スポンサーリンク

最近見た映画について語る 雑談102

愛すべき読者の皆さんこんばんは
『実家に帰ると自由にシコれないのだけが難点』
どうもトモイナです。

 

はじめに

皆さん暑い夏、いかがお過ごしでしょうか!?

今年は東京五輪という事で、7月22日から四連休になった為
トモイナさんは一日有給とって実家でエンジョイ中です。
エンジョイ=ゴロゴロしてシコシコする。

この連休が終わっても、二週間いけばまた有給2日とって
9連休の夏休みが始まるという・・・・・・!


あぁ……雨のサントロペ! 恋のサントロペ!
(休みに興奮するトモイナさんのイメージ画像)

っという訳で休みを利用して映画を見たので
俺の歌を感想を聞けええええええええええええええええええええ!!!
ネタバレはあんまりない!
(星の数は、トモイナポイントです)

ジャンルは問わず、トモイナさん実は映画も結構好き。
っという事を、全世界の若い女性にアピールしていきたい。

 

トゥモロー・ウォー ★★★☆☆


『トモイナさんによるあらすじ』
30年後の未来に住む地球人が現代にやってきて
「地球は異星人に攻められてヤベーから助けて!」と言われた現代人。
っという訳で、現代人が未来の地球を救いに行くことになった作品。
色々な理由があって、軍人だけではなく民間人も飛ばされます。
70%の確率で死ぬけど地球の未来を救うのは、君だ!

 

『トモイナさんによる感想』
最初の時点で人類滅亡の危機と説明されているが
その敵である異星人(ホワイトスパイク)とは
映画が始まって約48分後に初めて対決する。

現代から未来に飛ばされた人はずっと飛ばされている訳ではなく
7日間生き残れば現代に戻れるという設定もイイネ!
生存率は30%らしいので、彼らから異星人との壮絶な戦いの話だけは聞ける。
あえて長い時間正体不明にする事で、緊張感と期待感が増す演出は良い。
当然未来が舞台なので、自分の子供が成長した姿も登場。
二部構成なのもポイント高し。

典型的海外エイリアン(異星人)パニックアクションなので
誰が見ても「それなりに」面白いタイプ。
いつも思うけど、アメリカ人は異星人に対して勇気ありすぎだろ。

 

ミッドサマー ★★★☆☆


『トモイナさんによるあらすじ』
ダニーという絶妙な顔面偏差値をした女子大生は
研究とかなんか色々あって恋人や友人達とスウェーデンの奥地へ!
そんなスウェーデンの奥地では90年に一度の祝祭が開かれており
彼女達はその祝祭に参加することに。
もちろんその祝祭が無事に終わるはずもなく──

白夜だから画面はずっと明るいぜ!

 

『トモイナさんによる感想』
「人里離れた山奥」「民族」「祝祭(儀式)」
何も起こらないはずもなく・・・・・・

一部だがわりと目を背けたくなるようなグロシーンあり。
意外かも知れないが、トモイナさんホラー耐性はあれど
むやみやたらなスプラッタは苦手である。
(なのでソウシリーズ等も好きではない)

戦争等で腕飛んだり頭飛ぶのは良い。
むしろ飛ばせ。

白夜の山奥を舞台にした、気味の悪い祝祭。
所々不穏な雰囲気を出しつつ、やっぱし不穏な展開になっていく。
他の世界から見たら異常だが、彼らにとってはコレが正常なのである。
そんな祝祭を過ごした女子大生ダニーは──

村長的ポジションの人から許可が出れば
村人のスウェーデン美女とセッ〇ス出来るのはイイナーって思いました。
でも周りで踊ってる裸体オバサンが邪魔で、イけなさそう。
あと、女性の裸ではなくなぜ野郎のケツだけモザイクなのかが最大の謎。

 

犬鳴村 ☆☆☆☆☆


寝オチしました。
恐怖回避verなんて物もあるが
こんなんで恐怖回避してたら、人生の恐怖をどうやって回避してくんだ。

 

屋根裏の殺人鬼フリッツ・ホンカ ★★☆☆☆


『トモイナさんによるあらすじ』
実在の人物「フリッツ・ホンカ」を題材にした作品。

女性をバラバラにして部屋に隠しており
そんなバラバラ女性と共に生活を続けた人物
フリッツ・ホンカとは──!?

