スポンサーリンク

ゴーストオブツシマ 感想70話 『反抗期』

今回の思うこと・・・
誉れ教育失敗・・・

 

※注意※
この感想日記は、ゲームのネタバレを含みます。ご注意ください。
筆者は初見プレイなのでネタバレコメントはお控えください。
なにとぞよろしくお願いします。

 

本編感想

前回のあらすじ:戦場で死ぬは誉れ

とうとう蒙古へと攻め入った志村殿。

誉れ高き突撃をした結果
蒙古の罠にハマり、多数の死者を出してしまったが
志村殿曰く「戦場で死ぬは誉れよ」

仁に作戦があるらしいので
志村殿と仁は、二人で話し合うことに。

 

~ 話し合い ~

志村
「蒙古は守りに入った」
「一息に攻めれば、明日にも戦は終わろう」


「大勢が死にました」

志村
「それが戦だ」


「守らねばならぬ命です」


「誉れ>命」な伯父上の考えに、怒りを露わにする仁。
でも、侍としては間違ってない気もする。
侍の鑑。


仁の話を聞いて、何とも言えない表情な伯父上。
カメラワークいいね。

 


「私があの橋を渡り」
「毒で殺します」


!?

驚いて振り返る伯父上。
作戦内容ではなく、仁が「毒殺」などという
誉れ無き作戦を口にしていることに、驚いたのでしょうね。

志村
「愚かな策だ」


「民を救うための策なのです」

志村
「民を恐れさせるだけだ」
「その道を歩み続ければ」
「お前も獣(けだもの)になるぞ」
「誉れある戦いを忘れるな」


「誉れは浜で死にました」
「ハーンの首を取るために」


「誉れは浜で死にました」
「お侍さんの戦いじゃない・・・・・・」と並ぶ
人生でいつか使いたいツシマ語録。


あわわわわわ・・・・・・
誉れを忘れてしまった甥っ子に、伯父上超ショック。
めっちゃ悲しそうで、ちょっと笑ってしまった。

 

志村
「怒りに任せおって」


「民を守るため、すべてを捨てたのです」
「果たして伯父上は、何を為された!」


ゲーム開始当初は
「伯父上がいれば~、伯父上がいれば~」
とか言ってた仁が、中々言うようになったね~。


!?

伯父上による、振り向きからの誉れビンタ炸裂。
誉れビンタによろけ、呆気に取られたような表情の仁。

志村
「仁・・・」

つい手が出てしまったのか
寂しげな表情で、仁の名前を呟く志村殿。


「もう結構です」

話し合い終了。
仁君はどうやら反抗期の模様。

 

~ 皆の様子 ~

伯父上は頭が誉れでどうしようもなかったので
仁は、他の仲間の様子を見に行くことに。


堅二は、怪我人のお世話をしていました。
腕を失った人をどうやって慰めたらいいのかわからず
「たかならうまく慰められるのに・・・」と、呟いていました。

 


政子殿も、怪我してる若者っぽい侍のお世話。
「息子を見送れなかった償いに」
「最期までこの若者たちの世話をしてやろうと思って居る」
とのこと。


「伯父上は朝方、追い討ちをなさるおつもりです」

政子
「何か策をお考えなのだろうか」
「若いのが傷つくのは、見るに堪えぬ・・・」


「あるはずです」

本当?
また誉れ突撃じゃねーの?

政子
「成すべきを成せ」
「いつでも力を貸す」

やだ・・・
政子殿イケメェン・・・・・・

 


石川は、侍へ弓の稽古中。


「先生」
「壊れた橋の修繕を待ち、朝方、出陣します」

石川
「ハーンの肝を冷やそうというわけか」
「たじろげば多くが死ぬことになるでな」


「他の手もあるはずです」

石川
「どうせ志村殿のお怒りを買うものであろう?」

仁の誉れ無き作戦にも
伯父上とは違いある程度は理解がある模様。
しかし「思案を重ねて動け」と、言われました。
石川にしては、珍しくマトモな事言ってるだと!?

 


ノリオは、死んだ侍たちを弔っていました。
そんな死体の上をズカズカ走る、誉れ無き冥人の仁。
伯父上から誉れビンタ待ったなし。

 

 

今日の仁之道


『おいなりさん』

 

 

次回:ゴーストオブツシマ 感想71話 『闇からの使者』
前回:ゴーストオブツシマ 感想69話 『犬死』

コメント

  1. 更新お疲れ様です。

    仁の不満が爆発しましたね〜。
    周囲には伯父上がいればなんとかなると励ましてたけど、いざ助けてみたら命より誉れの方を大事にしてるから不満だったんでしょうね。
    自分はみんなの命のために誉れもプライドも捨てたのに。

    伯父上とケンカした後に他の人といつも通り接することができる仁は大人ですね。

    「誉れは浜で死んだ」は確かにカッコいいけど、人生で使う時は来るんだろうかw

    • >ふっとぶふとんさん
      コメントありがとうございます!

