スポンサーリンク

ダイの大冒険 インフィニティ 感想60話 『妖魔学士ザムザだっ!』

今回の記事について一言
『あのザボエラでさえ結婚して息子がいるのに俺は……』

 

※注意※
この感想日記は、ゲームのネタバレを含みます。ご注意ください。
筆者は初見プレイなのでネタバレコメントはお控えください。
なにとぞよろしくお願いします。

 

本編感想

前回のあらすじ:チウが一回戦敗北

チウ
「うーん、うーん……」
「ぼくの必殺技がなぜ負けたんだ……」
「うーん……」


ポップに対してイキっていたチウでしたが
ゴメちゃん相手に一回戦で敗北。

チウはマァムから
「おおねずみだから、手足が短い」
という弱点を指摘される。

ポップ
「リーチがないのか」
「そりゃ武闘家にしたら、致命的な弱点だな」

 


落ち込むチウを慰めるダイ君。
優しい。

ダイ
「いざとなったら頭突きとか体当たりで戦えばいいじゃんか」
「パワーはあるんだし」

チウ
「じゃあきみは頭突きや体当たりで戦うヒーローを」
「カッコ良いと思うのかね!」


マァムにカッコ良いところを見せようと大会に出たらしいチウ。
確かに、頭突きや体当たりが必殺技のヒーローはカッコ悪いね。
エドモンド本田涙目。

 


ポップは、モンスターの分際で
女(マアム)にカッコ良いところを見せたいからと
大会に出たことを“大それた事”と指摘。
モンスター差別で、モンスター愛護団体から苦情が来そう。

チウ
「うるさい奴だな」
「だいたいおまえは、一目見た時から気に入らなかったぞ」
「ははん、そうかおまえ、マァムさんの昔の男だな」


チウ
「2ゴールドある」
「これでキッパリ別れてくれたまえ」


ポップ
「どこでそんなくらねえ事
覚えやがったんだ、このクソネズミ!」

くだらねえ事だけど
“金で解決“って、中々重要な事な気がしなくもない。
世の中の問題は、大抵”金”でなんとかなる気がするしな。
俺も大金持ってたら、若い彼女が出来たであろう。

しかしポップの言う通り
モンスターのチウが、どこでそんなことを覚えたのやら……
やっぱ、テレビかな?

 

チウ
「きさま!」
「武闘家に手をあげるとはいい度胸だ!」
「ほえずらかくなよ! あちゅー!」


しかしリーチの差によって、ポップに拳は届かず。

でも岩をも砕く威力あるんだから
不意打ちしてきたら、中々強いよね。

チウ
「……フン!」
「今日はこのぐらいで勘弁してやる」

ダイ
「へんなやつと知り合っちゃったなあ」

 

 

~ 知ってた ~


ロモス武術大会トーナメントは進み
ベスト8が揃ったので、黒幕大会主催者”ザムザ”による
決勝トーナメントの説明が始まろうとしていた。

ザムザ
「諸君、よく勝ち残った」
「想像以上のメンバーで私は大いに満足している」
「国王陛下にご提案申し上げ、この大会を開いたかいがあった」
「実に素晴らしい素材が集まったものだ!」
「おまえたち8人は明日の魔王軍の血肉となるのだ!」


ザムザによって”檻”に閉じ込められる8人の選手。

ザムザ
「ご協力感謝します、ロモス王」
「これで我が魔王軍も、大いに助かる」

ロモス王
「貴様は!?」

ザムザ
「キーッヒッヒ!」
「魔王軍、妖魔士団長ザボエラが一子」
「妖魔学士ザムザだっ!」


なんとザムザは、魔王軍の一員だったのだ!
なっ…なんだってー!?
知ってた。

 

ザムザは研究中の”超魔生物学の実験体”として
強靭な肉体な持つ人間が欲しかったので
この大会を開催した模様。
こんな目立つ方法じゃなくて、別の方法あったんじゃ……

サムザ
「この8人はオレがもらう」
「そのついでにロモス王」
「おまえの命も消せればいうことなし!」
「死ね!」


もちろんダイ君達がそんな事を許すはずもなく
ロモス王を守るように、ザムザの前へ立つのであった。

 


