スポンサーリンク

ゼルダティアキン 感想70話 『流行VS不易(ふえき)』

今回の記事について一言
『ワシはクサヨシ派』

 

※注意※
この感想日記は、ゲームのネタバレを含みます。ご注意ください。
筆者は初見プレイなのでネタバレコメントはお控えください。
なにとぞよろしくお願いします。

 

本編感想

前回のあらすじ:村長選ザマス

ハテノ村にて
“クサヨシ”と”サゴノさん”による村長選に巻き込まれたリンク。

ここで、サゴノさんの妹であるソフォラさんから
「相談に乗って貰いたいことがある」
と言われたので、相談に乗ることに。


悪い事をしてるとは思わないが、姉(サゴノさん)が夜中になると
一人でコソコソとどこかへ行っており
何をしているか知りたいので、代わりに尾行して欲しいとの言われた。
(ソフォラさんが尾行すると、見つかってしまうので)

 


夜にサゴノさんを尾行すると
一人、謎の建物(サイロ)へと入っていった。
この事について、早速ソフォラさんに報告。

ソフォラ
「…えっ、お向かいのサイロ?」
「お姉ちゃん、そんな所に行っていたんですねぇ~」
「でも問題は、中で何をしてるかなんですよねぇ~」
「覗こうにも、窓は高い所にあるし
ハシゴも無いから登れ無さそうですねぇ~」
「何とかして、中で何をしているか見る方法はないですかねぇ~」

 


上から侵入出来たので
サゴノさんが何をしているかを確認。
不法侵入は、騎士の嗜み。

サゴノ
「…さて、誰にも見られてないダますわね…」
「では、今日も今日とて、秘密のお夜食の時間、ダ、ま、す♪」
「今日のお野菜はコチラ!」
「このツヤ、このテリ、そしてこのカオリ」
「ふはん…、これはもうフレグランス、ダます!」
「ではさっそく…、いったダっきま~す」


奇抜なデザインで
ハテノ村にキノコブームを巻き起こしているサゴノさんですが
本人はハテノ村産の素朴な野菜が大好きで
夜な夜なここに来ては、野菜を皮ごと丸かじりしている模様。

 


ソフォラさんへチクル報告。

隠すことでもないような気もしますが
サゴノさんはプライド高そうだからなあ。

 

 

~ クサヨシ陣営 ~


一方サゴノさんの村長選の相手である”クサヨシ”は
サゴノさんに勝つ秘策が2つあるそうです。

 


ただし1つ目の秘策は
村長選に間に合わなそうとのこと。
それって実質、秘策1つしかないのと一緒だろ。

2つ目の秘策は
“思い出の味”を再現した料理を村の名物にすれば
サゴノさんに勝てる自身がある模様。

ただ、その”思い出の味”は
自身の祖父が生前、村の誰かと協力して作った食べ物かつ
当時は斬新すぎて受け入れられず、試作で終わってしまったとのこと。

そしてリンクは
その料理が何なのかを探すお手伝いをすることに。
サゴノ陣営にもクサノ陣営にも媚びを売っとく英雄。

 

クレーヴィア
「あっ? あなた…」
「あの時”ヴェント・エスト”にいた、お客さんよね?」

※ヴェント・エスト
サゴノさんの店

クレーヴィア
「ほら…、村長選をやるやらないって、言ってた時よ!」
「面倒なことになっちゃたけど、二人とも頑固だから」
「白黒はっきりして、二人のいがみ合いが終わってくれるなら
悪くないかなって…」
「でも、ソレ自体はいいんだけど」
「ちょっと、気になる事がるのよね…」
「村長選が始まる前に、何とかしないと…」


村長のクサヨシの奥さんであるクレーヴィアさんは
毎晩旦那が、納屋に籠って何かしてるのが気になってるご様子。

なので旦那が不在の昼間にリンクが納屋に入って
旦那が何をしているのかを調べに行くことになった。


納屋の扉は閉まっていたが
不法侵入ツールとして定評のある
“トーレルーフ”の力で侵入成功。

納屋にあった机の上には
『新種のカボチャ開発計画』
というタイトルの本があった。

中身は、若者の野菜離れが無視できない状態なので
最近若者に人気なサゴノさんの奇抜なデザインを取り入れ
色や形、見た目も新しいカボチャの種を開発することにした。
とのこと。

