スポンサーリンク

ダイの大冒険 インフィニティ 感想39話 『わりぃけどよ、おれは無駄死にはごめんだ』

今回の記事について一言
『一人足止めする展開好き!!!』

 

※注意※
この感想日記は、ゲームのネタバレを含みます。ご注意ください。
筆者は初見プレイなのでネタバレコメントはお控えください。
なにとぞよろしくお願いします。

 

本編感想

前回のあらすじ:親父に記憶喪失にさせられたダイ君

メルル
「……ああっ! 来ます!」
「すごい憎悪のエネルギーが、この国めがけて!」


未来予知能力のあるメルルが、何かしらの侵攻を察知。
敵の侵攻を事前に察知するのは、超重要。
メルルお手柄! 可愛い上に有能!

 


ダイ君は、お城の地下に幽閉。

バランはダイの記憶を奪い
卵からかえった動物のような状態にしてしまったので
生まれて初めて目にしたものを親だと思い込んでしまい
危険だろうからという理由である。

クロコダイン
「もし今ダイをバランに合わせてしまったら」
「ダイは素直に奴を父親として受け入れるだろう」
「同じ紋章という動かぬ証拠があるゆえに」


そういうもんなのだろうか?
きっと本能的なという意味なのだろう。
泣き顔ダイ君可愛いね。

レオナ
「そのためには、こうするしかないのよ」
「かわいそうだけど、ダイ君のためだわ……」

 


ナバラの婆さんの水晶パワーにより
バランと三人の竜騎衆が迫って来ることを事前察知。
ナバラお手柄! 可愛くはないけど有能!

クロコダイン
「もしや、こやつらが竜騎衆!?」
「バラン配下の最強のドラゴンライダーたち」
「こいつらがドラゴンを操ったときの力は
魔王軍の軍団長に匹敵すると言われていた」


せめてヒュンケルが居れば……
っと、今の自分たちの戦力では、しのぎきれないかもと不安げなワニ。

まあ、こっちのメンバーで戦力になるの
クロコダインとポップしかいないから仕方ないね。
(一応レオナ姫も戦えるけど、戦力としては微妙である)

 

 

~ 敵前逃亡 ~

ポップ
「ハッハッハッハ!」
「こりゃもう打つ手なしだぜ」
「わりぃけどよ、おれは無駄死にはごめんだ」
「一足先にトンズラさせてもらうから、あとはてきとーにやってくれや」

レオナ
「なんですって!」
「突然ないを言い出すのよ!」


あまりの強大な敵相手に、やる気を失くすポップ。

クロコダイン
「ポップ!」
「おまえ、自分が何を言ってるのかわかっているのか!?」

ポップ
「わかってねえのはあんたらだよ」
「肝心のダイはこの調子」
「味方はボロボロ」
「敵は最強の軍団ときたもんだ」
「この上で一戦交えようなんざ、正気の沙汰じゃねえよ」

クロコダイン
「たとえ勝ち目なくとも仲間の為に命をかけて戦うのが
おまえたちアバンの使徒の信条ではなかったのか?」

レオナ
「そうよ! あなたダイ君の親友なんでしょ!」
「こんなダイ君を放って逃げようなんて、本気で言ってるの!?」

ポップ
「心配いらねーよ」
「どうせこいつぁ人間じゃねえ、やつらの仲間なんだ」
「大事にしてもらえるぜ、アッハッハッハ……」


嘘でも言いたくなかったやろうなあ……

 


これにはレオナ姫も黙っておれず、ポップの頬をビンタ。

女が男をビンタするのは許されてるけど
男が女をビンタするのは許されてない風潮あるよね。
(どんな理由であれ)

レオナ
「いいわ! どこへでも消えなさい」
「あなたのような人の力は借りません!」

ポップ
「へ、そりゃどーも」
「ありがとよ!」


一人去っていくポップ。
これにはクロコダインも幻滅である。

 


一人ポップを追いかけて来たメルル。

メルル
「嘘だったんですか?」
「ダイさんがたとえモンスターでも、おれの仲間だって言ったのは?」
「あの言葉も、あの時流した涙も、ぜんぶ?」

何も答えないポップ。

メルル
「私、きらいです」
「あなたのこと嫌いになりました!」

それだけ言い残して去って行くメルル。


わざわざ嫌いになった相手に、そんな事言わんでよろしい!

