スポンサーリンク

バイオハザード7 評価・レビュー

このゲームのプレイ日記はこちら

 

プレイ済みナンバリング

0,1,2,3,4,5,6

 

評価を書いた時点でどこまで進んでいたか

エンディング確認・特典無し難易度マッドハウスクリア
プレイ時間:約20時間

 

評価ゲームタイトル

『バイオハザード7』
カプコン 2017年1月26日 発売
対応機種:PS4/Xbox One/windows

 

このゲームってどんなゲーム?

ずっと失踪していた奥さんから手紙が来たので、夫であるイーサンは迎えに行くことに。しかし迎えに行った屋敷には、どう見ても普通じゃない人たちが・・・。そんな危険な人や、未知の化け物から生き残るサバイバルアクションホラーゲーム。バイオ4~6はアクション寄りだったが、アクション重視ではなくサバイバルホラー重視になりました。どちらかというとバイオハザード1に近い雰囲気。

前作やってなくても大丈夫? 今作からでも大丈夫?

全く問題無し。

 

総合得点 60/100点 ランクB+

60/100点 ランクB+

個人評価22/40点 ランクC
個別評価38/60点 ランクC

 

レーダーチャート

 

個人的評価 22/40点 評価C

『ホラーなのかアクションなのか』

前作バイオ6が賛否両論の出来だったのでバイオ7はどんな感じになるかと思いきや、まさかの大幅なゲームシステムの変更しての発売。その内容は、アクションではなくホラーを重視した物であった。ホラーを重視するのは大歓迎なのだが、どうしてもこれ以前に出て来た『P,T』という、体験版のまま販売中止になったホラーゲームの方が怖かった。アクションゲームとして見ると、今までのバイオと比べて劣化。アクションゲームとしてもホラーゲームとしても中途半端になってしまったかな? と言った感じである。しかしバイオなだけあってか、普通レベル(22点)のゲームにはなっている。今作はバイオにしては珍しい、普通の一般人が主人公という設定なのだが、この主人公が最強すぎるのはちょっと面白い。プレイヤー=主人公となってくれるようにと、主人公はあまり感情を出さない設定にしているらしいが、チェーンソー持った相手にチェーンソー持って立ち向かう一般人を、プレイヤー=主人公と思う人はいないだろう。当然の如く「主人公がB.o.w(生物兵器)」とネタにされたのは言うまでもない。VRにも対応しているのが、VRでプレイしたら評価が変わるかも知れない。

 

 

システム面 12/15点 評価B

『新しさ』 5点

今までのバイオと違い、色々と変えてきたバイオ7。特に三人称視点やTPSだったのから、FPS視点への変更が一番大きい。ゲーム内容も、4~6のような派手なアクションとガンシューティングを楽しむ動的なホラーパニック物ではなく、どちらかというと1~3のような静的なホラーパニック物になっている。こちらは新しいというより、原点回帰に近い。バイオ1と同じようなギミックもあり、意図的に原点回帰を狙っているのだろう。バイオお馴染みゾンビや、生体兵器(BOW)も 登場しない(似た様な存在はいる)ので、バイオとして中々挑戦的なゲーム内容である。バイオであってバイオではない。そんな新しさ。

 

『快適さ 』 5点

最近のバイオよろしくインターフェースは良好。全体的な動きも軽快。4つまでの登録制だが、メニュー画面のような物を開かず瞬時に武器の切り替えが可能。メニュー画面もブラックアウトしたりぜず一瞬で開き、画面右上に小さなポップアップ表示だけなのも良い。極力ゲームプレイの妨げにならないようにしている工夫が見て取れる。ただ、そのせいでアイテムの説明文が若干見づらくなっているのは仕方ないか。

 

『システムのおもしろさ 』 2点

じわじわ迫ってくるホラーや、その雰囲気を楽しむ物なので、システムで面白い点は無し。敵を倒す爽快感は今までのバイオと違って皆無。手榴弾等の武器も無いので、戦闘面での楽しさはあまり無い。ちゃんと狙いを定めて撃たないと敵が中々死なないので、狙って撃つというシューティングアクションゲーム特有の面白さは最低限ある。

 