つまりはお互い
心の中ではお互いを認め合ってるという訳ですな。

 

 

~ 村長選開幕 ~


色々と終わって村長選──。
二人の演説が始まった。

クサヨシ
「え…、えぇ~っと…」
「クサヨシです」
「私は…、牧歌的な文化にこそ、人の心が宿ると信じてます」
「今まで、村のみんなで作り上げてきた
自給自足の文化を大事にして」
「ハテノチーズを筆頭に、新しい名産品を売り出し
村を盛り上げていきたいと考えています!」


以上──、クサヨシさんでした。

 

サゴノ
「皆さんご存じの通り、アタシは世界のサゴノ」
「ハイラル一のファッションデザイナー」
「アタシならこの村を、誰もが憧れる
ハイパーオシャレヴィレッジにできるダます」
「世の中は、野菜で回ってるんじゃないの」
「マネーイズエブリシング」
「アタシに任せていれば、オールオッケーダます!」


以上、サゴノさんでした。

 

クサヨシ
「オシャレなんて、今だけだ!」
「流行りが終われば、皆、見向きもしなくなるぞ!」

サゴノ
「ふん」
「流行りが世の中を作ってるのが、わからないダますの?」


いがみ合う二人。

どっちの言ってる事も理解出来ますが
皆さんはどっち派かな?

 

 

次回:ゼルダティアキン 感想71話 『サゴノハット』
前回:ゼルダティアキン 感想69話 『ハテノ村の村長選』

コメント

  1. “きゃー キレてますよぉトモイナさぁん! ナイスバルク!” ムン!
    “素晴らしいマッソォだ!肩にちっちゃいロリを乗せてんのかい!” フン!
    “いいですねぇー 胸がケツのようだ!” “背中にロリが宿ってるぞ!” ムフン!
      ・・・通りすがりの猫「君たちには一体、何が見えてるのかにゃ?」
                      『ロリコンクエスト・ビルダーズ2』

    更新乙であります。おはようじょ〜!孤独トモイナ、生存確認!!
    放送やブログ連載が途切れたりすると、ちょこっとばかり不安になるのですな。
     ① 体調不良
      なにせ、結石の前科がおありですので(苦笑)。まーだコロナも心配だし?
      携帯を探し回って、雨に打たれた野良トモイナになってたのではないかと。
     ②ついに逮捕
      いつかヤるのではないかと思っていました。御近所・談。まだバレてないよ?
     ③そうだ、旅に出よう
      全てを投げ捨てて衣服も投げ捨てて。そして伝説へ・・・
      まあ、出奔前に予告をしていただけますと捗ります。なにがだよ。

    >“クサヨシ”と”サゴノさん”による村長選に巻き込まれたリンク。
    選挙は「政=まつりごと」であるのと同時に「祭=まつりごと」でもあります。
    このたびの都知事選におきましては候補者が、奇天烈大百科と化していたようで。
    例の「NHK政見放送(手話通訳付)」が海外兄貴の間でも話題にされてたのだった!
     ジョーカー、マスクマン、半裸のねーちゃん、なんかよーわからん奴……
    まあ誰でも立候補できる(通るとは言ってない)のも、民主主義なのでせう。
    「彼らはマシだろ、こっちはボケ老人のどちらかが通るんだぜ?」byアメリカン。