余談ですが
トモイナさんの大学の頃に”大橋君”という友人がいたんですが
彼は高校の時に「俺、お前のこと嫌いだから」
面と向かって言われたそうです。

 

 

~ 漢ポップ ~

ポップ
「……そういや昔、マァムにもぶん殴られて嫌われちまったことがあったな」
「……だけどよ、今度はあの時とは違うぜ……!」


ポップ
(おれ一人で行くって言っても、みんな止めただろう)
(だからああ言うしかなかったんだ、すまねえ)
(みんなはダイを守ってくれ)
(奴らは刺し違えてもおれが食い止める)
(たとえ勝てなくっても、一人でいいから人数減らしをしてやるさ!)
(だから……後は頼んだぜ!)


いや~、これですよ……!

ベタな展開ですが
仲間の為に悪役を買って出る……
これですよ……!(二回目)

最近はストーリー捻りすぎて、こういう王道ベタが足りないと思う。
これだよ……! 俺はこういうの求めてるんだよ……!
“エッチ”か”王道”のどっちかでいいんだよ!

まあよくよく考えると
ダイ君を守りたいのであれば一人で足止めするより
皆で協力した方が確率高いんじゃないかって思うけど
そんな細けぇことはいんだよ!!!

 

 

~ ダイの合計ダイジェスト時間 ~

約221分05秒

最長連続ダイジェスト時間:約21分35秒
フレイザード撃破 ~ ミストバーン戦


CGムービーではなく
紙芝居(ダイジェスト)部分のみ計算。
30秒未満の物は加算しないことにする。

最長連続ダイジェスト時間は
戦闘を挟まない連続したダイジェスト時間の合算。

 

 

次回:ダイの大冒険 インフィニティ 感想40話 『だが、この抵抗の代償は高くつく』
前回:ダイの大冒険 インフィニティ 感想38話 『集え! 三界の覇者、竜騎衆たちよ!』

コメント

  1. 散在していた面倒なヒーローの戦力は削いだ。合体を妨げる要素はねェ。
    いくぞ野郎ども!クサッたゲロ野郎に制裁だ!おおおおッ!!カッ!!!
    ・・・その時、俺の意識がこの世界に生まれた。俺の前世は。そして今は。
    黄金の耐腐食性の前にゲロブサの消化液など無駄無駄無駄無駄ァ!不快ィ!
    ・・・黄金トモイナ、爆誕。勝ったなシコ踏んで寝る。 ドシャァァァ
                        『LOLICOM-MAN』154撃目

    更新乙であります。おはようじょ〜!不安定な天気に不快指数up。
    さて今回の転生はハゲ無双世界ですね。おぴんぴんがぴんぴん。そっちじゃない。
    なお黄金トモイナはこの後、安全牌だと舐め切っていたキング様にノされます。
    え?タイトルからみて「トモイナさん=ハゲ」だろうって?んなわけねーだろ。
    「登場人物が全員ロリコン」なだけです。やったねトモちゃん友達ができるよ!

    >メルル「……ああっ! 来ます!」「すごい憎悪のエネルギーが(ry
    Oh!I’m coming !I’m coming !  一気に“洋モノDVD”っぽくなるね。
    フランスだとJe jouis!(ジュ ジュウィ)ってところか。I’m enjoy ぐらいの意味。
    ……客観視するとこの子、なーんかヤヴァい“電波少女”みたいだよなあ。
    >敵の侵攻を事前に察知するのは、超重要。
    侵攻時期や兵力がわからない以上は効力半減。まあ、それは用兵側の責任だ。
    >メルルお手柄! 可愛い上に有能!
    おにゃのこへの査定は甘い男、孤独トモイナ。おにんにんが付いていると厳しい。
    >ダイ君は、お城の地下に幽閉。
    勇者様“拷問”の時間です。アニメは2期もあるよーで、ちょっと嬉しい。
    >黒子「ダイは素直に奴を父親として受け入れるだろう」
    汚い大人って汚い。でも「大義親を滅す(たいぎしんをめっす)」ともいう。
    この場合は甘ったれた「親子の情」以前に「味方の存続」を優先すべき事項ッス。
    ……まあSWのルーク君よりはマシだろ。“父親殺し”にならずに済んだんだし。
    >泣き顔ダイ君可愛いね。
    ダイ虐。    さぁて「トモ虐」はどーしよーかなー?(メスガキ感)
    >レオナ「かわいそうだけど、ダイ君のためだわ……」
    彼女は本当は、なにかムズムズするものを下腹部に感じていた。イジメテヤル
    >ナバラお手柄! 可愛くはないけど有能!
    なんでや可愛いやん。人間レーダー初号機。ちょっと旧型だけど性能はいい。
    >黒子「バラン配下の最強のドラゴンライダーたち」
    読者の期待を高めてくれるワニ。実に使い勝手がいい解説キャラやね。
    >せめてヒュンケルが居れば……
    あいつ公式チートやけど、微妙なところもあるからなあ。
    むしろ公式戦1勝11敗1分けのクロコダインのほうが、仲間としては高評価。
    特に遅滞戦術や威力偵察などのミッションにおいては、他の追随を許さない(笑)
    なお三条先生曰く、(クロコ登場は)「最初はどすこいというセオリーに則った」
    ……デッカいキャラを最初に出し、後から仲間(噛ませ要員)として再雇用だよね。