ストーリー面 8/15点 評価C

『ストーリーのおもしろさ』 2点

謎が多く残るのが、ボリュームの割にはよくまとめたなといったところ。しかし、システム面で特筆する点がないのだから、もう少し物語を重厚にしてほしかった。ストーリーを彩るファイル数も心なしか少ない。最低限のストーリー説明だけで終わっているといった印象。まあバイオは今までもこんな感じだったが、今回はアクション性が薄いので、もう少しストーリーの方を頑張って欲しかった。そもそもこのゲームになぜバイオハザードというタイトルをつけたのか疑問でしかたない。バイオというネームバリューで売上を伸ばそうとしたとしか思えないストーリー。今までのバイオと繋がるところが幾つかあるが、それは全く説明されないで困り物。

 

『ストーリーのボリューム』 2点

クリアまでの時間は非常に短い。PSのバイオも慣れれば同じくらいのボリュームだったが、PS4で同じボリュームなのはどうかと思う。バイオは繰り返し楽しむタイプのゲームなので一周が短くても仕方ないが、今までのバイオと違ってアクション重視ではないので周回する気が全く起きない。マーセナリーズ等のオマケ要素がないのも痛すぎる。DLCがあるのは救いだが、もちろん有料。もう少し本編の方を充実させてからDLCを売るべきじゃなかろうか? 一箇所だけ選択肢による分岐点はあるが、大きくストーリーも変わらないので特にやる意味も無し。一日で終わるくらいのボリュームでしかない。せめてエヴリンがベイカー家にやってきた時のストーリー(DLCにはあり)くらい、クリア後に無料で見れるようにしようよ……

 

『グラフィックと音楽 』 4点

無駄なBGM等がないため、ホラーとしては良い。環境音等も凝っている。グラフィックのレベルも高いのだが、このゲームが販売されるずっと前に『P,T』という販売が中止されたグラの良いホラーゲームの体験版があった為、グラフィックの美しさはあまり感じない。ムービーでの恐怖演出もないのも残念。屋敷は綺麗で片付いており、もっと肉片とか飛び散っていた方が怖かったんじゃなかろうか? そこらじゅうにカビが生えているのだが、カビは生えていても特に怖くもなんともない。別館での子供部屋の演出だけは非常に良い。

 

 

キャラクター面 9/15点 評価B

『個性』 4点

「お前も家族だ」っというセリフと共にパ ンチをかましてきたり、常時ハイテンションで主人公をおいかけてくるファミパンおじさんことジャック・ベイカーが非常に個性的。ファミパンおじさんの影に隠れがちだが、息子であるルーカス・ベイカーやマーガレットも中々イカれており、このゲーム序盤にある皆で食卓を囲うシーンはインパクト抜群。こいつらはヤバイなと、一瞬でプレイヤー側に思わせるのはお見事。主人公含む味方側が地味な分、敵側であるベイカー家のキャラが非常にたっている。もう少しベイカー家同士の絡みがもっと見たかった。

 

『スポットライト』 3点

ジャック→マーガレット→ルーカス→エヴリンといった感じに進んでいくので、ベイカー家には皆等しく出番がある。ただ、本格的に追いかけてくるのがジャックだけなので 、ジャックだけが非常に目立っている。敵であるベイカー家に比べ、主人公側は全体的に地味。主人公側の過去は、あえて明かさない感じなのかもしれない。

 

『キャラ数』 2点

ベイカー家は良いとして、問題は雑魚敵である。種類が少なすぎる。種類が少ない上に、皆似たような姿をしているのも問題。ストーリー設定上こうなるのは仕方ないのかも知れないが、もう少しインパクトのある雑魚敵等を出せなかったのだろうか? 登場人物は敵も含め、両手で数えられるくらいしかいない気がする。

 

 

ゲーマー面 9/15点 評価B

『やりこみ』 2点

最近のバイオでお馴染みのマーセナリーズ的な物が無いのが痛い。有料DLCに似たような物があるが、それくらい本編に入れとけと声を大にして言いたい 。周回すると一応特殊なアイテムが手に入るが、敵とのアクションがメインという訳ではないので、それらを入手してもあまり面白くはない。ただ、最高難易度である『マッドハウス』にすると、よくある敵の耐久値等が変わるだけで終わりではなく、敵の配置やアイテムの配置場所が変わるのはとても良い。やりこみという程ではないが、難易度マッドハウスをクリアするまでは楽しめるといったところ。

 

『次回作の期待』 4点

今までのバイオと違い、ホラー面を押して作成されたバイオ7。FPS視点に変更されたが、次回もまたFPS視点のホラーでやっていくのか、FPS視点はやめてアクションでやっていくのか。今後のバイオハザードの展開は非常に重要であり、バイオブランドの命運がかかっている

 

