FF15 感想35話 『さよならレガリア』

今回の記事について一言
『メインヒロインはレガリア』

※注意※
この感想日記は、ゲームのネタバレを含みます。ご注意ください。
筆者は初見プレイなのでネタバレコメントはお控えください。
なにとぞよろしくお願いします。

本編感想

前回までのあらすじ:ゲンティアナさんがケバくなった

ここから13章『奪還』


クリアするまでそのゲームの情報は調べないトモイナですが
やはりツイッターやらネットやらをしていると
チラチラ情報が見えてしまいます。

そうしたチラチラ情報によると、FF15の13章は評判悪いらしいので
ある意味期待していた章です。どう悪いのかは不明。
13章なんかよりも、ストーリーの描写不足の方が・・・・・・

帝都へ向かう列車。
そろそろ到着するようです。


到着前に作戦会議をする三人。
グラディオも座ろうよ。

イグニス
「中へ入ったら要塞を目指すぞ」
「『ジグナタス』と呼ばれる巨大な軍事施設があるんだ」

ノクト
「クリスタルもプロンプトもそこか」

グラディオラス
「攻め甲斐があるじゃねえか」

プロンプトやクリスタルがそこなのかはわかりませんが
恐らくそこなんだろうという話なのでしょう。
宰相は知らないクセに、帝国の軍事施設とかは知ってるんですね・・・・・・

ノクト
「クリスタルにシガイを駆除する力があるってのには驚きだ」

イグニス
「そう考えているだけで、確定したとはいえないが」
「シガイの勢いが、夜が長くなったことと関係があるとしたら──」
「クリスタルの奪還はルシスというより
世界にとって重要なことなのかもしれないな」

ここで列車が止まります。

運転手のビッグスから
「防衛機能が働いてシガイも寄ってきます」
「スイマセン逃げます。後は──」
というアナウンスが流れました。
ビッグスとウェッジの生死は不明。

アーデン宰相の押した謎のボタンは
おそらくこの防衛機能を起動させたと予想できます。

シガイが列車内に侵入。
ノクト達は応戦しようと試みますが
なんとノクトは武器が召喚出来なくなっていました。


ノクト
「武器が出ねぇ」

おいおい・・・・・・
王子も眼鏡も戦えないとか、もうヤバすぎだろ。

ひとまず列車から脱出することに。
武器が出せないので戦えないノクト。
しかしアイテムは使用出来るようです。

適当にアイテム欄を見ていたら
以前イリスちゃんから貰ったモーグリのぬいぐるみがありました。

ダメージを肩代わりしてくれるらしいですが
肩代わりしてもらう必要性も感じない為、特に気にしてなかったんですよね。
どんな感じに肩代わりするのか見たかったので、使ってみることに。
皆使ってます? モーグリのぬいぐるみ?


ノクトはモーグリのぬいぐるみを召喚。
それを投げます。
武器じゃないからセーフ。


するとシガイたちはモーグリのぬいぐるみを攻撃し始めました。

ノクトがダメージを食らっての肩代わりではなく
ぬいぐみるが壊れるまで、敵がぬいぐるみに向かって行くようです。
デコイですね。

ボスにも聞くのかな?
いつかボス戦で使ってみよう。


列車に積んであったレガリアで緊急脱出。
そのまま線路上を走って、帝都へと向かいます。

軍事要塞からは砲撃も飛んできます。
イグニス曰く「もとは陛下がお乗りだったんだ」
「レガリアなら多少の衝撃には耐えられる」とのこと。

なんとか帝都前まで到着。

しかしさすがのレガリアもここで限界のようです。
ここからは徒歩で敵本拠地へと向かうことに。

最後にノクトは振り返り、壊れたレガリアを見ます。


涙を流しているように見えるレガリア。
よくある演出ですが、いいですよね。
劇場版機動戦艦ナデシコ思い出します。

昔の思い出が蘇るノクト。


若かりしレギス国王。
この頃からずっとレガリアはあったんですよね・・・・・・
車に座ってる人がめっちゃガン見してる。

レガリアから降りたレギス王に向かって行くノクト。

これ何が良いって、視点が低いんですよね。
つまり少年ノクトが、パパに向かって行くシーンなんです!
こういうのは、説明する必要がないんですよねー。

ここめっちゃ良いムービーです。
っていうか今のところNO1。優しそうな親父も最高。
思わず心の中で「パパー!」と言ってしまいました。
最後シドニーエディションにしてなくて良かった。

