スポンサーリンク

ゴーストオブツシマ 感想72話 『決別』

今回の思うこと・・・
伯父上誉れないよそれ・・・

 

※注意※
この感想日記は、ゲームのネタバレを含みます。ご注意ください。
筆者は初見プレイなのでネタバレコメントはお控えください。
なにとぞよろしくお願いします。

 

本編感想

前回のあらすじ:さらば竜三

一人で蒙古たちを多数毒殺し、竜三をも倒した仁。
「もうあいつ一人でいいんじゃないかな?」状態。


そんな仁の元へとやってきた、伯父上の本隊。
仁がいなくなったのを知り、やってきたのかな?
仁はメッチャ上手く殺ったと思いますが、普通に怒られそう。
誉れ往復ビンタくらいそう。


毒で苦しんでいる
まだ息のある蒙古にトドメを刺す伯父上。
誉れ的にそれはいいのか?

 


「城は取り返しました」
「ハーンは上県(かみあがた)へ」
「すぐに発てば・・・」

志村
「わしに背いたな!」


「民を守るためにしたまで」

志村
「これが誉れある戦いと言えるか」

ゆな
「おかげで勝てたろ」

志村
「民を恐れさせ、世を乱してか」


「これが戦です」

志村
「それでは蒙古と同じではないか」
「誉れはどこにある」


「誉れでは、民を守れぬのです」


伯父上の言ってる事もわかる。
正義の味方は、勝ち方にもこだわらないといけませんからね。

ウルトラ〇ンや仮面ラ〇ダーが、敵の怪人に対して
誉れの無い卑怯な手を使う訳にはいかないですからね。
(だから世の中、正義の味方はツライ)

ただ、仁の言ってることもわかる。
誉れで民が救えたら苦労はしない。
ハーンからも「誉れでも食ってろ」とか馬鹿にされてたし・・・・・・

 

志村
「鎌倉に咎(咎)められることになる」
「だが、まことにお前の咎か?」
「すべてはあの下人めの企てであろう」


「伯父上・・・」


志村殿は、上司(鎌倉)の目もあるので
尚更誉れを重視しないといけないんでしょうね。

それに自分の跡継ぎ予定の誉れ高き甥がこんな事してるんだから
伯父上としては、超ショック待ったなし。
(未だにゆなさんの悪影響だと思ってる模様)

 

志村
「冥人の名を捨て」
「この所業の咎は、あの女に負わせよ」


えぇ……
伯父上いくらなんでもそりゃねーよ。
仁もそういう顔してるやん。

てか伯父上のその考え
とても誉れあるとは思えないんですが。
誰かに聞かれてないか伯父上が周囲を気にしているので
伯父上的にも、この行為は誉れ無いのでしょう。

それでも自分の誉れゲージを多少消費してまでも
仁を誉れ的に救いたかったんでしょうね。
伯父上の仁に対する期待度がわかる一幕。

 

志村
「皆に伝えよ」
「お前の名は、境井仁」
「将軍様の御家人である、わしの──」
「息子だと」


将軍様から頂いたであろう
正式に仁を跡継ぎであるとする文(ふみ)を差し出す伯父上。

 

 



「お断りいたす」
「俺は冥人だ」


志村
「では裁きを受けてもらう」

 

 

“武士”ではなく”冥人”として生きることを決めた仁。
YESゆなさんNO志村。

共に戦ってきたゆなさんを売らなかった仁。
誉れは死んだかも知れないが、民を想う気持ちは生きている。


たかのためにもと
ゆなさんに太刀を渡しハーンを追うように指示。
一方仁は、命令違反でお縄となってしまいました。
蒙古にも武士にも捕まる仁。

 


燃え盛る炎の前で文を握り、悲痛な表情を浮かべる伯父上。
そりゃ、あれだけ期待していた甥があんな風になってしまったらなあ。
きっとゆなさんの事死ぬ程恨んでそう。


文は炎の中へ。
これで仁が伯父上の跡継ぎになることは無くなりました。

 

 

~ 服役中 ~

任務を完璧に成し遂げえた仁でしたが
誉れ無きその作戦内容から、まさかのお縄。


お縄期間中、寝たりブラブラしたり笛を吹いたりする仁。
笛は吹かせてくれるのか。

 


仁之道 ~誉と灰~

伯父上と完全に仲違いみたいになっていますな。

伯父上だけじゃハーンに勝てないだろうし
この後の展開がどうなるか、非常に気になりますね。

 

 

今日の仁之道


『志村家の墓』

 

 

次回:ゴーストオブツシマ 感想73話 『空』
前回:ゴーストオブツシマ 感想71話 『闇からの使者』

コメント

  1. 更新お疲れ様です
    自分はこの辺りまでやって、誉おじさんにかなりムカついてたので、クリアしたら即売りに行こうと決めてました
    この時選択肢で倒すみたいなのあったら倒してたと思います
    とはいえ展開的にはプレイヤーを引き込むものでしたし、演出も良くて何よりローカライズもちゃんとしてるこのゲームをクソゲーとは思ってません。私は嫌いですがw

    石川先生と政子殿が好きでした

    この後の展開も見逃せませんよ!!