ザムザに捕まった8人は
なんとか内部から”檻”を破壊しようと試みますが
物理攻撃も魔法攻撃も効かない檻に、手も足も出ず。


捕まった8人の内の1人”ゴーストくん”によると
この檻は、生きてるとのこと。

 


一方、檻の外ではザムザとダイ君が戦っていた。

ザムザの研究目標は
“竜の騎士の力に達すること”であり
それが、魔族を超え得る者”超魔生物”であると語る。

ザムザ
「我々はありとあらゆるモンスターの長所を
移植手術することによって、人工的に超魔生物を
誕生させることを想いついていたのさ」
「そしておまえの父バランが竜魔人の姿を見せた時
我々は確信した!」
「これだ!」
「これこそが超魔生物化学の頂点なのだと!」
「まさに神がつくりたもうた究極の生物兵器と呼べる存在だ!」

ダイ
「兵器だと!?」


超魔生物の実験材料として
体力の強い人間がピッタリらしい。
モンスターの方が、体力ありそうだけど……

 

当然ダイ君は、人間が実験材料にされることを許さず。

ザムザ
「ヒヒ、まあせいぜい怒って戦うんだな」
「オレは見たい、おまえが本気を出した時の力を!」
「おまえは最高のサンプルなんだ!」
「おまえの親父みたいな化物を作るためのなぁ!」


父親(ザボエラ)譲りの鼻水。

 

ダイ
「だまれえ!」


あんなのでも一応
父親であるバランを貶(けな)されたからか
ダイ君怒りのパンチが、ザムザに直撃するのであった。
親を馬鹿にするのは、如何なる時であってもよくないね。

 

 

~ ダイの合計ダイジェスト時間 ~

約305分51秒

最長連続ダイジェスト時間:約21分35秒
フレイザード撃破 ~ ミストバーン戦
(ダイジェスト最長時間)

最長戦闘間時間:約32分30秒
バラン戦後 ~ ガルダンディー戦
(戦闘パートが始まるまでの最長時間)

 

 

次回:ダイの大冒険 インフィニティ 感想61話 『これが、超魔生物!?』
前回:ダイの大冒険 インフィニティ 感想59話 『窮鼠文文拳!』

コメント

  1. 更新乙であります。おはようじょ〜!ろりこんにちは〜!
    東京都知事選挙も間近です。トモイナさんの“汚き一票”は何処へ行くのでせう?
    候補者の経歴だけを見れば「暇空◯」氏などは、トモイナチックなのですが……
    でもさ、オタクは面倒なのよね……かなり排他的だし同担拒否はウッセーし(苦笑)
    まあ諸外国の選挙同様に、遠くから生温かく見守っておきませう。やったね!
     (英国の保守党もボロ負けしたよーだし、今年は激変の選挙イヤーやねぇ……)
    ……トモイナさんも「大日本幼女シ◯リ党」を作って出馬しましょうぜ?(笑)

    >『あのザボエラでさえ結婚して息子がいるのに俺は……』
    なぜ「結婚していた」と決めつけているのか?正規の婚姻とは限らないぞ!
    ・ヤるだけやって事後承認。いわゆる“落とし胤”
    ・実はホムンクルスやクローンの類。母胎を経由せずに生成。
    ・素質があるキッズを競わせて採用した養子。
    ……詳しい設定知らんから何とも言えんけど、絶望するのは早すぎる。た、たぶん。

    >チウ「ぼくの必殺技がなぜ負けたんだ……」
    坊やだからさ。当たらなければどうと言うことはないのだ。
    >ポ「リーチがないのか」「そりゃ武闘家にしたら、致命的な弱点だな」
    対応策はいくつかあります。
    ・手足を伸ばす。インドでヨガを修行すれば可能。たぶん。(責任は取れません)
    ・気功弾を飛ばす。いわゆる波動拳だが師匠は各地にいる。(責任はry)
    ・縮地法を身につける。短リーチであっても背後にテレポートすれば良いのだ。
    ……漂う『スト6』感。がばれ?
    >ダイ「いざとなったら頭突きとか体当たりで戦えばいいじゃんか」
    ダイにも知力があったんだなあ。あーしは感無量だよ。
    >確かに、頭突きや体当たりが必殺技のヒーローはカッコ悪いね。
    衝撃力は、速度の2乗に比例して大きくなる。 ということは……
    「チウはより高速度で突入するか、より体重を増すか」が求められるわけで。
    そして「衝撃に耐えられるだけの耐久力・硬度」も求められるのだ。もう無理やよ。
    本来は、MSの格闘戦なんて無意味なのだ!それでは機体が持たねーんだよ(苦笑)
    >モンスター差別で、モンスター愛護団体から苦情が来そう。
    それはない。なぜなら、それによって得られる利得が何も無いから。
    動物愛護でも環境保護でも反捕鯨でも、そこには利オイコラマテヤメロウワー
    (くろねこさんが退席しました)

