スポンサーリンク

ゴーストオブツシマ 感想23話 『ハムスター蒙古兵』

今回の思うこと・・・
ワラと木くずで喜ぶ蒙古兵可愛い・・・

 

※注意※
この感想日記は、ゲームのネタバレを含みます。ご注意ください。
筆者は初見プレイなのでネタバレコメントはお控えください。
なにとぞよろしくお願いします。

 

本編感想

前回のあらすじ:今も傲慢で無情な石川

久しぶりに堅二にあったら
「蒙古に食いものを奪われているので困っている」
とか何とか言っていたので、話を聞いてあげる事にした仁。

堅二
「(蒙古への)食いものは、浜に置く決まりなんです」


「この食糧はどこから?」

堅二
「畑や空き家から集めたり、釣りや狩りで」
「奴らを食わせるために頑張りましたよ」


『なぜ逃げなかった?』
『なぜここに来た?』 ←

堅二
「あなたの仲間だと知られてから、どこもかしこも危なくてね」
「辺(へん)ぴな所なら安全だと踏んだんです」


まあ蒙古からしたら、仁さえ気を付けていれば良いので
仁の関係者である堅二も、目を付けられているのでしょう。
石川は自分の弟子で自滅してる真っ最中なので、蒙古からはスルー。

 

浜に到着。
浜には幾つかの樽が積まれていました。

堅二
「蒙古にやる食糧です」
「でもこの樽だけは、空っぽ」


あっ(察し
この樽に入って待ち伏せしろという事か。

仁は「お前とおると、いつも何かに入る羽目になるな」
なんて軽く悪態を付きつつも、樽に入って蒙古兵に運ばれるのを待つことに。
樽の重さで不審がられないかコレ?

 

樽 in 仁


「お前の息と同じ臭いがするぞ」

堅二
「まだ酒が残ってましたかね」
「ああ、境井様、来ましたよ」

蒙古兵
「(すべて荷車に積み込め)」 ← 蒙古語

堅二
「ああ、そうだ、全部やる」
「ほら、持ってけ」

蒙古兵
「(あの馬も運べ)」 ← 蒙古語

堅二
「待て待て」
「あれはみよ、みよは俺の馬、俺の!」

蒙古兵
「(黙れ、うつけが、馬は我らのものだ)」 ← 蒙古語

堅二
「堪忍して! みよ! おい!」


馬に「みよ」なんて名付けてるのか。
中々センスあるじゃねーか堅二。
トモイナ馬太郎名づけ親による評価。

 

 

~ 蒙古の拠点に運ばれた 仁 in 樽 ~


「まさか、うまくいくとはな」


拠点まで運んでくれたお礼に
取り敢えず近くにいた蒙古兵にお礼の闇討ち。


しかし真後ろで仁が蒙古兵を闇討ちしているというのに
後ろを全く気にせず作業を続けるツシマ住人は、すごい胆力だと思う。

 

 

蒙古拠点を壊滅。

百姓
「信じられん! 助かったぞ」


「食料を村に運び、堅二に知らせてくれ」

百姓
「堅二?」
「あの野郎、今度会ったら一発殴ってやる」


「どういうことだ?」

百姓
「すべてあいつが撒いた種なんです!」


なんでも、堅二が蒙古と取引しようとした結果
今のこの状況を招いてしまったようです。

 

よろしくないタイミングで、堅二が登場。

堅二
「ああ、境井様! さっすがの腕前!」

百姓
「堅二!」
「馬鹿で間抜けで飲んだくれの駄目男め」


「ここは俺が」


堅二に怒る百姓。
仁は堅二に、詳しい事情を聞くことに。
あとこのシーン、堅二がやたら姿勢よく立ってるのにワロタ。

 


「訳を話せ」


蒙古の返り血浴びてる状態だと
怒り倍増みたいな感じで怖い。


そりゃ堅二もこんな顔になりますな。
上司に怒られてる時のトモイナ。

堅二
「蒙古に食いものを売ると言って、ワラと木くずをやってみたんです」


「儲けるためか?」

堅二
「畑を守るためです」

ワラと木くずなんて渡して、蒙古兵は喜ぶんか?
ハムスターかよ。

良かれと思ってやっての行動だったようですが
蒙古兵に村の場所がバレ、村の者が人質に。
人質の命を盾に、食い物を要求されていた模様。


「人の役に立てと焚きつけたのが間違いか」

堅二
「え? いやいや、間違いだなんて言わないで」
「役に立てます! ただ・・・練習が足りなかっただけ・・・」


「・・・・・・」
「人の命がかかっている時に、練習などと申すな」

堅二
「肝に銘じます」


仁の言う通りですな。

堅二は悪気がある訳じゃないっぽいですし
自分で悪いとわかっているかつ、弱々しい声からなぜか憎めない。
この前のクエストに出る、昔も今も傲慢で無情な奴が酷すぎるからな気もする。