いやー。
更にこれの良いところは、昔あった体験版にも出てきてるとこです。

FF15体験版 感想・評価 単発16-2
ちゃんと覚えているトモイナさん。

ノクト少年が最後パパの車に乗るシーンがあるんですよね・・・・・・
仲間たち以上にレガリアはノクトと一緒だったんです。

レガリア=レギス王みたいな感じでした。
ここで本当にレギス王とお別れです。
もうレガリアがメインヒロインでいいじゃん!
申し訳ないけどルナ様死んだシーンなんかより数倍感動した。

ノクトが変にレガリアについて何も言わないところもいいね。
立派な王に近づいている証拠でしょう。
最近謎展開が目立ったので、なおさらこのイベントが良く見えたのかも。
なお次回のイベントは。

三人で帝都へ向かいます。
しかしアーデンの罠により、ノクトは一人になってしまいました。
もちろん武器は出せないままなので、走って逃げます。

帝都にある建物に逃げ込んだノクト。
おそらく『ジグナタス』であろう。


ノクトはなぜかこのタイミングで『光耀の指輪』を指にはめます。

今まではめてなかったのは、ルナ様のことを思い出すからでしょう。たぶん。
このタイミングでつけたのは
どうやらこの『光耀の指輪』が、武器としても使えるからのようです。
武器が無い&王としての覚悟を決めたからはめたんだと思います。たぶん。

攻撃方法は三種類に固定。


『デス』
FFお馴染み即死系呪文。
相手の生命力を吸収して、一撃で倒せます。
吸収し終わるまで時間がかかるのが難点。

『ホーリー』
FFお馴染み聖なる呪文。
回避行動を取ると自動でホーリー攻撃に。
ダメージは低いが、デスと違って安定している。


『オルタナ』
FFお馴染み・・・かはちょっとわからない呪文。
最近のFFの最強呪文なのかも知れない。
(アルテマなら知っていますが・・・・・・)

全MPを消費して、ブラックホールのような物を発生させ
そこに敵が吸い込まれるという物。

発生させるまで時間がかかるので、デスより更に使い難い。

今日のFF15

プロンプト君が離脱した為、写真無し。

次回:FF15 感想36話 『クソと噂のチャプター13』
前回:FF15 感想34話 『ゲンティアナさんが黒から白に』

スポンサーリンク
336
336

『FF15 感想35話 『さよならレガリア』』へのコメント

  1. 名前:もも 投稿日:2017/02/18(土) 08:26:50 ID:5dedd259c

    ともいなさん、こんにちわ!レガリア、この時になってお世話になってたなーって思いました。王子優先の犠牲其の二。昔の思い出で運転席にいるのはコル将軍に見えるのですが…気のせいでしょうか。ノクトが指輪をはめる時になかなかハマらないのが気になりました。このまま指輪物語になってしまうのかと…要塞のなかでアーデンがちょっとお喋りすぎたw彼も一人だから寂しいのかな。私は先週末やっとゲーム攻略しましたが、ともいなさんのブログ感想の展開がまだまだ楽しみです。

  2. 名前:くろねこ 投稿日:2017/02/18(土) 10:39:10 ID:67532faac

    更新乙であります。アーデンの罠に少し期待したけどどうせ大した策じゃないね?(笑)
    無理矢理ソロプレイに持ち込んだな制作……意味があるのか動かす手間のカットか(疑)

    レガリアから漂う、ゴーイング・メリー号感。車の精霊が出てもおかしくないシチュ。
    「今までありがとう」「レガリアァァアアアア!!」ちょっとカラーリングが合わないね。
    萌え萌えきゅんな絵柄でなかったのは確かに救いですが……感動の場面で失笑待ったなし。
    まあ今後フランキーみたいな匠が手掛ければ、ミニ・レガリア2号も登場するかもね(嘘)

    はて噂の13話ですが出だしはそこまで変じゃないような?しょせん噂は噂ですね!(油断)
    ルナ様にも設定上の大きな謎があったのでしょうが、結局何だったんだろ、あの娘さん?
    他の創作なら「制御のために創られた人造生命体で兄ちゃんとは実は血縁なし」とかさ〜
    そして「実は兄ちゃんはルナ様の事を女性として愛していてもやもや」とか。ベタやね〜
    でもまあ、そういうネタをぶち込んで料理するのが、通常のJRPGだと思うのでありますよ。
    良かれ悪しかれ説明が足りていないようなので二次創作が捗りますね、やってないけど(笑)

    猫社会に虐めがないとは言わないけれど、犬社会の階層付けも面倒なのであった。
    猫耳、犬耳、兎耳、狼耳、狸耳、みんな違ってみんないい。でも猿耳は見かけないね?(笑)

