スポンサーリンク

ダイの大冒険 インフィニティ 感想38話 『集え! 三界の覇者、竜騎衆たちよ!』

今回の記事について一言
『竜騎衆ってラーハルトだけ強すぎるよね』

 

※注意※
この感想日記は、ゲームのネタバレを含みます。ご注意ください。
筆者は初見プレイなのでネタバレコメントはお控えください。
なにとぞよろしくお願いします。

 

本編感想

前回のあらすじ:必殺技をバランにぶつける

ダイ君の必殺技とクロコダインの必殺技が、バランに直撃。


しかしバランは
竜闘気(ドラゴニックオーラ)を全開にし耐えていた。
ここのバラン、格好良いね。

ポップ
「うあっ、どうしようもねえ!」
「アバンストラッシュと獣王会心撃を同時にぶちこんでも
無傷じゃあ打つ手がねぇじゃねぇかよ!」


──っと、嘆くポップでしたが、バランの額から血が。
竜闘気を貫き、ダメージを与えられたようです。
これにはバラン本人も驚き。

 

バランは、これはダイだけの力ではなく
仲間たちの力が大きく作用しており
本来の力を数倍にまで高めていると予想。

バラン
(その絆を断ち切ってしまわぬ限り、ダイの力は果てしなく大きくなる)
(へたをすれば、この私をも脅かすほどに……)


そう考えたバランは、ダイの力の根源を奪うことに。
毒親みたいな考え。

 

 

~ 虐待にも程がある ~


バランがなんか気合を入れて額の紋章を輝かせると──


甲高い音と共にダイ君の額の紋章も輝き
ダイ君は苦しみ始めた。

ポップ
「なんだあっ!?」
「この音はぁ!?」

レオナ
「共鳴してるんだわ!」
「二人の竜の紋章が!」


過去の出来事が走馬灯のように脳裏に過(よぎ)り
苦しみ続けるダイ君。

 

クロコダイン
「音がやんだ?」
「バラン! 貴様なにを!?」

バラン
「息子には、もはや不要な物を奪った」
「そのため力を使いすぎたわ……」
「この場はひとまず退かせてもらう」
「いずれあらためてディーノを貰いに来るぞ!」


去っていくバラン。

ダイ君に対しては息子に言われたから”ダイ”と呼ぶけど
やっぱ自分でつけた名前の”ディーノ”で呼びたい感が
ヒシヒシと伝わってくる。

 

ダイ
「うう……」

ポップ
「ダイ! 大丈夫だったか?」
「良かった! ホッとしたぜ!」

反応の無いダイ君。

ポップ
「……どうしたんだい、ボーっとしちゃって?」

ダイ
「……きみたち、だれ?」
「どうしてこんなところにいるの、ぼくは?」


全ての記憶を失ったダイ君。
実の親とはいえ、さすがにこれは酷すぎますな。
虐待ってレベルじゃない。

 

 

~ 竜騎衆(りゅうきしゅう) ~

バラン
「集え!」
「三界の覇者、竜騎衆(りゅうきしゅう)たちよ!」
「今こそ超竜軍団、決戦の時!」


息子の記憶を奪った親父は
竜騎衆という自分の軍団を呼び寄せていました。

左から
・空戦騎”ガルダンディー”
・陸戦騎”ラーハルト”
・海戦騎”ボラホーン”
です。

いかにも噛ませな三人。
──っと見せかけて、一人だけ噛ませじゃない集団。
まあこのゲームだと、三人とも噛ませで終わるけど。

 

ラーハルト
「数年ぶりですね」
「我ら三人がバラン様のもとに集うなど」

ボラホーン
「我々全員の力を欲するとは
いったいいかなる事態が起こったのです?」

ガルダンディー
「世界を燃やし尽くす日でも来たのですか?」
「クククク!」


バランはこれまでの経緯を説明。
相手の結束力によって、自身が傷を負ったことも。

ガルダンディー
「バラン様が手傷を!?」

ボラホーン
「それで、このアルゴ岬に来られていたのですな」
「ここは竜の騎士が力を回復する奇跡の泉があると言われる所」

バラン
「ウム」
「来た理由はそれだけではないがな」

ラーハルト
(奥方様のことか……)


バランは自身の息子を取り戻すべく
竜騎衆と共に、再度ディーンの奪還への決意を固める。

バラン
「戦の準備を整えて来る」
「しばし待て」

 

謎の泉にて──

バラン
(ソアラよ……)
(今度こそディーノを奪い返してくるぞ)
(薄汚い人間の手からな)


ちなみに”ソアラ”とは、バランの奥さんのことです。
バランとは”出来ちゃった結婚”
竜の騎士も性欲には勝てなかった。

 

バラン
「我ら超竜軍団は、これよりテラン王国に向けて出陣する!」
「我が息子ディーノを加えれば、我らの戦力は完全無欠となろう!」
「続け、者ども!」


バランと竜騎衆は、ディーノ奪還へと進軍するのであった。

 

 