    >チウ「ははん、そうかおまえ、マァムさんの昔の男だな」
    それは誤解だ。ポップは「マァムの男にはなれなかった男」である。にぱぁ。
    >チウ「2ゴールドある」「これでキッパリ別れてくれたまえ」
    「手切れ金」で解決するのなら、ただの口約束で終わらせてはならない。
    正式な契約として証拠を残しておかないと後でトラブる危険性が大。証人はダイ。
    後からポップがこの買収自体をネタにして、脅迫してくる危険性もあるからね……
    >しかしリーチの差によって、ポップに拳は届かず。
    頭を押さえている手には届くやろ。殺意が足りてないぞネズミィ! アハッ(浦安感)
    >ダイ「へんなやつと知り合っちゃったなあ」
    類は友を呼ぶ。ゲイはホモを呼ぶ。まあ個性がなければただのモブですしおすし?

    >ザムザ「おまえたち8人は明日の魔王軍の血肉となるのだ!」
    幼稚園バスを乗っ取る悪の組織の幹部同様に、楽しそう。溢れる厨二感。
    魔王軍のメンバーの大半は、趣味で所属しているとしか思えませんなぁ。
    >なんとザムザは、魔王軍の一員だったのだ!なっ…なんだってー!?
    ザムザという名前からして、いかにも変身しそうな名前やんか!
     カミュ『変身』:ある朝目覚めると醜い毒虫になってしまった青年の物語。
             彼の名前はグレゴール・ザムザ。極普通のセールスマン。
             結局、家族によって幽閉されて見捨てられて孤独死……
    >こんな目立つ方法じゃなくて、別の方法あったんじゃ……
    凛世「漫画だよ?」  フィクションの悪役が阿呆なのは仕方ないんよ。
    >ザ「そのついでにロモス王」「おまえの命も消せればいうことなし!」
    言うとる暇があったら先にヤれや!ヤってから口上を述べろ。順序が違うんよ。
    >物理攻撃も魔法攻撃も効かない檻に、手も足も出ず。
    でも何故か攻略法は用意されているという……素晴らしきかな御都合主義!(笑)

    >一方、檻の外ではザムザとダイ君が戦っていた。
    戦ってねーよな。ただの説明の応酬やろ?
    >超魔生物の実験材料として体力の強い人間がピッタリらしい。
    モンスターを使うと政治的にマズいんじゃろ。魔王軍内の“意識高い層”だとか。
    「敵対的で価値がないニンゲン」だからこそ素材として使っても無問題、か。
    >当然ダイ君は、人間が実験材料にされることを許さず。
    そらそうよ。これだけギャラリーがおるんやから、裏取引はできねーよ。
    >父親(ザボエラ)譲りの鼻水。
    魔王軍はみんな鼻炎持ちやよ。誇り高い=埃高い。
    >ダイ「だまれえ!」
    興奮したり怒ったりするとパワーアップするのは、ヒーロー側の特性。
    もう主人公というだけでチート持ちなんだからさぁ……相手にしたらあかんのよ。

    ーーーーーーー
    トモイナさんの『ウキウキ・ラブアール』の浮かれっぷりが、凄い。可愛い。
    当方もとりあえず、仲座ちゃんとクリスタちゃんをクリアしてみましたが……
    こっちはこっちで悪くねーぞ?ちぃっと笑いが止まらんけれどね。元は取ったか。
    (まあトモイナさんほど胸・尻・鼠蹊部への愛は無いので、写真は適当ですが)
    でも篁さんへの期待感は湧かない。妹ちゃんも微妙。何でだろーにゃあ。

    • >くろねこさん
      コメントありがとうございます!

      乙あり幼女はやはり最高!