『トモイナさんによる感想』
映画というより、ドキュメンタリー。
フリッツ・ホンカの人生を追うだけなので
面白い展開やどんでん返し等はない。

フリッツ・ホンカは、一応は仕事をしており
あきらかに訳アリな人達が集う酒場で、仲間と共に談笑したりもしている。
途中ホンカが更生出来そうな場面もチラホラあったが
結局人はそう簡単には変われないのである。

この作品の個人的な見どころは
こういった普通に暮らしてはいるが実は危険な人物が
私たちのすぐ近くにいるかも知れないという事だと思う。
ちなみにこんな彼でも、元既婚者という。
こんな男性より女性に好かれないトモイナさんが怖い。


それとホンカ役が実は左のイケメンだったというのは驚き。
トモイナさんも特殊メイクでイケメンにしてください。

 

ビバリウム ★★★★☆


『トモイナさんによるあらすじ』
とある若い夫婦がマイホームを探す為
不動産屋にマイホーム展示場の住宅地に連れて行ってもらうことに。
しかし気づいたら不動産屋は消えており、住宅地から出れなくなってしまった!
そんな若い夫婦の元に「育てれば解放される」という文章の書かれた箱と共に
謎の赤ん坊が送られてきた──

 

『トモイナさんによる感想』

全く同じ形をした家が並び全く同じ形をした動かない雲。
あきらかに日常とは違う空間に閉じ込められた夫婦。
閉じ込められて襲われたり殺し合ったりする映画はよくあるが
閉じ込められはしたが、定期的に食糧等の物資は届けられ
襲われもせずに殺されもしないという展開は中々に新鮮だった。

街から抜け出される唯一の手掛かりである赤ん坊は
かなりの速度で成長していき、気味の悪い世界観の演出に一躍買っている。


この子供(成長した赤ん坊)がまたクソ可愛くなくて
何かあると「キャーーーーーー」みたいな金切り声を上げるので最悪な存在。

最初は夫婦が協力して暮らしていたが、何時の間にか
・夫の方は脱出の手掛かりを探すべく庭を掘り続け
・妻は誰かも知らない子供を一人で育て
・子供は大人から見てわからないテレビに夢中
のような生活になる。

これは現代社会人の
仕事』『育児』『子供のスマホ依存等
を皮肉ってるようで面白い。

夫はあきらかに人間とは違う赤ん坊を理論的に殺そうとし
妻はあきらかに人間とは違う赤ん坊だが感情的に愛そうとする
こういったシーンも男女間における違いが鮮明に表れて良い。

登場人物がほとんどおらず
血とか出ずに成長する子供が襲ってくる訳でもなく
最終的に謎がわかる訳でもない・・・・・・(ある程度察する事は可能)
でもこういう「不気味」なホラー映画、トモイナさんは大好き。
でもネットでの評価は「平凡」くらいであった。
これだからネット評価は。


あと「カッコウ」が嫌いになる事間違いなし!
てかいらすとやに、鳥じゃなくてカッコウの絵もあるんか。

 

The Alpha Test ★★★☆☆


『トモイナさんによるあらすじ』
家庭用ロボットが自宅でも普及し始めたような近未来。

主人公宅にも家庭用ロボットがやってきて
家事手伝いをし始めるが、お母さんと、元々いた家政婦さんは
なんか気に食わないらしい。

様々な事を学習し、アップロードしていくロボットであったが
お母さんと元々いた人間の家政婦さんから
嫌がらせを受け続けたロボットはやがて──

 

『トモイナさんによる感想』
見るつもりはなかったが、なんとこの映画
youtubeで無料で全て見れる。
再生画面が横長になってスゲー気になるのが難点。

日本では上映する予定はなかったのか
日本語や日本語字幕には対応していないのが
英検4級のトモイナさんでもわかるくらいなので
英語がわからなくても大丈夫。

内容は、物騒なデトロイトビカムヒューマン。
途中、お母さんの戦闘力にはワロタ。


しかし家庭用ロボットがこの見た目じゃあ、子供が泣くだろ・・・・・・
一応女性型ロボットです。
だからどうしたって感じだが。

 

 

次回:
前回:ボードゲーム喫茶に行く俺 雑談101

コメント

  1. 記事更新お疲れ様です!
    冒頭の「サントロペ!!」がなぜかツボりましたw

    トゥモローウォー以外観た事あるのでうんうん!と頷きながら読んでました(‘ω’*)

    ビバリウム、設定から終わり方までなかなか他にはない映画で面白いですよね!

    ミッドサマーは「思いっきり見せちゃうんだソコ⁉︎」みたいなシーンがあるのに男の人のお尻だけ(しかも途中から)モザイクかかってたのは私も観てて「!?」と思いましたw
    ミッドサマーと同じ監督の「ヘレディタリー継承」という映画も自分ではどうしようもできない様な理不尽な展開が面白く、割とオススメです!