    >ソフォラさんから「相談に乗って貰いたいことがある」
    おなごの誘いにホイホイ乗ってしまう哀しい男。ハニトラのリスクもあるのに(笑)
    >一人でコソコソとどこかへ行っており何をしているか知りたい
    やめとけよぉ。昼休みのトモイナさんみたいに四股ってるのかもしれないぞ?
    >不法侵入は、騎士の嗜み。
    騎士というより野伏の嗜みじゃな。のぶし、のぶせり。武装農民や土豪の類。
    要するに指輪物語のアラゴルンやリンクのような、レンジャーのことさね(苦笑)
    >夜な夜なここに来ては、野菜を皮ごと丸かじりしている模様。
    オレサマ オマエ マルカジリ。
    トモイナさん「夜に野菜と言ったらアレだろアレ!」変な円盤の見過ぎですね。
    もろみ味噌に付けて胡瓜を食べる「もろきゅう」は、特に夏場に美味しいッス。
    >隠すことでもないような気もしますがサゴノさんはプライド高そうだからなあ。
    公的な立場もあるもので。プライベートの好みはまた別なのだ。
    トモイナさんだって会社ではロリコンを公言してないじゃろ?……してるのかな。

    >”クサヨシ”はサゴノさんに勝つ秘策が2つあるそうです。
    うん、まあ、勝つだけだったら手段は色々とあるじゃろ。非合法を含めて。
    問題はクサヨシ陣営の力不足。資金も声望も人材も、何もかもが足りてない。
    ネガキャンや破壊工作や暗殺という手段が使えない以上、どーしても不利。
    ……通りすがりのリンクになんて、本来ならば頼るべきではないのである。
    >サゴノ陣営にもクサノ陣営にも媚びを売っとく英雄。
    別に義理も人情も無いからなあ。最後まで中立で、無視したって良さげな問題。
    ここで両者を噛み合わせて共倒れにさせると、黒澤映画『用心棒』であるな(笑)
    >毎晩旦那が、納屋に籠って何かしてるのが気になってるご様子。
    男の人って、そーいうものなんでしょ?ねえトモイナさん?ニチャァ (しつこい)
    >不法侵入ツールとして定評のある“トーレルーフ”の力で侵入成功。
    某魔法学校では恐ろしいことに、1年生で鍵開け呪文「アロモホラ」を習います。
    教授陣の人員不足、カリキュラムの矛盾、採点システムの不合理……つらいのう。
    >若者の野菜離れが無視できない状態
    逆に、若者が離れないものがあるのだろーか?
    そりゃ「少子化」なんだからさ、何をやっても以前より少なくなるもんっしょ。
    >お互い心の中ではお互いを認め合ってるという訳ですな。
    どっちが勝っても「連立」すれば良いじゃろ。長州と薩摩。あとは龍馬が……

    >クサヨシ「新しい名産品を売り出し村を盛り上げていきたい」
    地方の村おこしでありがちな公約ですな。道の駅。
    >サゴノ「誰もが憧れるハイパーオシャレヴィレッジにできるダます」
    リゾート観光開発路線ですな。ホ◯ノリゾート。

    どちらも出来れば良いんだけどなあ。折衷案が出来そうな気もするけど。
    でもそれだと「虻蜂取らず」で終わる可能性もある。他の村や国の状況にもよる。
    うーん、まあ、どっちでも良いんじゃないの?反対派が納得できるのならね(苦笑)

    ーーーーーーー
    アニメ噺

    ・『時々ボソッとロシア語でデレる隣のアーリャさん』
     ロシアのハッカーに攻撃されているKADOKAWAの本が原作だという、喜劇。
     ちなみに。リアルのロシア人に銀髪なんかいない。金髪アメリカン同様の嘘。
     (アニメの場合、キャラ付けや他との区別で必要なのだ。桃色や緑色よりマシ)
    ・『しかのこのこのここしたんたん』
     タイトルを初見で読めたらえらい。早口言葉かよ。
     単なる「ガール・ミーツ・シカ」な話だけど莫迦っぽさが良い。
     こんなノリのゲームがあったよーな?『DEEEER Simulator』だったっけ。
    ・『逃げ上手の若君』
     原作が好きなんだよ、うん。史料の咀嚼法や人物評価が好ましい。
     奇人変人のオンパレードにも見えるけど、ジャンプ系だもん。しゃーない。
    ・『ラーメン赤猫』
     猫が好きやねん。ただそれだけ。
    ・『異世界スーサイド・スクワット』
     もう何でもありやろ。莫迦そうなノリが好き。ただそれだけ。
    ・『君に届け 3RD SEASON』
     あーしだって、この手のものも観る。悪かったな!
    ・『推しの子』
     説明不要。一時のブームは過ぎ去っているものの、どーかなあ。

    • >くろねこさん
      コメントありがとうございます!