      (トモイナさんの“汚き一票”は何処へ行くのでせう?
      清き一票やろうがい!

      ((英国の保守党もボロ負けしたよーだし、今年は激変の選挙イヤーやねぇ……)
      トランプも勝つでしょうし、日本にとってはロクでもない……

      (正規の婚姻とは限らないぞ!
      正規の婚姻じゃなくても、おセッセした事実には変わらん!

      既に作者から、ザボエラの嫁は
      「極悪美女魔族のイメージ」と言われているのだ……
      ザボエラ優秀だから仕方ないね。

      (当たらなければどうと言うことはないのだ。
      あれ以降結構当たってしまうシャア。

      (インドでヨガを修行すれば可能。たぶん。(責任は取れません)
      よくあれインド人に怒られないよねw

      (ダイにも知力があったんだなあ。あーしは感無量だよ。
      賢い描写も少ないけど、賢くない描写も少ないぞ。

      (本来は、MSの格闘戦なんて無意味なのだ!それでは機体が持たねーんだよ(苦笑)
      女は「ロボットじゃなくて、ミサイルで作ればいいじゃんw」
      とか言っちゃうから、本当駄目。

      (それはない。なぜなら、それによって得られる利得が何も無いから。
      確かにw
      やはり人間とは、実に醜い生き物だ……

      (ポップは「マァムの男にはなれなかった男」である。にぱぁ。
      マァムは、ポップがまさか
      こんな良い男になるとは思ってなかっただろうから……

      (殺意が足りてないぞネズミィ! アハッ(浦安感)
      殺意的に向かってきたら、それはもう野良モンスターと変らん!

      (類は友を呼ぶ。ゲイはホモを呼ぶ。
      ダイの大冒険は健全な少年漫画や!

      (魔王軍のメンバーの大半は、趣味で所属しているとしか思えませんなぁ。
      上司の大魔王様が、趣味で作った軍だからしゃーない。

      (カミュ『変身』:ある朝目覚めると醜い毒虫になってしまった青年の物語。
      その作品よく聞くけど、中身は読んだことないw

      (フィクションの悪役が阿呆なのは仕方ないんよ。
      読者の阿呆にわかり易くせんといかんからね!

      (言うとる暇があったら先にヤれや!ヤってから口上を述べろ。順序が違うんよ。
      漫画でずっと無言で殺し合いしてたら嫌だろ!

      (でも何故か攻略法は用意されているという……素晴らしきかな御都合主義!(笑)
      漫画で…(以下略

      (戦ってねーよな。ただの説明の応酬やろ?
      漫画…(以下略

      (モンスターを使うと政治的にマズいんじゃろ。魔王軍内の“意識高い層”だとか。
      それは若干合ってる!
      過去作のによると、ザムザは味方である魔物を実験材料にしたくはなかった。
      父親であるザボエラは、魔物を実験材料にするけど。

      (「敵対的で価値がないニンゲン」だからこそ素材として使っても無問題、か。
      くろねこ氏の考えはまんまザボエラw

      (トモイナさんの『ウキウキ・ラブアール』の浮かれっぷりが、凄い。可愛い。
      これで若い女の娘にキモカワで人気出るな!

      (当方もとりあえず、仲座ちゃんとクリスタちゃんをクリアしてみましたが……
      ほう……!
      それはどういう意味での笑いなのかw

      (妹ちゃんも微妙。何でだろーにゃあ。
      妹ちゃん可愛いやろがい!!