    夏休み前半、満喫してくださいね〜٩(๑❛ᴗ❛๑)۶

    • >ペロチさん
      コメントありがとうございます!

      乙ありです!
      ベッドで感じたら使いましょう!
      「あぁ……雨のサントロペ! 恋のサントロペ!」

      (ビバリウム
      ああいう怪物ワー! とか 流血ブシャー! じゃなくて
      こういう不気味系映画が好ききのき。

      (私も観てて「!?」と思いましたw
      男のケツはオッパイより卑猥だから仕方ないね!

      (夏休み前半、満喫してくださいね〜٩(๑❛ᴗ❛๑)۶
      うおおおおお! もう終わりそおおおおお!!!

  2. 更新乙であります。別に実家でも07月21日でなくてもプレイしていいんだけど。
    あまり露骨に書くと、女子小学生の皆しゃんの教育に悪いですよ? ʅ(◞‿◟)ʃ

    >あぁ……雨のサントロペ! 恋のサントロペ!
    言わずと知れた「東郷十三先輩」であります。ちなみにサントロペは有名リゾート。
    ・南仏コートダジュールのリゾート地。元々は小さな漁村だった。
    ・伊達政宗が派遣した支倉常長ら慶長遣欧使節団が、1615年訪問。楽しそう。
    ・ブリジット=バルドーの別荘があり、彼女が隠棲したところ。夏のみ混み合う。
    ・ネロ帝が処刑したキリスト教徒の兵士の名前がネーミングの由来。聖トロペ。
    ……十三先輩は娼婦を喘がせるのが大好きですがツッコミどころが多くて堪らん。
    ……「はやく貴方の火かき棒で! 」というのは、流石の先輩も絶句してた記憶。

    ★トゥモローウォー
    過去から徴兵したってしょーがねーとは思うけど、(屁)理屈づけるのはお手の物。
    これはアメリカだから成り立つ話であって、日本だったら成り立たないと思われ。
    (異形の怪物相手に「キュウジョウヲマモレェ」と叫ぶバカは居ないと思うけど、分からんな)
    ・民間人を集めて生存率30%のバトルに突っ込んで、ただ浪費させる理不尽さ。
    ・やってる事はただの「GANTZ」だけど、アメリカンが作るとツッコミにくい。
    ・でも旧時代人なんて本来は役に立たないものなんだよ?再教育の手間が……
     (「現代に平賀源内を誘拐してきてメカを作らせる」ようなもの。バカっぽい)
    ・とはいえ、せいぜい30年。頭数要員として使い潰す戦略もわからんでもない。
                   期待度:C (悪くなさそうだけど視聴が面倒)
    ★ミッドサマー
    太陽が沈まない北欧の白夜。明るいはずなのに段々と歪んでいく世界……
    まあ、「カルト的な閉鎖社会に紛れ込んだ外界人が段々と取り込まれていく」話。
    アリ・アスター監督曰く「『ミッドサマー』は変態のための『オズの魔法使』だ」
    ……たしかにメインキャラは男女4人だったけど、ドロシーが最悪じゃんよ(苦笑)
    ……「祝祭は9日間」のはずだけど作中では半ば。描かれない続きはどーなる?
                  評価:B (観直してみたら深読みできそうだった)
    ★犬鳴村
    地上波とか深夜枠とかでやってた。観ちゃった。予想通りだった。がっでむ。
    Jホラーだと思うと残念なので、ギャグホラー漫画の実写化だと思えば、まあ(笑)
    単に清水崇監督と合わないだけか……まだ稲川淳二さんが語った方が怖いと思う。
                  評価:D (演技がアレというか、全く怖くない)

    ……なんか面倒になってきた。
    ★フリッツ・ホンカ 期待度D (実録風な猟奇モノをわざわざ見る気がしねえヨ)
    ★ビバリウム 期待度C (紹介文が上手いね。そそる。カッコウ=托卵?)
    ★アルファテスト 期待度C(ベータ版以前だものトラブル必至。不気味の谷以前)
    ……最後のやつ、何となく結末が見える。人類vsAIのパターンかな?
    ……元の家政婦さんからすれば失業の危機。そりゃ〜「ラダイト運動」するよ(笑)

    まだまだ映画ありそうッスね。ゲームもたまにはプレイしてね?(四股は適当で)

    • >くろねこさん
      コメントありがとうございます!

