」なんだ……去年だよね確か。今は早いねー。
    ムロツヨシさんはこーいう役が妙に似合う。ちなみに彼の記念日は6月24日ッス。
    あーしのような擦れっからしから見れば「別にそんなもんだろ」で終わりますが。
    詳しい話はまた別の機会、なんでせうか?コメントしづらいので困りますにゃ。

    お、終わった……所用に間に合いそうで一安心だお。あ・びやんと〜

    • >くろねこさん
      コメントありがとうございます!

      乙ありです!
      アマプラで無料で映画見られるのが、一番大きいですわ。
      くろねこ氏ホラー系は好みじゃないのはちょっと意外!
      どんなジャンルの映画が好きなんだろうか・・・・・・

      (ホテル・ムンバイ
      (これは観た。
      まさかのムンバイ視聴!
      当事者同士がテロで殺し合うのは勝手ですが
      一般人に迷惑かけないで欲しいですよね。

      (ムーンライト 
      (「ナントカ賞がどーのこーの」と言い出す作品は、大抵が退屈至極。(偏見)
      大体どんな作品もナントカ賞言ってる印象あるんですがw

      (ライトハウス
      (観た。
      ライトハウスも視聴済みだと!?
      くろねこ氏は理解可能かもですが、ワイには1mmもわからんかったw
      なんか人魚像でシコってた印象しかない。

      (タッカーとデイル
      (観てなかったけど、くだらな面白そう。
      オススメですぞ~。
      この二人は特に何かする訳じゃないんですが
      馬鹿な若者が馬鹿して勝手に死にますw

      (約束のネバーランド
      (トモイナ評価はそこそこなので、まあ成功なんだろ。
      超絶バトル物でもないので、まあ失敗ではないと思う。
      でも原作は見たことないw

      (HK 変態仮面
      (今だったらクレームが来て連載アウトになるのかも……
      時代が進んだのに、創作の幅は後退してくのクソですなあ。
      何気に続編は知らんかったw

      (コープスブライド
      (好きッス。以上。書きたいこと書かれてるから、もう蛇足はいらねーだろ。
      こういう雰囲気の映画好き!

      (まだあんの〜……でもまあ、これから知らん映画が続いてるから楽やわ。
      無理してコメントせんでもw

      (星守る犬
      (トモイナ鬱要因の「その2」がコレですかぁ……そーいう時には『火垂るの墓』よ
      いや、これは鬱ではなかった!
      悲劇的で最後涙は出ましたがw

      (ククルスドアンの島
      (つーか、高機動陸ザクを魅せる映画ッス(笑)
      ザクが動いてるだけで良い映画や!

      (メイドインアビス
      (トモイナさんのようなろりこんは嬉しいだろうけど、むしろショタのほうが(笑)
      正直リコちゃんは全然エロスを感じない。
      どちらかというショタアニメだと思うw

      (シンウルトラマン
      (観ちゃったよクソぉ!まんまと制作サイドの罠にハマっちまった年寄りだよ!
      なんで悔しがってるんですかw
      現代風によく作られてると思う!

      (大怪獣のあとしまつ
      (日本の何がそこまで怪獣を惹きつけるのかは1950年代からの、長く深い謎である。
      海外でもキングコングとかいますし
      そういう感じだと思う!

      (チャイルドプレイ
      (タイトルだけ見ると如何にもトモイナさん的ではある。
      どういう意味やねんw
      チャイルドプレイするのは嫌いやぞ!

      (神は見返りを求める
      (うわぁ。これが「トモイナ鬱映画」なんだ……去年だよね確か。今は早いねー。
      いつ公開されたかは不明ですが、思いのほかトモイナさんの心に来ましたね。
      たぶん常日頃思ってることや、自分と同じような行動が多かった事も原因!

  2. あまりにレビューが多かったから久々にコメント…(いつもブログは読んでるよ!)
    いつそんなに映画観てるんだ!?と思ってしまうくらいのレビュー数…
    私もこれは好きだよ!って作品がいくつかありました~

    コープスブライド
    これはレビューにも書かれている通り!私も好き、監督のティム・バートンの作品が好きなので…

    チャイルドプレイ
    子供の時に観た原作のリメイク!いつの間に出たんだ!?と思ってしまった(今度観ます)
    チャイルドプレイ1.2はいいけどそれ以降はう~んな出来だった記憶…4は確かもうエログロ系になってたかも?

    長くなってしまいそうなので…いろいろ割愛して、映画のレビューたまにあると知らない作品に興味が沸くので嬉しいかもです~

    • >よしこさん。 さん
      コメントありがとうございます!

      久々にコメントありがと!
      たまにコメント貰えると、とっても嬉しいぞおおおお~!