『ゲームバランス』 3点

最近の敵をなぎ倒して進んでいくバイオと違い、昔にのような生き残るために戦うという感じに戻った。敵の種類は少ないが、一番の雑魚敵がノーマルでも結構手強い。キチンと頭に狙わないと中々死なず、ちゃんと狙う楽しさはある。敵を倒してもアイテム等を落とさないので、進み方によっては詰む。一番難易度の高い『マッドハウス』においては、昨今のゲームの中だとかなりやりがいがあり、最初に戦う敵に対し、全て頭に命中させるくらいの腕前は必要。昔のバイオよろしく、どちらかという敵は避けてクリアしていくタイプ。難易度の変更は、よくある体力や攻撃力のみの変更ではなく、アイテムや敵の配置まで変わっているのは新鮮。

 

 

オマケ

難易度マッドハウスで苦戦したシーンベスト3。

3位:「マーガレット戦」
難易度ノーマルでもかなり強かったので、マッドハウスでは十分な準備をしてきたが、やはり強かった。ほぼ全ての銃弾を使ってしまったレベル。なんの情報も無しに、マッドハウスをやっていたら、ここで詰んでいた。


2位:「チェーンソーチャンバラ」
チェーンソーの独特な戦闘方法に慣れる必要がある。何が苦戦したかというと、やられて再戦しに行くのに、若干歩かないといけないこと。


1位:「ゲロデブ二体」
こっちがゲロはきたくなるくらい難しい。デブなの素早い動き。よくわからんゲロの軌道。ゲロ→ゲロのコンボ。2位と同じように、死んだ後再戦するのも大変。

 

 

コメント

  1. 更新乙であります。そしてレビューお疲れサマーバケーション!ま、アイス喰いねぇ。
    「しんどい割には読んでくれねえ」とありましたね……大丈夫、読んでますよ!(笑)

    本編記事の思い出は……ファミパンおじさんよりも、インパクトMAXオバさんッス!
    花びら全開大解放の、お下劣グロテスクなアレ!いちいち過去画像を探したくないけど。
    正直、謎が残りすぎて話が尻切れ蜻蛉で、よーわからんまま終わっちゃったイメージ(困)
    これから新シリーズが続いて行くのでしょうが、もう追っ掛ける気力があまりないのさ。
    「実は息子黒幕説」とか「新生アンブレラvsアンブレラ残党」とか、ありそうですが(笑)

    三連休ちゃんは王子様の熱いベーゼで再び甦るのさ!おほほほほほ!どこの魔女やねん。
    問題は王子様のような、イケメンでお金持ちな有閑階級でなければ無理ってこったーね。
    下々は諦めて次の連休を待つしかないのでありまするよ……嗚呼、なつやすみぃ!(TUBE)
    ……ショタとロボにつられて「ナイツ&マジック」観てます。まあ悪くはないのだ、うん。
    主人公ショタがロボにしか興味がない「美少女」で、思い切りフィンランドなネーミング…
    ちょっと今季はそそる作品が少ないねー、おかげでゲームが捗りそうでありますよ!(苦笑)

    • >くろねこさん
      コメントありがとうございます!

      乙ありです!
      アイスは日曜日まで食べられず・・・・・・
      「しんどい割には読んでくれねえ」ではなく「しんどい割にはアクセス数が稼げない」ですw
      普通の記事なら何かしら引っかかる記事があるかも知れませんが、評価記事はたぶんひっかからないかと。

      マーガレットさんは見た目もそうですが、このゲーム中最強クラスの強さなのが印象深いです。
      初心者はここで皆死んでもおかしくないw ストーリーは、まあブツギリでしたね。
      途中ほとんど変わらないのに、ミアかゾイ選べるようにしたのも不明。容量余ってたんですかね?

      (三連休ちゃん
      トモイナの次の希望は夏休みです・・・
      会社嫌ああああああああああああああああああああ!!!

      トモイナはテレビがないので、ニコ動で無料配信してくれないと見れず。
      ウィッチャー3とドラクエは長期枠だと思うので
      一枠をどう使っていくかが今後のポイント。

  2. お久しぶりです。
    自分でクリアする勇気がなかったため、更新を楽しみに読んでおりました。
    5と4(リマスター版の1)しかやったことない私としては別のゲームのように見えましたが、やはりかなりシステム等異なっていたんですね←よくわかってなかった人
    DLCの感想も楽しみにしてます!
    最初はファミパンおじさんのサムネだけでも怖くてしにそうでしたがトモイナさんのおかげで笑えるようになりました

    • >activeさん
      コメントありがとうございます!