    >あまりの強大な敵相手に、やる気を失くすポップ。
    ポップ株、大暴落の瞬間。証券取引所は悲鳴と怒号に覆われた。
    >これにはレオナ姫も黙っておれず、ポップの頬をビンタ。
    拳だと逆に自分の手指を痛めるからね。ビンタなら、まあ。
    >男が女をビンタするのは許されてない風潮あるよね。
    某・闘魂レスラー氏は、女性相手でもビンタをかましてましたにゃあ。
    でも相手の同意があってのこと、パンピーがやったら非難轟轟。┐(´д`)┌
    ちなみに。セイラさんがカイ君に放ったビンタは耳の上から綺麗に振り抜く。
    フルスイングの美しい軌道は「ビンタの御手本」なので、見習いたいものだ。
    >一人去っていくポップ。これにはクロコダインも幻滅である。
    これがトモイナさんだったら「アイツらしいな」と放置される。人徳の差よの。
    >わざわざ嫌いになった相手に、そんな事言わんでよろしい!
    それまでは「嫌いではなかった」「ちょっとは意識していた」つーこった。
    男トモイ…ポップ、失恋の危機。がんばれポップ。負けるなポップ。←ハナホジ
    >彼(大橋君)は高校の時に「俺、お前のこと嫌いだから」と面と向かって言われた
    イマジナリーではなかったフレンドの大橋さんッスね、チィース!(笑)
    ちなみに。あーしはトモイナさんの別名義で、自演キャラなのれす!(大笑)

    >漢ポップ「……だけどよ、今度はあの時とは違うぜ……!」
    もう少し“やり方”ってもんがあるだろ、この(愛すべき)不器用者めッ!
    「1人でレジスタンスやってもただの自己満足だぞ」とは思うんですが。
    これは戦争であり、戦争であるからにはロマンチシズムは排さねばならない。
    そー考えるあーしは、どーやっても“戦士”にはなれないよーです。
    (「去り際のロマンティクス」ならSEEDやね。聴きすぎて覚えちまった……)

    ーーーーーーー
    【ねこ健康塾】朝バナナ健康法【試してみる?】

    明治・大正ごろに活躍した歌人に、与謝野鉄幹という男がおりました。
    北原白秋らを輩出した雑誌『明星』を主宰した人で、与謝野晶子の旦那ッス。
    ・女学校の国語教師をやっていたら、生徒を食べた。少なくとも2人。
    ・その一方と結婚し、もう一方とは不倫した。離婚と結婚。チャラ男やなコイツ。
    ・さらに、嫁さんの友だちの晶子と不倫。(実は晶子のほうがアタッカー)
    ・無事に略奪愛が成立。鉄幹と晶子に間には6男6女が生まれた(!)

    で、この鉄幹さん。「相対会」という研究会に、入会を希望したんだよ。
    主宰者は小倉清三郎という性研究家で、S◯Xを真面目に語ろうという会合。
    (芥川龍之介や平塚雷鳥、坪内逍遥もメンバーだったというから困ったもんだ)
    小倉(面接官として)「えー、これまでに、特異な性体験はされましたか?」
    鉄幹「はい。妻(晶子)のアソコにバナナを入れて、翌朝食べるんです」
    小倉「うーん。鉄幹先生、それぐらいならみなやってますよ」
    ……そーいうもんなんか?さすがは(変態)日本人である。大正デカダン怖るべし。

    鉄幹「乙女の官能の熱で熟成されたバナナは愛の味がした」しねーよ。
    トモイナさんも特製健康バナナ、いかがでしょうか?(笑)

    • >くろねこさん
      コメントありがとうございます!

      乙あり幼女はワンピースが似合う!
      黒い〇子、強キャラで好きw

      (不安定な天気に不快指数up。
      最近天気悪いっすね……
      休みの日は良いけど、通勤日は鬱!!!

      (一気に“洋モノDVD”っぽくなるね。
      洋モノは喘ぎで萎える……

      (侵攻時期や兵力がわからない以上は効力半減。まあ、それは用兵側の責任だ。
      そこはおばさまの出番や!

      (おにゃのこへの査定は甘い男、孤独トモイナ。おにんにんが付いていると厳しい。
      女性に優しいとか、トモイナさん紳士やん!