      乙あり肩にちっちゃい重機乗せてんのかい!
      ここ最近は体調不良だったけど、今は回復!
      独身男の途切れ=死 や!

      (① 体調不良
      雨に打たれ、精神的ストレス、梅雨のジメジメ、睡眠不足
      等が重なった! メンタルからすぐ体調不良の弱者男性トモイナ。

      (②ついに逮捕
      若い女性読者や視聴者がいたら危ない! (俺が)

      (③そうだ、旅に出よう
      そういう場合は、告知して消えますw

      (このたびの都知事選におきましては候補者が、奇天烈大百科と化していたようで。
      半裸のねーちゃんも見れたしヨシッ!

      (おなごの誘いにホイホイ乗ってしまう哀しい男。ハニトラのリスクもあるのに(笑)
      それが男という生き物や!

      (昼休みのトモイナさんみたいに四股ってるのかもしれないぞ?
      昼休みじゃなくて、トイレ行ったらなんだよなあ。

      (騎士というより野伏の嗜みじゃな。
      ハイラルの騎士は不法侵入出来て一人前や。

      (トモイナさんだって会社ではロリコンを公言してないじゃろ?……してるのかな。
      してる訳ないw

      (……通りすがりのリンクになんて、本来ならば頼るべきではないのである。
      一理ある。
      まあ頼んで来たというか、リンクが自主的にやってる感じなのでセーフ!

      (男の人って、そーいうものなんでしょ?ねえトモイナさん?ニチャァ (しつこい)
      トモイナさんはパートナーがいないので、納屋に籠らずにおっぴろげや!

      (某魔法学校では恐ろしいことに、1年生で鍵開け呪文「アロモホラ」を習います。
      女子生徒の服だけを消す呪文はいつ学ぶんや?

      (逆に、若者が離れないものがあるのだろーか?
      スマホ

      (反対派が納得できるのならね(苦笑)
      任天堂は優しい世界なので
      この後は、お互いの良いとこ取りみたいな運営になっていきますw

      (アニメ噺
      (『時々ボソッとロシア語でデレる隣のアーリャさん』
      作者は可哀想だけど、昨今でロシア人のヒロインとか敵でしかない。
      北朝鮮ヒロインと一緒。

      (『しかのこのこのここしたんたん』
      ここしかかたん みたい。

      (『逃げ上手の若君』
      マサキさんが好きな奴!

  2. 更新乙ですッ
    プールにいまだ入れない会長…。
    ———————————————————————————
    >一人でこそこそとどこかに行っている
    夜に一人で出かけたら危ないわよ
    >ソフォラ
    語尾が特徴的な可愛い人ですね。はい。
    >覗こうにも窓は高いところにあるし(ry
    すっごい説明口調。このままだったらヒュンケルの隣に座れる気がするwww
    >上から侵入
    侵入とは、美学の一つである(大噓)。ちゃんとセキュリティー用意しておきましょうね。
    >秘密のお夜食
    秘密にしなくてもいい気がする~w
    >今日のお野菜はこちら!
    こっちの方がジャパネットしてたw
    >素朴な野菜が好き
    なんだ、ただの村が大好きな普通の人か…。
    >思い出の味
    故郷の味ってやつか。うんうん、確かにキノコさnんんっ、ごほっ。サゴノさんは故郷のお野菜が大好きだからね。
    >あの時”ヴェント・エスト”にいた、お客さんよね?
    二つの陣営に媚を売ってることがばれて詰められるのかと思ったw
    >納屋にこもって何をしてるのか
    お前ら二人とも隠れて何かしてるのか…。大事な人を不安にさせる奴は村長になるなッ
    >おしゃれなんて今だけだ!
    それな。流行は回帰するっていうけど、ルーズソックスもちょろっとJkがやってただけですからね。
    >はやりが世の中を作っている
    金だろ
    >どっちかな?
    クサヨシさんかな~。共感できる部分があるし、自分で「世界の」っていうやつは好きじゃない