      乙ありです!
      実家でもちゃんとプレイしてるので大丈夫!
      若い女性読者もいないので、大丈夫・・・・・・(泣)

      (ちなみにサントロペは有名リゾート。
      ゴルゴ13の台詞で知ってるだけで、リゾート地だったんですねw
      なぜこんな風に言ったのか・・・・・・でも気持ちよさは伝わるw

      (トゥモローウォー
      未来の人類は全員兵士で
      兵士が足りないから過去から徴兵してきてるのです!

      実は徴兵される人は、後々死ぬ人間なので
      日本でも成り立つ可能性があります。
      っというより、拒否不可能みたいな感じなのでw

      (ミッドサマー
      「カルト的な閉鎖社会に紛れ込んだ外界人が段々と取り込まれていく」
      この一文で全て終わりですw 映画の祝祭は9日間もやらなかったような?

      (犬鳴村
      今見たらアマプラで無料配信になってました!
      ギャグでもないからなあ。
      俺を怖がらせてくれるホラー映画と出会いたい。

      (フリッツ・ホンカ 期待度D
      映画としては面白くない!

      (ビバリウム 期待度C
      俺は結構好き!

      (アルファテスト
      youtubeで無料!
      こんな怖いロボットが、最後人類の味方な訳がないw

  3. 更新、お疲れ様です!
    ミッドサマーはレンタルビデオ店のおすすめコーナーにあり、前知識がないままに観ましたが、途中画面から目を離すことが出来ず、今もトラウマになっているという…。しかも北欧風の音楽を聴くとミッドサマーの事を思いだしてしまいます。暑い夏にゾッとしたい方におすすめの映画です。
    最近では、テネットという映画がお勧めですが、所見ではほとんど内容が理解できず、ネットで解説を読むことでようやく理解できました。映画もここまで来たか~という感じです。
    またトモイナさんのおすすめ映画を教えてくださいね~。

    • >アルジャーノンさん
      コメントありがとうございます!

      乙ありです!
      おぉ! ミッドサマーご視聴者様だったんですね!
      あの村、何とも言えない不気味な感じ漂ってますよねw

      基本「ながら見」なので
      ネットの解説見ないとわからないような難解な奴はキツイですな・・・・・・

      (またトモイナさんのおすすめ映画を教えてくださいね~。
      「ガタカ」です!

  4. まとまった時間が取れたら自分もだらだらとシ〇って映画でも観たいですな~
    せめて3連休でもいいから・・・ハァハァ

    ・トゥモロー・ウォー
    設定だけ見るとこれが一番気になる!
    すぐ戦い…ではなく映画始まって48分後に異星人と対決ってのがいいですね。
    一体どんな敵なんだろう…みたいな不安と緊張感が高まりそう。
    あとこういう未来の世界行った時の主人公の反応見るの好きw

    ・The Alpha Test
    これも割と面白そうですね。
    ってかこのハゲどう見ても女性型には見えんw
    嫌がらせを受けつづけた結果、自我を持って反乱っぽい感じですね。

    はよ全国のロボットメーカーは美少女JKアンドロイドを作って
    俺にβテスト()をやらせるんだ!

    • >マサキさん
      コメントありがとうございます!

      映画はまとまった時間ないとみる気起きないですよね・・・・・・
      マサキさんの所は、夏休みもないんですかい!?

      (トゥモロー・ウォー
      敵がいるのはわかるんですが、かなりじらしての登場でしたw
      バイオハザードに出てきたらスゲー面倒な敵だなーって感じです!
      過去や未来に飛ぶ奴は、やはり現代との違いで驚く主人公たちが見どころの一つ!

      (The Alpha Test
      なんとyoutubeで無料!
      カーラさんはあんなに可愛いのに・・・

      βテストくらいだと、まだ恐ろしい顔してそうw

  5. お疲れ様です。映画レビュー記事もいいですね!ビバリウム面白そう。

    ミッドサマーの唐突なモザイクは、局部に付いた血(相手が処女だったので)のためだとか、どこかで読んだ気が…
    さんざん惨いことしといて今更?という気もしますが苦笑
    ルールがあるんでしょうね。

    • >EFさん
      コメントありがとうございます!

      乙ありです!
      ビバリウムは個人的には好きですが、開始数分でオチまでわかってしまうので
      嫌いな人は嫌いだと思いますw

      (局部に付いた血(相手が処女だったので)のため
      処女の血は映しちゃ駄目なのか・・・・・・
      モザイク基準が謎w