      おひさです!
      5と4プレイヤーからしたら、全く別物で困りますよねw
      1~6とも違いますし、今までのバイオと大きく違いますね。
      日本はFPS視点苦手という人も多いので、そこらへんが苦手な人も困りますね。

  3. 更新お疲れ様です

    バイオ7はB+ですか。思ってたよりは高めの評価でまとまりましたね。

    個人的にはFPSになったのがキツかったです。主に3D酔い的な意味で。それと、選択肢(分岐)は必要あったのかな?と。もうちょっと、ストーリーやEDが変わってくれたら良かったんですけどね。

    バイオシリーズも、やりつくした感があるので今後どうなっていくのか注目ですね。今作は今作で面白かったので、この路線で進んでくれても良いですが、さらに新しい方向性も探ってみてほしいですねぇ。

    • >Pの喜劇さん
      コメントありがとうございます!

      乙ありです!
      バイオ7は思ったより面白かった訳ではないですが、つまらなかった訳でもないです。
      若干コケたバイオ6から、全てを変更して全く新しいことに挑戦しているのは評価出来ます。

      FPSは苦手な方が多いですからね・・・
      最初からFPSならまだしも、バイオ1~6はFPSじゃなかったのに
      急にFPS視点になってしまいましたからね。

      やりつくした感があるからこそ、今回の路線にしたんでしょうけど
      今度アクションになるのか、ホラーになるのか見物です。

  4. 前から思ってましたが、トモイナさんのこの評価システムは素晴らしいと思います。
    区分けごとに点数付けすることで感情に流されず冷静に分析できますし、最終的な評価もちゃんとした根拠のもと成り立つので。

    この評価方法はブログの構想時点で既に思い付いていたんですか?気になります・ω・

    • >匿名さん
      コメントありがとうございます!

      乙ありです!
      そうおっしゃって頂けるとありがたいのですが、この評価システムにも実は問題がありまして
      例えばトロピコのような、キャラやストーリーがメインじゃないゲームだと
      そこらへんの評価をどうすべきか悩むんですよね・・・・・・
      (マインクラフトとか)

      その場合は、キャラやストーリーの部分を『─(判定無し)』にして、95点満点を100点満点に換算して評価するという方法もありましたが、面倒くさいのでやめましたw

      (この評価方法
      正直全く考えていませんw
      自分が誰かの評価を見るとき「こうだったらいいなー」という評価形式が
      今の評価形式となりますw

  5. 更新乙です。
    評価来ましたね、バイオ7。
    バイオシリーズは零と同じでハードを買うほど好きなんですが、(ゲ-ムキュ-ブ買いました。ま、スパロボGCもありましたが)
    バイオ7は今一つ踏み切れないものがありますね。
    バイオ1も予約して買ったんですが、全然余裕で、自分が買った時、2個しか売れてなかった様でした。ストーリーもオカルティックな怪物から生体兵器らしいと分かっていくにつれ、場所も不気味な洋館から、最新式の研究所に移っていくというのが素晴らしかったし、(ウェスカーはあれだったけど)何週もしたし、ディレクターズカット版も
    買って、リメイク版も買いました。(上記のGCで)
    ヴァンキッシュみたいにストーリーが・・・でも、ゲーム部分が面白ければ問題ないですが、そうでもなさそうですしね。
    でもやっぱり真価はVRですかね。1年間はPS4のみだし、う~ん・・・

    • >きんちゃさん
      コメントありがとうございます!

      乙ありです!
      自分はバイオシリーズ大好きって訳ではないですが、なんだかんだで全シリーズプレイして
      リベレーション等もやっているので、実は好きなのかも知れませんw
      一周が短く、プレイしやすいっていうのも良いです。

      バイオ1は伝説のゲームでしたね・・・ホラーの革命児です。
      そして続くバイオ2の完成度ときたらない。

      ヴァンキッシュは100円で購入した割には出来が良かった思い出w
      VRは、キラーソフトがないのであまり購入する気が・・・
      任天堂スイッチは買う可能性が高いです。

  6. 乙です。

    私も割りとこんな感じの評価ですね。4、5、6のようなアクション性はないですが、操作に制限があって1、2、3のサバイバルな緊張感を思い出しました。
    ストーリーに関しては、ゲーム自体が大きな転換を迎えたので当たり障りのないストーリーになっていますね。ただ、このフランチャイズで成功したので、8は旧シリーズの流れを汲んだストーリーになることを期待してます!