    • >テイルズ楽しいactiveさん
      コメントありがとうございます!

      乙ありです!
      誉おじさんが言ってることもまあわからなくはないんですけどね。
      選択肢が出たら悩みますね・・・・・・
      activeさんはツシマ嫌いなようですが、結構珍しいですなw

      (この後の展開も見逃せませんよ!!
      めっちゃ展開気になります!!!

  2. ・更新お疲れ様です!
    志村「おのれ、わしを愚弄するか!」

    > 誉れ往復ビンタくらいそう。
    ・水木 しげる御大風の往復ビンタを期待してましたが……(待て
    ・現実は、もうビンタすらしてもらえなかったと言うね……(涙)。

    >誉れ的にそれはいいのか?
    ・誉れある「慈悲の一撃」という解釈です、介錯だけに。

    >仁「ハーンは上県(かみ『あ』がた)へ」
    ・「許されないんだろうな」と内心思いながらも、ちゃんと事後報告はする社会人の鑑。

    >(だから世の中、正義の味方はツライ)
    ・例外もあるとは言え、基本的には、ちゃんと正攻法で立ち向かって、正義を貫き悪を打ち砕く「力」をしっかり持ったスーパーヒーロー達に憧れたものですわ……。

    >志村「鎌倉に咎(『とが』)められることになる」
    ・まぁ、トモイナさんの仰る通り、報告に頭抱えますわな(苦笑)。

    >それでも自分の誉れゲージを多少消費してまでも仁を誉れ的に救いたかったんでしょうね。
    ・志村様も人間ですよね、こういうところは。
    ・「戦場で死ぬは誉れよ」どうこうよりは、ずっと共感できます。

    >“武士”ではなく”冥人”として生きることを決めた仁。
    >誉れは死んだかも知れないが、民を想う気持ちは生きている。
    ・Exactly(そのとおりでございます)
    ・境井殿もまた立派な“侍”にて候。

    >蒙古にも武士にも捕まる仁。
    ・人気者は辛いですな。

    >きっとゆなさんの事死ぬ程恨んでそう。
    ・ゆなさんにさっさと船渡さなかった伯父上サイドにも問題がある。

    >この後の展開がどうなるか、非常に気になりますね。
    ・激しく同意です。

    >『志村家の墓』
    ・誉れ高き石垣が墓の寂しさを強調してますな(黙れ
    ・それはそれとして、「決別」のラストを飾る良い構図でございます!

    ・失礼しました!次回の展開に期待です!

    • >にわか三級さん
      コメントありがとうございます!

      乙ありです!
      石川の台詞ぅ!!!!

      (水木 しげる御大風の往復ビンタを期待してましたが……(待て
      ビビビビビビビビビって奴ですなw

      (誉れある「慈悲の一撃」という解釈です、介錯だけに。
      「誉れある~」って付ければ、何でも許されそうw

      (「許されないんだろうな」と内心思いながらも、ちゃんと事後報告はする社会人の鑑。
      仁としては伯父上に理解すぃてもらいたいんでしょうね・・・・・・

      (「力」をしっかり持ったスーパーヒーロー達に憧れたものですわ……。
      (実は今でも憧れてるなんて言えない・・・・・・)

      (「戦場で死ぬは誉れよ」どうこうよりは、ずっと共感できます。
      わかりみ!!!!!

      (境井殿もまた立派な“侍”にて候。
      志村殿も”侍”だからなあ・・・・・・

      (ゆなさんにさっさと船渡さなかった伯父上サイドにも問題がある。
      伯父上としては、あまり信用ならん女だったけど
      甥が言うから仕方なく・・・・・・って感じでしたからね。

      (誉れ高き石垣が墓の寂しさを強調してますな(黙れ
      百合さんの墓の方が良い場所にあるという。

  3. 当初は最後まで「叔父上と協力してハーンを倒す!」
    みたいなストーリーだと思っていたので、この辺の展開は面白かったです。

    >燃え盛る炎の前で文を握り、悲痛な表情を浮かべる伯父上。
    前回の時もそうだったけど今のゲームは表情の変化がすぐ分かるからホント凄い。

    • >マサキさん
      コメントありがとうございます!