      あまり話題にしないだけで
      ゲームだけじゃなくて、音楽(カラオケ)と映画も結構好き!
      特にアマプラで映画見放題になったのが大きいです!

      (コープスブライド
      ティム・バートンの作品良いですよね!
      ベタですが、チャーリーとチョコレート工場とかも好きw
      世界観が素敵。

      (チャイルドプレイ
      原作は見た事なかったので、リメイクを見ましたが中々良い感じでした!

      チャイルドプレイシリーズは映画視聴後調べましたが
      段々と”ギャグ?”みたいになってしまったようですね・・・・・・
      今作は1のリメイクなのでちゃんとパニックホラーやってますw

      (映画のレビューたまにあると知らない作品に興味が沸くので嬉しいかもです~
      定期的にやってますので、前の記事とかもよろしければぜひに!
      映画タグで飛べば、映画の記事だけが出ますw

  3. 更新おつハゲさまです。

    ずいぶん久しぶりのコメントになって申し訳ないす。
    一度コメントをサボるとサボり癖がついちゃうから困ったもんですw

    いっぱい映画見てますね〜。
    この中だと、変態仮面とドアンとウルトラマンしか見たことないです。
    変態仮面は漫画の実写化の割に面白いですよね。
    でも、どうしてこの作品を実写化しようと思ったんだろうw

    自分はホラーとか感動ものとか陰鬱な映画は見ないんですよね。
    見るのは頭空っぽで見れる作品ばっかですw
    でも、今回紹介してくれた映画の中だとOLDは興味あるので見てみます。
    あと、マッドマックス怒りのデスロードをおすすめしておきますわw

    • >ふっとぶふとんさん

      乙ハゲありです!
      久しぶりのコメント嬉しい!
      ただ、コメントは義務でもなんでもないので
      したい時にして頂ければおk!

      (いっぱい映画見てますね〜。
      友達も恋人もいない残業のない独身中年男は、時間だけあるのでw

      (この中だと、変態仮面とドアンとウルトラマンしか見たことないです。
      なぜ変態仮面は見ようと思ったんですかw

      変態仮面の実写化よりも
      進撃の巨人をよく実写映画化しようと思ったなあって思いましたね。

      (見るのは頭空っぽで見れる作品ばっかですw
      自分も映画に限らず、アニメとか頭カラッポにして気軽に見れる映画見たい時は多々あります!
      映画もジックリ考えてみないといけないタイプは疲れますからねw

      (今回紹介してくれた映画の中だとOLDは興味あるので見てみます。
      OLDは設定が面白いです!

      (あと、マッドマックス怒りのデスロードをおすすめしておきますわw
      マッドマックスシリーズみたことないんですが
      北斗の拳だと勝手に思ってますw

  4. いつもこっそり読んでます
    映画レビュー需要ありますよー
    面白かったです
    不意打ちの”小林サッカー”に電車で吹きました

    • >ナナシさん
      コメントありがとうございます!

      いつもこっそり読んでくれてありがとうございます!
      こっそりじゃなくても良いのよ!

      (小林サッカー
      本当ですねw どういうサッカーなんだろうか……
      修正!!!

  5.  おはよういちよう私はカズハ!

     OLDと変態仮面観たい〜(笑)後、神は見返りを求める…

     イヤイヤ、それ以外にも面白そうなものがいっぱい手軽に知れていっつもお得(笑)

     沢山観たいけど、お休みって週一回じゃあ足りないよね〜(笑)この間2連休あって、掃除買い出しその他諸々見直していたらあっという間に2日過ぎましたよ(笑)
     1週間位、映画、ゲーム、漫画三昧で引き籠もりたい〜(笑)

     なんでこんなに簡潔に面白い文章書けるんだろう…?わかり易くて要領押さえて見事過ぎる!

     今は以前みたいに長くは時間取れませんが、また配信に伺います!

     面白映画の記事ありがとうございました!
    お疲れ様でした(_ _)

    • >一葉さん
      コメントありがとうございます!

      おはよう一葉ございます!
      久しぶりに聞けた一葉さんのフレーズw

      (OLDと変態仮面観たい〜(笑)後、神は見返りを求める…
      どれもそれなりにオススメで、アマプラなら無料で見れます!

      (掃除買い出しその他諸々見直していたらあっという間に2日過ぎましたよ(笑)
      やるべきことやってちょっとゴロゴロするだけで
      する休日って過ぎちゃいますよね……

      (1週間位、映画、ゲーム、漫画三昧で引き籠もりたい〜(笑)
      わかる~!
      ワシも1年間くらいずっと家出たくないw

      (なんでこんなに簡潔に面白い文章書けるんだろう…?わかり易くて要領押さえて見事過ぎる!
      めっちゃ褒めてくれる!
      ありがとうございますw

      (今は以前みたいに長くは時間取れませんが、また配信に伺います!
      いつでも一葉さんの帰りをお待ちしておりますぞ~!