    気になるのは演出面とボリュームですかね…。
    特にホラー演出に関しては何も感じませんでしたね…。あまり記憶にないです。ただ、イーサンがことごとく部位切断される演出は結構驚きましたw
    あとホラー映画のオマージュシーンが多いですね。食卓のところは「悪魔のいけにえ」、チェーンソーのところは「死霊のはらわた」etc…。
    私からしたら非常に大好物ですが、人によっては「バイオじゃない!」と感じたりするそうで。

    バンナム並みに悪徳DLCが目立ちますが、個人的には次回作期待してます。バイオ以外にも最近CAPCOM頑張ってるので。

    • >なまくらさん
      コメントありがとうございます!

      乙ありです!
      アクションだけなら4~6の方が面白いですよね。
      7の方向性は1~3に近いですが、それともまた違う感じでした。
      8はどうなるのやら。

      イーサン切断は驚きましたね。
      日本は結構規制が厳しいはずなんですが、かなり頑張ってくれたと思います。
      オマージュのところについてはわからず。チェーンソー見たらジェイソンしか思い浮かびませんでしたw

      DLCはちょっとなーって感じです。
      毎度恒例マーセナリーズ的な物もないのに酷いです。

  7. ジェイソン・ボーヒーズはチェーンソー使ったことnothing!豆知識です♡
    そういえば13日の金曜日のゲームがPS4、箱1で出るとか(国内は不明)。

    • >なまくらさん
      コメントありがとうございます!

      なん・・・だと!? ちょっと検索してきます。

      ~検索終了~

      本当ですね・・・勘違いしている人は多い模様。
      金曜日は見たんですけどね・・・(はらわたは見ていない)
      なぜかジェイソン=チェンソーのイメージしかないw

  8. ファミパンはトラウマ

    • >匿名さん
      コメントありがとうございます!

      トモイナ的にはマーガレットの方がw

  9. 結構高めの評価ですね。

    んー、6やリベ2で肩透かしを喰らった自分は
    今回は動画視聴とかで、既におなか一杯になってる気が

    DLCプレイは期待しています。

    • >Yabinさん
      コメントありがとうございます!

      6やリベ2は世間(っというよりネット)では評価低めですが
      それはバイオハザードというブランドがあるからであり、普通くらいには全然遊べます。
      6でヤバイと思ったのか、7になって大きく方向性を変えたのは評価出来ます。

      (DLC
      クリスはいつ出るんだ・・・

  10. こんばんは!
    バイオ7評価記事アップされてたー!
    B+でしたか。私もこれ位が妥当かな~って思います。

    「サバイバルホラー」なバイオに戻ってくれたのは、嬉しかったです。
    トモイナさん、「7」をプレイしてみて今後バイオをプレイするかどうか判断する、みたいなこと言ってた気がするんですが。
    「8」が出たらやってみたいですか?

    システムに関しては、十字キーへのショートカット割り当てが復活したのが、嬉しかったですね。「6」のスライド式が本当面倒くさかったので。

    今回DLCが有料だったのがなあ~。しかも、メインシナリオのストーリー補完みたいのもされていたし。
    ストーリー補完に関しては、「5」とか「リベ2」のエクストラシナリオみたいにして欲しかったです。
    そして、クリスのDLCも延期が決まってそのままですしねえ(^^;
    凄く楽しみにいたのになあ。

    確かに今作に関しては「やり込み要素」的なものが少なくて不満でした。
    個人的にマーセは欲しかったなあ。
    ただ、「7」のシステムで作るとなると…敵はモールデッドかベイカー一家しかいないしw
    「イーサンマストダイ」のような感じになっちゃうのも仕方がないのかな。
    何気に「6」のエーハン(「クソゲー」とか言われてましたがw)も結構ハマったんでw
    まあ、今作はないだろうなとは思ってましたが、やっぱり無くて残念(^^;

    • >焼豆腐さん
      コメントありがとうございます!

      バイオ7は良くも悪くもない「普通」といった感じですね。
      「8」の方向性がどうなるか不明なので「様子見」ですね。
      (ちなみにバイオ7は即買いでした)

      もう忘れたので間違っているかも知れませんが
      5が十字キー割り当てだった気が。あれスゴイ便利でした。
      ストーリーで賛否両論ありましたが、5はアクションとして完成されていました。
      (仲間はいりませんが)

      DLCは面白そうなだけに残念。
      イーサンマストダイと、エヴリンがやってきた時の話くらいは
      クリア後コンテンツにして欲しいもんです。

      (「6」のエーハン
      自分がモンスターになれるというアイディアは超面白かったですが
      バランス悪すぎのアレを楽しめるとはw