  3. 名前:もっちり食感 投稿日:2017/02/18(土) 12:30:51 ID:edee2e00b

    今日は、ブログ、いつもむっつり楽しんでます。

    ナデシコ懐かしい。
    さてはルリちゃん好きでしたね!?笑

    関係ないですがトモイナさんはクロックタワーシリーズは既プレイですか?
    Night Cry気になってます。

  4. 名前:沙良 投稿日:2017/02/18(土) 15:54:28 ID:9a800446b

    はじまりましたね、地獄のchapter13。
    私はレガリアレースが下手くそなので、二回ほどゲームオーバーしました。イグニスのありがたさが身に染みました。
    やっとノクトが指輪を嵌めてくれたと安心したのは、ルーナでもレギス陛下でもゴリラでもイグニスでもなく、アーデンが一番だと思います(笑)

    FF15は面白いんですが、Lv99のキャラがLv37のモンスターに手こずるほど弱いのはどーにかならないかと思います。そんな雑魚を一撃で仕留められないって……限界突破アビがノクトにはないって……

  5. 友達がいない男 名前:友達がいない男 投稿日:2017/02/18(土) 21:24:19 ID:aa2f25f2e

    >ももさん
    コメントありがとうございます!

    こんにちわ!
    レガリアは何気に役に立っていますからね。
    まあ後半はファストトラベルに役目を取られるんですけどね・・・・・・
    運転席にいる人がコル将軍かはちょっとわからないですw

    指輪がなかなかはまらないのではなく、アレは指輪をはめるのを躊躇していたんだと思いますよ!
    指輪はルナ様や親父を思い出してしまいますからね・・・・・・そう簡単にはめられる物ではないのです。

    アーデンはノクト煽るのに命かけてますよねw

  6. 友達がいない男 名前:友達がいない男 投稿日:2017/02/18(土) 21:32:15 ID:aa2f25f2e

    >くろねこさん
    コメントありがとうございます!

    乙ありです!
    策も特になく、ただ分断しただけって感じですねw
    フランキー役はシドニーですね。どうやら改造すると空も飛べるらしい・・・・・・

    13章の出だしは変どころか、むしろ良い方です。
    ただし次回からレイヴスとプロンプトがやらかします。

    クソー! 平和な動物はいないのか!

    (レガリアから漂う、ゴーイング・メリー号感。
    なんかスゴイ納得したw

  7. 友達がいない男 名前:友達がいない男 投稿日:2017/02/18(土) 21:37:22 ID:aa2f25f2e

    >もっちり食感さん
    コメントありがとうございます!

    楽しんでいただけて何よりですw これからもむっつり楽しんでください!
    言わずもがなルリちゃんはトモイナの嫁。今でも使用するレベル。

    (クロックタワーシリーズ
    もちのろんでプレイ済み。
    Night CryはPCゲームなのでプレイせず。

    こちらは実況動画で確認しましたが、うーんって感じですね。
    シザーマンのデザインが幽霊みたいなのになっているのは残念。

  8. 友達がいない男 名前:友達がいない男 投稿日:2017/02/18(土) 21:46:59 ID:aa2f25f2e

    >沙良さん
    コメントありがとうございます!

    巷で噂のchapter13ですw
    しかしここでネタバレしてしまうと、噂されてるほどクソって感じじゃないですね。
    確かに面白くはないですが、世の中にはもっとクソゲーいっぱいありますから。
    レガリアはイグニスに運転してもらうことの方が多いですからねw

    (限界突破アビがノクトにはない
    そこまではプレイしていないのですが、限界突破ってとるとどうなるんですかね?
    ダメージ上限が突破するのかな?

  9. 名前:沙良 投稿日:2017/02/19(日) 15:12:39 ID:6e6fe29d4

    限界突破すると、仲間達のコマンド攻撃は上限9999を越えます。といっても30000くらいですけど。
    ノクトにはそれがないんですよね。シフトブレイク限界突破とかがあればいいのに。
    魔法は限界突破ありますけど、5連続とかの方がダメージ与えられたりします。
    イグニスは戦闘中、できるだけノクトを守ろうとくっついてサポートしてくれる親切設定ですが、プレイヤーとしては、ノクトを雑魚相手なら一人で戦えるくらい強くしたいんですよね…

    更新楽しみにしてます。寒暖差が激しいですが、お体を大切になさって下さい。

  10. 友達がいない男 名前:友達がいない男 投稿日:2017/02/19(日) 22:03:42 ID:65bd52d20

    >沙良さん
    コメントありがとうございます!

    ノクトにそれが無いのは致命的ですね。
    そもそもダメージが限界突破しても、仲間はすぐに死んじゃうんじゃ・・・・・・
    敵が強くなるにつれ、仲間があまり戦力にならないのが悲しいところ。

    最近あったかくなってきたのは良いですが、そろそろ恐怖の花粉症の時期が・・・・・・

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。