      伯父上と一緒にハーン倒す物語かと思いきや
      雲行きが怪しくなってきたw

      (今のゲームは表情の変化がすぐ分かるからホント凄い
      ウィッチャーやツシマは特にスゴイ!

  4. 更新乙であります。「スプリットゲート」……うーん、戦術が謎であるな〜(笑)
    「シージ」は(特にアメリカの)対テロ部隊戦術マニュアルが役立ちそうなんですが。
    後ろから前から上から下から襲いかかる、飢えたトモイナさん……阿鼻叫喚ッスね?
    絵面が可愛くないけど可愛い幼女が出てきても誰得である。(意識高い系人権派激怒)

    一方こちらは、五月蠅い人たちも御納得の「ツシマ」である。幼女は当然出ない。
    代わりにショタは回想シーンで出てきてたけど、アレに萌えても仕方あるまい……
    伯父上「あの頃は物分かりの良い、かわいい子だったのだがのう」ゆな「ケッ!」
    まあ「男子三日会わざればカカ◯ット」と言うではないか!それが大和の男の子ぞ。

    >「もうあいつ一人でいいんじゃないかな?」状態。
    コー◯ーさん「『ツシマ無双』作ってイイっすか?先っぽだけd」SIE「ダメです」
    まさかとは思うが、ありえへんテーマを無双化する夢想家集団だから、油断大敵。
    >仁がいなくなったのを知り、やってきたのかな?
    事前の軍議通りに動かず独断専行されると困るんだ。正直、仁くんは軍令違反(笑)
    「結果さえ良ければ良いんだろ?先輩はみなそうだった」仁くん=つじーん説。
    >まだ息のある蒙古にトドメを刺す伯父上。誉れ的にそれはいいのか?
    構いません。つーか、そのまま生殺しのほうが誉れを欠く行為かも知れませんぞ?
    純戦術的には、のたうち回る蒙古兵を放置して、救助に来た兵を狙い撃つのが正解。
    (衛生兵!と叫ぶトモイナさんを救出に来たマ◯キさんを、狙撃するパターンっすね)
    ……伯父上は鎌倉武士としては優しすぎるのかも知れません。本来はカスやぞ(苦笑)
    >仁「誉れでは、民を守れぬのです」
    民「お侍さんの戦い方じゃない……(ドン引き)」おめえ、変な目で見られてっぞ?

    >志村「鎌倉に咎(咎)められることになる」
    これは嘘じゃないぞ。守護の仕事は、大番催促(朝廷警護)と謀反人や殺人犯の取締り。
    もちろん夜討ち・強盗・山賊・海賊の取り締まりも、である。警察&司法官&監察官。
    ここらは御成敗式目に書いてあるんだけど、実は鎌倉=全国支配機構じゃないんよ。
    ーーーーーー
    「幕府」って言い方も無く、あくまでも「問注所」「政所」「侍所」「六波羅探題」
    それらは御家人の利権を保護し、敵対するものに対しての安全保障するものでさ……
    公的な日本の支配者は、やっぱり天皇であり上皇であり法皇なのよね。ʅ(◞‿◟)ʃ
    まあ、武家だから何でもできる訳じゃない。志村殿はあくまでもローカル勢力だ(笑)

    >「すべてはあの下人めの企てであろう」
    汚い?うん。でも仁くんを咎められる事なく(正当な)武家と認定させるには、必然。
    これは優先順位の違い、としか言いようがない。志村殿にとっては、ゆなは下人。
    政子様や石川先生なら、志村殿の感覚もある程度は理解して頂けるものかと思われ。
    ……大事なモノ以外は切り捨てられるのが武士。仁くんは、もう武士じゃない。
    >てか伯父上のその考え、とても誉れあるとは思えないんですが。
    朝倉宗滴「武者は犬ともいへ、畜生ともいへ、勝つ事が本にて候」←戦国クソジジイ
    鎌倉武士としては、たかが下人の小娘と貴重な親族の甥っ子とでは比較にならん!
    >志村「では裁きを受けてもらう」
    私人ではなく公人としては、やむを得ない選択。仁くんはもう、軍令違反の野伏(笑)
    >お縄期間中、寝たりブラブラしたり笛を吹いたりする仁。
    座敷牢のようなもので、押し込めてはいるものの待遇は悪くないぞ。囚人にしては。
    ーーーーー
    まあ実際に仁くんを裁くとなると法的には難しいんですよ。どの条文を適用するか?
    あえて言うなら、御成敗式目第32条:「盗賊や悪党を領内にかくまうことの禁止」
    ・地頭は領内に盗賊がいることが分かったらすみやかに逮捕すること。
    ・また地頭が賊徒をかくまった場合は同罪とする。
    ・役人が入れないところに賊徒がいた場合も家来を遣わしてすみやかに逮捕する。
    ・これを行わない地頭はやめさせて代行の者をおく。
    ゆなさん一味は「野盗」ですからね……これの不逮捕/結託による連座、ですかね。