      乙ありです!
      蒙古を知らない叔父上が、未だに「誉れ」とか言ってて
      ついヒートアップしてしまったんでしょうね。
      まあ叔父上はずっと捕まっていたので、今の惨状もよくわからんのでしょう。
      「たか」の死を叔父上が聞いたとしても「誉れある死」としか思わないんでしょうね。

      (伯父上とケンカした後に他の人といつも通り接することができる仁は大人ですね。
      それは思いましたw
      蒙古を倒す以外、頭にないのかも知れない・・・・・・
      それはそれで危険なので、叔父上も「誉れ」を説いたのかも。

      (人生で使う時は来るんだろうかw
      誉れが浜で死んだときに使ってくださいw

  2. ・誉れは浜で死にました
    ・お侍さんの戦い方じゃない…
    ツシマ3大名言の2つですな。
    残りの1つは特に思いつきませんがw

    >石川
    >「どうせ志村殿のお怒りを買うものであろう?」
    志村と仁の2人の性格が分かってる上でのこの発言、ここだけ見ると石川がめっちゃまともに見えるw
    普段は巴にんほってますからね…

    • >マサキさん
      コメントありがとうございます!

      「我が一族の仇!! ウァアアアアアアアア!」
      「ワシを愚弄する気か!」
      「失敗するとは思わなかった」
      「年寄りに甘えるのはガキのすることだぞ」
      「ワシとて過ちはおかす」
      「年寄りに期待するでない」
      ここら辺は名言。
      てかほとんど石川w

      (普段は巴にんほってますからね…
      巴にさえんほらなければ・・・・・・

  3. ・更新お疲れ様です!
    ・誉れ教育の体現者が、誉れアタックで捕まったり、誉れ高きこと言った直後にぶっ倒れたり、蒙古の剛の者に噛まれたりしてりゃ……ねぇ……。

    >侍の「鑑」
    ・戦闘要員の民にも押し付けてさえいなければ、まだ良かったんですがね……。
    ・全蒙古が鼻で笑った。

    > 志村「愚かな策だ」
    百合「愚かな御人です」

    >人生でいつか使いたいツシマ語録
    ・使える日は来るのでしょうか……。

    >伯父上超ショック
    ・これには正殿も百合さんもニッコリ。

    >誉れビンタ
    ・図星を突かれたから、ですな……。

    >仁君はどうやら反抗期の模様。
    ・その反抗期が對馬を救う?

    >「たかならうまく慰められるのに・・・」と、呟いていました。
    ・たかちゃんは生き残ってても、何だかんだで戦場に残りそうな気がしますな。

    >また誉れ突撃じゃねーの?
    ・誉れ突撃より一段上の「誉れ突撃ラブハート」使いそう(黙れ

    >政子「成すべきを成せ いつでも力を貸す」
    ・境井殿にこう言ってる辺り、彼が誉れ無き作戦を実行すると察してますな。

    >やだ・・・政子殿イケメェン・・・・・・
    ・政子殿はただのバーサーカーではないのです!

    >石川にしては、珍しくマトモな事言ってるだと!?
    石川「珍しいとは何だ!?」
    ・神風が吹きますな、こりゃ。

    >ノリオは、死ん「だ」侍たちを弔っていました。
    ・ノリさんはただのバトルボウズではないのです!

    >そんな死体の上をズカズカ走る、誉れ無き冥人の仁。
    ・誉れだけでなく常識も捨てたか!?
    ・これは伯父上も男泣きしそう。

    >『おいなりさん』
    ・不謹慎すぎて地獄草。

    ・失礼しました!次回も期待です!

    • >にわか三級さん
      コメントありがとうございます!

      乙ありです!
      ある意味やられてもやられても正面から向かってるので
      正しい誉れな戦してる気がしますw

      (使える日は来るのでしょうか……。
      「ワシを愚弄する気か!」
      石川用語は使い易そうw

      (これには正殿も百合さんもニッコリ。
      天国から良い笑顔で見てそうで浮世草

      (図星を突かれたから、ですな……。
      手が出るってことは
      少なからずそうなんでしょうなあ。

      (何だかんだで戦場に残りそうな気がしますな。
      結局いつか死んでしまいそう・・・・・・
      だからこそ、一刻も早くゆなさんはツシマを離れたかったのかも知れない。