 

百姓
「蒙古に殺されずに済んでよかったな」

堅二
「すまなかった」
「助けになれないで」

百姓
「助けだと?」
「米食って喉詰まらせろ」


百姓らしい罵倒で浮世草。

 

 

今日の仁之道


『茶(酒?)を飲む堅二』

 

 

次回:ゴーストオブツシマ 感想24話 『菅傘衆』
前回:ゴーストオブツシマ 感想22話 『指導力不足の石川』

コメント

  1. 更新お疲れ様です。

    石川先生は蒙古を使って仁の実力を試してみたり、堅二は村に迷惑かけながら蒙古がアホかどうか試したり、好き勝手する奴だらけやなw
    そして真面目な仁さんが苦労するはめになるという。
    しかも、石川先生も堅二もプレーヤーからは面白がられるんだからズルいですよねw
    さぁ、次は政子様のお出ましかな?

    • >ふっとぶふとんさん
      コメントありがとうございます!

      乙ありです!
      好き勝手マン多すぎて、蒙古来なくても勝手に滅亡しそうw
      仁さんはマジで苦労人ですな。

      政子様は大人気で面白そうなので、最後にとっておきますw

  2. 更新乙であります。プルとプルツーどころか、みんな死んじゃうプルシリーズ(笑)
    「子どもの虐待」に五月蝿いアメちゃん制作ならば生き残れたのだらうか……?
    マリーダさん「忘れないで」トモイナさんの守備範囲外でも、プル三姉妹の一角。
    毱「お前もガンダムか!」刹那「俺がガンダムだ!」トモイナ「俺はただのロリさ」

    愉快な対馬放浪記も、すでに23話。伯父上は待ちくたびれてハーンとイチャコラ。
    今回は「やらかしモブ回」でありますな!テメーなんかモブで十分だぞ堅二(笑)
    ・すっごく勇気ある部分と、どーしよーもなく小市民な部分とが混在する小悪党。
    ・本人に悪気はないが、あまり後先を考えていない大雑把さで事態をメダパニ化。
    ・まあ一応は仁くんの「舎弟格」なんだよなー、これでも。不肖の弟子ともいう。
    ・百姓「馬鹿で間抜けで飲んだくれの駄目男め」童貞と非モテとで、満貫ッス。
    ・堅「ただ・・・練習が足りなかっただけ・・・」老師「だから修行をするのだ」巴「」
    ……謀略を実行するには、知力90は欲しいところ。80台だと失敗が目立つのだよ。

    対馬では、「赤米」という古代米を栽培している地域があるみたいッス。
    ・稲作伝来の半島経由説によると、対馬は「最も早い稲作伝来地」の一つ。
    ・赤米は品種改良されていないため背丈が高くて細く、風で倒れやすい。手間も。
    ・1000年以上の歴史がある神事用の米。鎌倉期対馬にはすでにあった米のはず。
    ・病虫害にも排水不良の水田にも強い。赤褐色の米だが精米すると白くなる。
    ・食味はパサパサ感が強いらしい(チャーハンには向いているかも)。そんなもん。
    ・生産者は減少の一途を辿り、現在1人のみ。……なお、御病気療養中とのこと。
    ・赤米をご神体としてあがめる「赤米神事」は、国選択無形民俗文化財。
    まあ鎌倉期でも、通常の白米のほうが栽培されていたとは思いますけれどね(苦笑)
    「米食って喉詰まらせろ」というほどの余剰生産力があったかどうかは不明ぞな。
    なお近年、「なつほのか」という「高温耐性がある新品種」が投入されてますね。

    堅二が飲むなら、酒。こーいうオッさんは飲酒運転常習犯なんだよわかってる。
    お茶は当時は高級品であります。一般庶民が日常的に喫茶できる時代じゃないぞ。

    • >くろねこさん
      コメントありがとうございます!