    ーーーーー
    そろそろコナン欲が。前のキャラでエンディングでも見て、新規で始めよーかな?
    せっかくだからシプター島も……って、気付かぬうちにパッチが溜まってるぅ〜!
    バグ塗れの癖にトータル容量がありえへんくらい膨大なんですが……頭おかしい(笑)

    • >くろねこさん
      コメントありがとうございます!

      乙ありです!
      スプリットゲートは
      PS3の名作ポータルにバトルを追加したようなゲームなので
      かなり面白かったです。シージも戦略性が高く「できれば」面白いと思います!

      (一方こちらは、五月蠅い人たちも御納得の「ツシマ」である。幼女は当然出ない。
      美人が出なければ怒らないフェミさん。
      それこそ差別なんじゃ・・・・・・

      (代わりにショタは回想シーンで出てきてたけど、アレに萌えても仕方あるまい……
      ショタ仁可愛くないw

      (まさかとは思うが、ありえへんテーマを無双化する夢想家集団だから、油断大敵。
      確かに何がテーマになるかわかりませんよねw

      (事前の軍議通りに動かず独断専行されると困るんだ。正直、仁くんは軍令違反(笑)
      仁もそれがわかっているので、仁も大人しく捕まったんでしょうね。

      (伯父上は鎌倉武士としては優しすぎるのかも知れません。本来はカスやぞ(苦笑)
      実際の鎌倉武士が鬼畜すぎるw

      (民「お侍さんの戦い方じゃない……(ドン引き)」おめえ、変な目で見られてっぞ?
      たかはもういない・・・・・・

      (志村殿はあくまでもローカル勢力だ(笑)
      志村殿も所詮下請けという。

      (汚い?うん。でも仁くんを咎められる事なく(正当な)武家と認定させるには、必然。
      どちらかというと、伯父上の方が侍として正しいですからね。
      それに伯父上がそこまでして、仁を救いたかったという・・・・・・

      (……大事なモノ以外は切り捨てられるのが武士。仁くんは、もう武士じゃない。
      まさに冥人ですな。

      (私人ではなく公人としては、やむを得ない選択。仁くんはもう、軍令違反の野伏(笑)
      ちゃんと甥だからといって、優遇しないのはさすが伯父上。

      (囚人にしては。
      ハーンも伯父上に対して、わりと丁重に扱っていましたよね。

      (そろそろコナン欲が。前のキャラでエンディングでも見て、新規で始めよーかな?
      たけっこーためお氏の記事が終わってしまいましたからね・・・・・・

  5. 更新お疲れ様です。

    どちらにとっても辛い選択であることには間違いないですね。
    伯父上にとっては可愛い甥っ子であると同時に跡取りで部下でもありますし。

    「この所業の咎は、あの女に負わせよ」
    大人の悪い所です・・けれど仁なりの武士道が確立されていて、伯父上の
    提案はそれに反していると理解しているが故に「お断り」なんでしょう。
    それこそゆなさんに擦り付ければ、自分が成敗した竜三化まったなし。
    ただ、清廉潔白に思えた伯父上像が崩れた瞬間・・出来れば見たくなかった
    でしょうね。

    ここら辺~最後まで伯父上との関係が重厚でストーリー展開が面白くなって
    くるので乞うご期待!です。
    本編は本当に最後までゲームをプレイしているというより映画を見ている
    ような感覚でした。

    • >ゆうなさん
      コメントありがとうございます!

      乙ありです!
      叔父上にとっても仁にとってもつらい選択であり
      どちらも譲れない物があるという。

      (「この所業の咎は、あの女に負わせよ」
      ここの叔父上の行動はまったく褒められた事ではないですが
      ザ・大人かつ、仁の為になる行動としては最良の選択ですよね。
      ゆなさんがやったことにすれば、万事丸く収まっていました。

      しかし仁は、竜三化含む色々見てきて
      己の道を見つけたんでしょうね。

      (映画を見ているような感覚でした。
      普通に物語としても面白いのがスゴイ。