      (勇者様“拷問”の時間です。アニメは2期もあるよーで、ちょっと嬉しい。
      アレは一話で切った!

      (さぁて「トモ虐」はどーしよーかなー?(メスガキ感)
      若い娘に虐されるのは良いが
      若くない女に虐されるのはキレるぜ!

      (なんでや可愛いやん。人間レーダー初号機。ちょっと旧型だけど性能はいい。
      お婆ちゃん的な可愛さはあるけど
      女としての可愛さは無い。

      (実に使い勝手がいい解説キャラやね。
      戦闘の時も、敵の強さが見せられるからね。

      (むしろ公式戦1勝11敗1分けのクロコダインのほうが、仲間としては高評価。
      これだけボロ負けで読者からも仲間から評価されるクロコダイン凄いよね。

      (でも相手の同意があってのこと、パンピーがやったら非難轟轟。┐(´д`)┌
      今回だってポップの同意ないやんけw!

      (これがトモイナさんだったら「アイツらしいな」と放置される。人徳の差よの。
      確かにwww

      (あーしはトモイナさんの別名義で、自演キャラなのれす!(大笑)
      俺が毎回俺にコメントして、俺が俺に毎回返信してるんだぜ!
      トモイナ猫も”くろねこ”ですし、これは自演の証拠ですわ……
      トモイナさん自演乙!

      (【ねこ健康塾】朝バナナ健康法【試してみる?】
      トモイナさんのバナナを食してくれる女性はいないのであった。

  2. 更新乙ダイ!

    >「俺、お前のこと嫌いだから」と面と向かって言われたそうです。
    えー!?大橋さんめちゃくちゃ可哀そう。
    どういう経緯があったか分からないけど、んな事言わずに距離置けって感じですねw

    >せめてヒュンケルが居れば……
    漫画とかでありがちな、主役不在の時のピンチというシチュエーション…燃える!
    こういう時に弱キャラが一矢報いる展開も好き…。
    (ポップは強い部類だからちょっと違うけど)

    >いや~、これですよ……!
    いや~、これですよ……!(3回目)

    いつの時代も王道展開は良いですなあ。
    最近の漫画ももちろん好きだけど、昔の方が素直な王道展開という感じ。

    記事内で紹介するかもしれないけど
    ポップが嘘を付いていたのをクロコダインが気づいて
    「お前を蔑んだ俺を…許してくれ!」
    って泣きながら言うのシーンもめっちゃ好き。

    • >マサキさん
      コメントありがとうございます!

      乙ありダイ!

      (えー!?大橋さんめちゃくちゃ可哀そう。
      大橋君可哀そうよね。
      なんかいきなり友達(?)に言われたらしいw
      なので大橋君は、わりと人間不信。

      (こういう時に弱キャラが一矢報いる展開も好き…。
      わかる!
      ポップは強いけど、一応勝てそうもない相手に一矢報いたというシチュだから好き。
      強呪文じゃなくて”イオ”で倒すのも良き。

      (最近の漫画ももちろん好きだけど、昔の方が素直な王道展開という感じ。
      それな!
      どっちも良いけど、最近は王道が少ない気がします……

      (って泣きながら言うのシーンもめっちゃ好き。
      もう既に一番書きたいところを指摘されてて草

  3. こんばんは。
    更新、お疲れ様です。

    王道展開かもしれませんが、ここのポップが、一番かっこいいと思います。

    確かに、ずっと気になっていたのですが、ポップも一緒に城で守っていた方が良かったんですかね。
    よく分かりませんが、この展開の方が、かっこいいと思います

    私はpso2ngsを始めてみました。
    久しぶりのオンラインなので、結構難しいです。

    • >aomameさん
      コメントありがとうございます!

      乙ありお久しぶりです!
      ここのポップ格好良いですね!
      てか、バラン編のポップは最高に格好良い!

      (この展開の方が、かっこいいと思います
      自分もそう思いますw

      (久しぶりのオンラインなので、結構難しいです。
      久しぶりにやるものは、難しく感じますよね!

  4. ポップかっけぇ…
    このあたりが連載されてた時期は、ジャンプ本誌でもダイ大は絶大な人気だったんですよね。若い人は知らないでしょうけども。

    竜騎衆に初手ベタンかますところは、ダイジェストじゃなくて操作できると信じています…

    • >たんたらすさん
      コメントありがとうございます!

      ここのポップまじで男ですよ……
      後のクロコダインの台詞も大好き!

      (若い人は知らないでしょうけども。
      名作とはいえ、時代と共に忘れられていくのは悲しいなあ。
      このゲームがもっとまともなら……!

      (ダイジェストじゃなくて操作できると信じています…
      残念ながらw