  6. ウィリーズワンダーランドは私も大好きなので高評価で嬉しいです
    ニコラスケイジが出てきて殺す!
    を最後までやりきってるのが楽しいし、イキってる怪異が暴の化身に叩きのめされるのが最高にスカッとしますね
    一緒に見て気に入った友達とゲーセンに行き、そこにあったピンボールをニコラスケイジのように大はしゃぎでやったのもいい思い出です

    • >匿名さん
      コメントありがとうございます!

      ウィリーズワンダーランドは中々爽快コメディで面白いですよねw
      ホラー人形たち手も足も出ずw
      ちゃんと仕事してるのもポイント!

      (そこにあったピンボールをニコラスケイジのように大はしゃぎでやったのもいい思い出
      ワロスw
      男にしろ女にしろカワイイですなw

  7. 更新お疲れ様です。

    めちゃくちゃ映画観てるんですね!気になるのだけピックアップすると

    「OLD」
    導入から既に面白そう!設定が良いですね。観たくなる内容。

    「約束のネバーランド」
    漫画原作ですがやはり実写にして評価が割れてますよね。
    渡辺直美は思ったより良い演技してると思います。

    「鋼の錬金術師」
    エドがジャニだった為、最初の宣伝ポスターがおかしかったアレですね。
    主要キャストじゃない他のキャストは割と寄せてるかなと。

    「変態仮面」
    これプライムにあるんだ!鈴木亮平の美尻を眺めたいと思います(笑)
    漫画原作でも突き抜けて役になりきってる点もポイント高し。

    「ライフ」
    そこはかとなくエイリアンっぽい。
    ちなみにトモイナさんの記事「エイリアン・アイソレーション」は
    何度見ても面白い(宣伝)評価は低いけども。

    「100日間生きたワニ」
    天下のD通さんがゴリ押したと聞いて食わず嫌いかも。

    「神は見返りを求める」
    レビュー見たらポップなポスター絵と内容が違うとか弱ってる時に
    見てはいけないと書いてありましたけど、何故観ようと思ったのか・・。
    感情移入するという事は監督さんの見せ方が良いんでしょうね。
    ムロ(田母神)さんのイメージをがらりと変えたいなら同じアマプラの
    「新解釈・三國志」お勧めしまーす。

    • >ゆうなさん
      コメントありがとうございます!

      乙ありです!
      友達も恋人もいない独身男は、時間だけはあるのだ!

      (「OLD」
      設定だけで見たくなりますよね!
      まあまあ当たりでしたよ!

      (「約束のネバーランド」
      こういうのって原作知ってるかどうかでもまた変わるので難しいですよね。
      自分は知らずに見ました!

      (「鋼の錬金術師」
      宣伝ポスターはわかりませんが
      ホムンクルスのキャストチョイスは良かったですw

      (「変態仮面」
      鈴木亮平さん良い尻してましたよw
      ちなみに漫画原作は見たことないです!

      (「ライフ」
      まあ実際エイリアンみたいなもんですw

      「エイリアン・アイソレーション」をプレイした時は
      エイリアン見たことなかったですし、高難易度だしなあアレ。

      (「100日間生きたワニ」
      炎上する程悪くは無かったです。
      原作に忠実に再現されてますし。

      (「神は見返りを求める」
      映画見る前にレビューとか見ないので
      明るい感じの内容かと思ったのです!

  8. 更新お疲れ様です

    映画「ライフ」は、デッドプールでおなじみのライアン・レイノルズ(向かって左の男性)が出演していたので観ました。
    いい感じに生き残るかと思いきや…(笑)
    日本人俳優さんも出演しましたね(名前忘れた)
    ラストは、開けるな開けるなと声に出してしまいました。

    っていうか変態仮面が実写化してたの知りませんでした。

    私はトモイナさんの映画記事を密かに待っていました。トモイナさんが観たから私も観た っていう作品が多々あります。

    • >匿名さん
      コメントありがとうございます!

      乙ありです!
      有名どころですが、実はデッドプール見たことないんですよね!
      ヒーロー物(?)はあまり触手が伸びない……
      アベンジャースとか。

      (ラストは、開けるな開けるなと声に出してしまいました。
      ちゃんとラスト前のモニター見ると、軌道ズレてるのが芸コマで好き!

      (っていうか変態仮面が実写化してたの知りませんでした。
      原作知らなくても良い意味で馬鹿々々しい映画なので
      そういうの問題なければ面白いですよ!

      (トモイナさんが観たから私も観た っていう作品が多々あります。
      ゲームに限らずそういうの聞けてありがたいですわ~
      嬉しい~^^