  2. 更新乙です。
    >ポップに対していきっていた
    ポップのほうが心がイケメン。
    >手足が短い
    うーんでも、小柄なほうが敵を錯乱しやすそうで逆に有利だと思うが
    >頭突きや体当たりで戦うヒーロー
    大切なものを守るために戦ってるやつはどんな不細工でもかっこよく見える。
    >大それたこと
    大それたかどうかは知らんが、そんなよこしまな動機で大会に参加はしてほしくないなー。
    >2ゴールドある、これできっぱり分かれてくれたまえ
    知ってた?1G=100円らしいっす。200円で好きなやつを見るのをやめろだなんて無茶だ。
    >おりにとじこめられる
    I know.
    >魔王軍の一員ザムザ
    I know!
    >ゴースト君
    カワヨ。ハロウィンイベントの時いそう。
    >親を馬鹿にする
    親を馬鹿にされたらどれだけの量でも倒せる自信がある。なお、好きなやつを馬鹿にしたやつは消えたらいいのにと思っている模様。
    ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
    ==相談==
    私はスマホを持っていません。ついこの間まで、「周りが持っていても自分にはパソコンがある。自分が好きなことをやってればいい」と思ってたんです。でも、最近みんながネットミームやスマホ、グループラインの話をするからついていけなくて、泣きそうになるんです。気にするな?気にしなければこんなことになってないんです。無理なんです。友達も、みんなスマホの話をしていて、その時スマホを持っていない私は横でニコニコしているんです。「ああ、悲しいな。スマホを持っていたら自分もこの輪の中に入って笑ってたんだろうな」って思いながら。ああ、書いていたら涙があふれてきました。
    でも、私は怒りを覚えました。スマホを持っていない奴らの気持ちを考えろkスって。話をしている奴はみんながスマホを持っていると思ってやがるんです。それがゆるせなくて、悲しくて、たまらないんです。私の知らないところですごく楽しそうな世界があると思うと涙が止まらないんです。
    内輪ネタを繰り広げないでほしい、ほかのところでやってほしいって。やめてなんて言えないでしょう?だって、私一人の私情で人の会話ネタを制限するなんてとてもできるわけないじゃあないですか。ああ、わかってますよ、私が醜くみじめで、心の器が小さいことくらい。中1で、友達の会話に入りたいからってスマホが欲しいなんて、ありえない、ふざけるななんてわかってるんです。でも、気持ちを捨てきれないんです。スマホが欲しいんです。
    私の心はドラクエのスライムの初期案みたいなドロドロして、好きな人に近づくやつらへの嫉妬、スマホがないという悲しみと怒りで構成されてるような気がするんです…。ドロドロしているから自分で十分にすくって慰めてあげられない、傷ができてもドロドロだから気づけない。
    私っておかしいんですかね?私なんかと友達になりたくないって人いっぱいいると思います。もう本当に鬱になりそうです。夜はずっと泣いてるし。おかしいですよね。勉強しろって思いますよね。あんな定期テストの点数とって、スマホなんかで悩むなって、そう思うと思うんです…。

    • >ドラクエ幼女を語る会 会長さん
      コメントありがとうございます!

      乙ありです!

      (「ポップのほうが心がイケメン。
      ポップも最初からイケメンなんじゃなくて
      色々経験してきたからね!

      (うーんでも、小柄なほうが敵を錯乱しやすそうで逆に有利だと思うが
      一理ある。
      大きいと攻撃当たり易いしね。

      (大切なものを守るために戦ってるやつはどんな不細工でもかっこよく見える。
      まさにそれ!

      (そんなよこしまな動機で大会に参加はしてほしくないなー。
      男の動機なんて、よこしまなことが大半や。

      (1G=100円らしいっす。
      薬草って8Gだから800円もするんか……

      (カワヨ。ハロウィンイベントの時いそう。
      でも中身はオッサン!

      (親を馬鹿にされたらどれだけの量でも倒せる自信がある。
      それはない!
      世の中には絶対に倒せないような敵がたくさんいるのよ。

      (私はスマホを持っていません。
      ワイなんて今の年齢でもスマホいらないと思うけど
      周りが「持て持て」とうるさいので持ったくらいなんで、別になくても良い。
      「グループライン? 知らんがなw」って感じ。

      (その時スマホを持っていない私は横でニコニコしているんです。
      自分も当時、一人だけGBなくてポケモンやってたからわかるよ。

      (中1で、友達の会話に入りたいからってスマホが欲しいなんて、ありえない、ふざけるななんてわかってるんです。
      別にふざけてないと思うし、俺は腐っても大人だからわかるけど
      そういった事情を素直に親に話せば、スマホ買って貰えると思うぞ。

      (夜はずっと泣いてるし。おかしいですよね。
      目上の口の利き方がたまになってないことくらいで
      別におかしくないで。それが青春ってもんや。
      ワイだって彼女出来ない自分のふがいなさに泣いた事あるしw
      悪い男に騙されようにな。

      心の弱った若い娘は、ワイみたいな奴等の大好物なんや。