    会長の嫌いな単語
    1.いじめ(児童虐待とかと同じくらい嫌い。いじめてる奴は正直、余裕がないんだと思うが同情の余地なし。犯罪者に情けはいらない。)
    2.エモい(すべてをそれで済まそうとするんじゃねえ)
    3..青春(そんなもんねぇよ)

    • >ドラクエ幼女を語る会 会長さん
      コメントありがとうございます!

      乙ありです!
      それはどういった意味で入れないのか……

      (夜に一人で出かけたら危ないわよ
      日本とハイラルは治安が良いから大丈夫!

      (このままだったらヒュンケルの隣に座れる気がするwww
      解説役は重要!

      (ちゃんとセキュリティー用意しておきましょうね。
      昨今の世の中、少子高齢化で外人も多くなったし
      危ないからね!

      (秘密にしなくてもいい気がする~w
      カリスマデザイナーのイメージを壊したくないのでしょうな。

      (なんだ、ただの村が大好きな普通の人か…。
      っと、思われたくないから秘密にしてるんだよおおお!

      (二つの陣営に媚を売ってることがばれて詰められるのかと思ったw
      仮にバレても、情報流してる訳じゃないし
      詰められる筋合いないからね。

      (大事な人を不安にさせる奴は村長になるなッ
      奥さんが勝手に不安になってるだけや!

      (ルーズソックスもちょろっとJkがやってただけですからね。
      本当にだいぶ前やんけw
      タピオカとかは良い例。

      (金だろ
      流行りは金になるのさ。

      (3..青春(そんなもんねぇよ)
      若い女ならいつでも青春出来る!

  3. サヴァーク! 更新お疲れ様です。

    「“クサヨシ”と”サゴノさん”による村長選に巻き込まれたリンク」
    なんか2重スパイになってるリンク(笑)このイベント思った以上に
    時間がかかった思い出。

    「不法侵入は、騎士の嗜み」
    英雄なはずなのに間者のまねごとを・・このイベント、どこかのゲームの
    お侍さんを彷彿とさせますw

    「サゴノ陣営にもクサノ陣営にも媚びを売っとく英雄」
    裏で暗躍する英雄(笑)そんなの勇者様の戦い方じゃない(by:たか)

    「不法侵入ツールとして定評のある“トーレルーフ”の力で侵入成功」
    トーレルーフやっぱり便利なんだよなあ~結構な高さでもいけるし。
    思わずブレワイでついじっと上を見てしまう(笑)

    「いがみ合う二人」
    けれどどちらにも村を思う心が見え隠れするんですよね。
    村民からすると痴話げんかに見えるような。
    対立じゃなくお互いの良い所を取り入れれば相乗効果が期待出来ます
    けどねえ~大人になると妙なプライドが邪魔するのも分かりますが。

    • >ゆうなさん
      コメントありがとうございます!

      サーヴァ! 乙ありです!

      (このイベント思った以上に時間がかかった思い出。
      賄賂(キノコ)渡す相手が中々見つからなかったですw

      (どこかのゲームのお侍さんを彷彿とさせますw
      あっちは仕方なく誉れを捨ててますが
      こっちは喜々としてやってる印象w

      (そんなの勇者様の戦い方じゃない(by:たか)
      誉れはハイラルで死にました(by:ゼルダ

      (思わずブレワイでついじっと上を見てしまう(笑)
      ティアキンの後にブレワイやると
      トーレルーフの有難みがわかりそうですねw

      (けどねえ~大人になると妙なプライドが邪魔するのも分かりますが。
      それよね~。
      今回はお互いが暴露ネタあったから良いけど
      片方だけ暴露されてたら、また争いに発展したんだろうなあ。
      人間関係って難しい(;ω;)