      (誉れ突撃より一段上の「誉れ突撃ラブハート」使いそう(黙れ
      それなら勝てそうw

      (これは伯父上も男泣きしそう。
      誉れは浜で死にました by仁

  4. 更新お疲れ様です。

    いよいよ物語も佳境に入りましたねーここのシーンは何度見ても良いです。

    「毒で殺します」
    「what?!」って英語が最もしっくりくる画像です(笑)ここは英語でも
    良いじゃないかと思う位(それじゃコナンのガバガバ翻訳だけどw)

    「誉れは浜で死にました」
    ツシマ語録納得の№1ですね!伯父上も「可愛い我が子!仁命!」みたいな
    親バカな所があったのでショックなのは分かります。
    親離れ子離れなんですよね・・年齢的にはちょっと遅いけど。

    「石川にしては、珍しくマトモな事言ってるだと!?」
    弟子の事以外は結構柔軟ですよ~先生は(笑)まあ考えると仁は現代的ですね。
    ただ、市井の人に感化されすぎて統率する方には向いてないかな。
    石川先生&政子殿の方がある意味子供の考えを尊重する親としての立ち位置
    っぽいです。

    途中から「壹岐之譚」始めました・・蒙古共が硬い(泣)
    這う這うの体でやっと帰れてノリオと見慣れた蒙古共を見てほっとしてみたり。
    (いや蒙古は基本一緒なんですがw)
    ストーリーの方はセリフが変わっている所もありましたが、そのまま使っても
    どうにでも意味が通じるようになっていて上手いなと。

    • 乙ありです!
      蒙古だけでも厄介だというのに、内部分裂してくのはヤバいですな。
      ストーリーとしては、最高に面白いw

      (「毒で殺します」
      めっちゃ勢いよく振り返ってたので
      叔父上的には「あの仁が・・・!?」って思ったんでしょうねw

      (親離れ子離れなんですよね
      叔父上至上主義だった甥っ子が、とうとう反抗期に・・・・・・

      (弟子の事以外は結構柔軟ですよ~先生は(笑)
      一般村人(巴さん)を引き取るとか、頭は柔らかいんですよね。
      仁の誉れ無き戦法も、わりと理解ありますし。

      (石川先生&政子殿の方がある意味子供の考えを尊重する親としての立ち位置
      この二人が両親だったら嫌だなあって思いましたw

      (蒙古共が硬い(泣)
      マルチツシマを思い出しますなあ。

  5. 更新乙であります。ツシマのDLC「壱岐」が出てるね〜、畜生手が回らねー!
    境井仁vs 呪師アンクサー・ハトゥン……謎のシャーマン族長かよ。面白げじゃの。
    馬や弓がパワーアップしたり、猫と戯れたり出来るらしい……そそるじゃねーか。
    ……トモイナさんはクリアしたら売る派との事ですが、おひとつ如何ッスか?(笑)

    『ツシマ』って、単純にハッピーなシナリオが無い(少ない)んですよねぇ……
    章をクリアしても爽快感というより、これで良かったのかと悩むことが多い気も。
    結構残虐な(CERO Z的な)描写も目立ってるし、最初からオコサマを拒否してる感。
    まあPS系は、もっとトガって良いと思うんだよ……勿論、トガちゃんではないぞ。
    ーーーーー
    >「大勢が死にました」「それが戦だ」「守らねばならぬ命です」
    仁くんがコースアウトしている!もう伯父上との訣別が近いことが見えてますね。
    ・伯父上は、あくまでも侍・武士・統治者
    武士とは「死んでナンボ」の生き方です。殺し殺される覚悟を決めて鍛練を積む。
    戦闘マシーンである以上、戦わずして勝利してもそれを「チート」だと捉えます。
    「味方の犠牲が少ないならいいじゃないか」と理解はしても、自分ではしたくない。
    そういう工作は野武士・草・乱破の仕事。武士が裏技に手を染めては信を失うぞ?
    (暗殺や謀略を露骨に駆使した宇喜多直家みたいに……バレなきゃ良いんだよ!?)
    ・仁くんは、武士を捨てる覚悟
    潜入して毒を使うコマンド作戦。それは正規軍ではなく、特殊部隊の裏工作です。
    勝利の為なら何でもやっていい……それでは某バスク◯ムの発想です。ええんか?
    味方(と民衆)を救う名目があれば、大義と勝利の為ならば、毒ガスもアリですか(笑)
    ・ちょっと視野狭窄だぞ
    ハーンの軍を苦しめて勝利を得るためには、たしかに仁の策は有効です。悪くない。
    でもそれを「将自らが行う」のは不味いのです。お侍さまは正しい道を歩くもの(笑)
    ……仁くんを後継者にしたい志村殿にとっては、甥の愚行が耐え難いでしょうね。
    …… 「仁君はどうやら反抗期の模様」うん、要するにそーいうこった。困ったね。
    ーーーーー
    ツシマ・アヴェンジャーズ。仲間の誰もが(それなりに)格好良く見えてくる不思議さ。
    ネズミ男も狂戦士BBAも、色ボケ弓師もブラコン坊主も、みんな違ってみんないい。
    これまで個々人の欠点も描いてきたからこそ……うん、黒澤『七人の侍』文法だ!
    ……つーか仁よ。死者の上を走ると感染症のリスクがあるんだぞ?お体大切に(苦笑)