      乙ありです!
      スパロボやってると、原作でも生き残る気がしてならないw
      グレミーはもっと量産しとけや全くよ・・・・・・
      ガンダムってロリは出来るけど、ロリコンはいない気がする。
      シャアだけかw

      既に23話よりも、まだ23話といった印象。
      堅二君は悪気があってやった訳じゃなく、自分が悪い事をしたという自覚があるので嫌いになれないw
      石川は普通に嫌い(ネタキャラとしては好き)
      達人ばかりではなく、やはり堅二のようないかにも一般ピーポーみたいなのがいてくれる方が良いっすな。
      三国志14PK購入しようかどうか悩みどころ。

      (「赤米」
      サクナヒメ気になる・・・・・・
      対馬は稲作業に強いのかな?
      トモイナさんは酒飲まないので「酔い」とかはわかりませんが
      一度は酔ってみたいですな。楽しそう!

  3. >樽in仁
    これじゃ樽が仁さんに入っちゃう…

    ともあれやることなすこと裏目にでる賢二さん
    一回こっきりのモブかと思いきやうっかり八兵衛的なレギュラーという
    アレな人しかいないツシマの中ではまだ常識人なのが…
    度々洒落にならんことをやらかすけど

    • >HAL_SKIさん
      コメントありがとうございます!

      確かにwww
      修正しときました!

      堅二としては良かれと思ってやっているんでしょうし
      まあこういったミスは仕方ない。トモイナさんもこんな感じなので共感しますw
      石川なんかと比べれば、まあ常識人の範疇だと思います!

  4. 堅二はツシマ世界でも珍しいいじられキャラ(?)だからなんか憎めないw

    • >マサキさん
      コメントありがとうございます!

      一癖も二癖もあるキャラが多いので
      ザ・一般人みたいな堅二は嫌いじゃない!

  5. 更新お疲れ様です。

    「ワラと木くずで喜ぶ蒙古兵可愛い・・・」と最初に来たので是非ツッコミたい。
    今日の仁之道を見る限りではリス系小動物か合コンにてあざとい女子位しか
    してなさそうな両手飲みしてる堅二の方がハムスターですな。

    堅二も充分村人を危険に晒しているのに、石川先生より癒し系が故許されるのか・・。
    可愛いは正義だ(←お酒はオッサン飲みしかできない人の僻み)

    次はいよいよ政子殿登場かな。wktkです。

    • >ゆうなさん
      コメントありがとうございます!

      乙ありです!
      百姓に怒られた後、堅二どこ行くのかな~ってついていったら
      おもむろにその場に座り、酒(?)を両手飲みしていましたw

      堅二は自分が悪い事をしたと思えている。
      石川は自分が悪いと全く思えていない。
      これが大きな違いですな。

      政子殿はまだですw

  6. 更新お疲れ様です。

    堅二ったら、もう…。
    良かれと思ってやったことが悪い結果になってしまったとしても、人によってはそれなりに良い評価を貰えることもありますが、被害を受けた当事者からすれば「ふざけんな!!」という怒号しか返って来ないでしょうね。
    (重要な、一度しかない機会に練習してれば~なんて言い訳は通じないってことですな)
    この百姓が「米食って喉詰まらせろ」っていう返しだけで済ませてくれて良かったっス。

    よく理解できてないのですが、堅二は食べ物と偽って蒙古兵に藁と木屑を渡したのがバレて百姓達に被害が出たのであって、蒙古兵はハムハムしたかったから藁と木屑を求めたってわけではないんですよね。
    (ハムハム中の絵面を見たいような見たくないような…)

    • >もっちりけだまさん
      コメントありがとうございます!

      乙ありです!
      堅二も良かれと思ってやったんでしょうけどそれで命が危なかったら、さすがに被害者は怒りますよね。
      仁もそう言ってますし。
      被害者百姓さんは、罵倒で済ましてくれているだけ温情なのかも知れませんな。

      (堅二は食べ物と偽って蒙古兵に藁と木屑を渡した
      そういう事だったんですねw
      てっきり藁と木くずで喜んで、ついでに飯も寄こせ言ってきたのかとw

  7. お久しぶりです

    長らくきていなかったから覚えていないかな?()

    ポリネリアです

    深夜廻かゼノブレ2でコメントしてた者です

    …こうやって書くと、本当に時間が経ってしまったんだなぁ()

    まぁいいや(いや、良いのか。。。)

    これからも応援してます!頑張ってくださいね!

    • >ポリネリアさん
      コメントありがとうございます!

      お久しぶりです!
      名前検索しましたが、ポリネリアさんは出ませんでしたね……
      HNを変更なされたのかな?

      誰かが応援してくれているとわかるのが一番嬉しいですな。
      ありがとうございます!