    『スパロボT』は一段落。集中プレイで一周目終了……うーん、良いんだけどね?
    うまく繋げてはあるけれど、やっぱり作品は単独の方が良いかなあ?個人的感想。
    結構ハマる『Gジェネ』系列と比べて2周目をやる意欲が湧かない。困ったもんだ。
    本当は別ルートを試すとか、やることはあるんだけどね……まあいいや。

    • >くろねこさん
      コメントありがとうございます!

      乙ありです!
      本編が終わってないやい!!
      マルチも追加されるようですが、そっちはDLCいらないのかな?
      猫と戯れることが出来るのは良いですが、トモイナさんは犬派なので売ります!

      (単純にハッピーなシナリオが無い(少ない)んですよねぇ……
      確かに完全ハッピーエンドな人はいませんね。
      トガちゃん好き。

      (武士が裏技に手を染めては信を失うぞ?
      叔父上はそこを懸念しているんですよね。
      卑怯な戦法で勝利したとしても、それは武士ではなくなっていまうので
      統治者である武士としてはどうなのかと。

      しかし仁は今まで蒙古の所業を自らの目で見てきていますし
      そこが違いなんでしょうなあ。

      (バレなきゃ良いんだよ!?
      実際この後、そんな風に誘導しますねw

      (それでは某バスク◯ムの発想です。ええんか?
      分かり易い例えw

      (やっぱり作品は単独の方が良いかなあ?個人的感想。
      それめっちゃわかります!
      続編だと、前のやってないとやる気がなくなるw

  6. 更新乙です!
    すでに戦いに対する姿勢が違ってますね。
    戦い自体に意味を見出してる叔父上と農民を救う手段として戦う仁の差ですか。
    当時の武士は名乗りを上げて自分をアピールしてましたから、誉が大事だったんでしょうね。
    これからどういう展開になるか、目が離せませんね!

    • >きんちゃさん
      コメントありがとうございます!

      乙ありです!
      何としても勝ちたい仁と、勝ち方にこだわる叔父上。
      仁の言ってる事も叔父上の言ってることもわかるので
      果たしてどう転ぶのか・・・・・・

      (誉が大事だったんでしょうね。
      その結果が今の現状ですし
      誉れってる間に安達殿も殺されているのが
      仁の「何としてでも勝つ」の説得力が増すんですよね・・・・・・
      これ等を描写したのがウマイ。

  7. 初めてコメントさせていただきます。
    夏月と申します。

    アンチャーテッドがきっかけでこちらのブログを知り、
    とてもわかりやすく面白かったので以降上から順番に
    プレイ日記まとめをちょこちょこ拝読しております。

    現在 さ行 まで来たのですが、
    >・実況パワフルプロ野球2018 ▲SS のリンクを押すと
    ザ・シムズ4に飛ばされてしまいます。
    ソースを確認したところ、tag=sims4となっておりました。
    どちらでお伝えすればいいのか悩んだのですが、
    この場をお借りすることにしました。
    場違いでしたら申しありません。

    ツシマは発売前からずっと気になっていまして、
    手の届きやすい価格になったら&時間が出来たら
    購入したいソフトの一つです。

    ブログ記事だけでも映像の綺麗さや
    日本のわびさびがひしひしと伝わってきます。

    とても奥深い作品なので記事にするのは大変かと思いますが、
    これからも更新を楽しみにしていますので
    お体に気をつけてクリアまでがんばってください。

    今後もひっそりと見守らせていただきます。
    それでは失礼しました。

    • >夏月さん
      コメントありがとうございます!

      始めまして!
      初コメありがとうございます! 嬉しいです!
      アンチャーテッドがきっかけとは、中々に珍しい!
      そしてリンク先間違えのご指摘ありがとうございます!

      数が多すぎて、過去のリンク先間違えは
      読者様からのご指摘がない限り、たぶん一生気づきませんw
      修正しておきました!

      ツシマはDLC入りの物が発売されましたし
      物語も今の時点でかなり良作なのでオススメです。
      どこ撮影しても絵になる風景も〇。

  8. このブログを見てゴーストオブツシマを
    購入しました。
    おもしろくてトモイナを追い抜いちゃいました。
    記事更新楽しみに待ってます!!

    • >マッスル侍さん
      コメントありがとうございます!

      ありがとうございます!
      自分の記事見て同じゲームを購入して頂けると嬉しいです!