~ イケメンテラン王 ~

一方ダイ君──


記憶を失ったダイ君に、なんとか過去を思い出させようとしても
猛烈に頭を痛み出してしまいお手上げ状態。

その様子を見たレオナ姫は
ダイ君を連れてテラン王へとの謁見に向かった。
(竜の騎士の伝承とかに詳しい為)

 


テラン王が言うには
「記憶を奪われたのは、思念波の力かも」
とのこと。
テラン王イケおじすぎる。

レオナ
「記憶を戻すには、どうすればよいのでしょう?」

テラン王
「それはわからぬ」
「我らは竜の神を祀(まつ)る者」
「竜の騎士様の存在は知っておるが
その力をの全てを知る者ではない」

レオナ
「そうですか……」
「では、彼をかくまうのにこの城を使わせてもらえませんか?」
「この国で一番強固な建物ですから」

テラン王
「あくまで戦うのか」
「竜の騎士様と?」

レオナ
「戦います」
「テランの皆さんはバランの攻撃を
天命か何かだと思っていらっしゃるようですが──」
「あれは人間に対する侵略です」
「侵略に対しては戦います」


レオナ姫の覚悟を聞いたテラン王は
レオナ姫に協力してあげることに。

今の日本で、戦いはやめようとか寝言抜かしてる奴等がいるけど
やっぱ侵略して来た敵に対しては、戦わないといけないよな。

 

それにしてもずっと竜の神を祀るスタンスの国だったのに
竜の騎士様と敵対する行為は、テラン王的には良いんかな?

 

 

~ ダイの合計ダイジェスト時間 ~

約216分09秒

最長連続ダイジェスト時間:約21分35秒
フレイザード撃破 ~ ミストバーン戦


CGムービーではなく
紙芝居(ダイジェスト)部分のみ計算。
30秒未満の物は加算しないことにする。

最長連続ダイジェスト時間は
戦闘を挟まない連続したダイジェスト時間の合算。

 

 

次回:ダイの大冒険 インフィニティ 感想39話 『わりぃけどよ、おれは無駄死にはごめんだ』
前回:ダイの大冒険 インフィニティ 感想37話 『竜闘気(ドラゴニックオーラ)!』

コメント

  1. 転生したら今までと何も変わらない「現代日本」だった……一見は。
    通勤電車の中では、今日も痴漢どもが好き放題に暴れていた。匂うぞお前ら。
    公衆トイレではサラリーマンが、壁から無数に生えた尻に向かって放出中だ。
    二人組女児が引っ張る鎖の後ろには、恍惚とした表情の首輪男が引き摺られ。
    あー何と言うかその、どーやらここは「ハードエロゲ世界」らしいのだった!
                         『鬼畜王トモイナ』現代日本編

    更新乙であります。おはようじょ〜!今日も日本列島は雨模様なのかな?
    さーて今回のトモイナさんは……はい、最後のくだりですね。嬉しそうで何より。
    ここからどーやって「鬼畜王」になるのか愉しみッス。一応はマルチエンドだお。
    『ダイ大』もいっそのことアダルト路線で出せば……誰得やねん。(売れなさげ)

    >『竜騎衆ってラーハルトだけ強すぎるよね』
    仕方ないだろ。コンビ芸人でも、一方だけが注目されて生き残る事があるんや。
     ラーハルト→ AGIとDEXが異様に高そう。実質コイツだけでいい。
     ガルダンディー→ 最低限の技はあるしボラよりはマシ。た、たぶんね。
     ボラホーン→ 変なノイズだけが記憶に残る。ガタイの割に力負け。
    どーせなら3人がフュージョンしてダイマックス化すればワンチャン……ねえよ。
    >しかしバランは竜闘気(ドラゴニックオーラ)を全開にし耐えていた。
    「気」という万能概念。いかにも“鳥山チック”ではある。シュンシュンシュンシュンシュン
    >ポップ「うあっ、どうしようもねえ!」
    ギャラリーに対していちいち口頭で説明してくれる、解説キャラの鑑。
    こーいう発言を出来るということは、まーだ余裕があるんやろ。働け社畜。
    >竜闘気を貫き、ダメージを与えられたようです。
    顔の皮膚は割と切れやすく、大きな傷でなくてもかなり流血しますので。
    これがハドラーだったら「鼻血」でしょうから多少は配慮されてますな!
    >仲間たちの力が大きく作用しており本来の力を数倍にまで高めている
    ジャンプ名物の“友情パワー”ですな。御都合…もとい、ゆで理論。
    >そう考えたバランは、ダイの力の根源を奪うことに。毒親みたいな考え。
    その容貌も含めて漂うエンデヴァー感。奥さん子供はもっとキレていい。

    >バランがなんか気合を入れて額の紋章を輝かせる
    すぐ光りたがるよね。透過光が大活躍だぜイエーイ。
    ちなみに。初代ガンダム(1979)の頃のセル画は、たった70色だったという。
    後のクラッシャー・ジョーで120色に増えたので逆に困った、と安彦センセ。
    1988年の『となりのトトロ』で約300色。当時としては多い方ッスね、はい。
    ……現代アニメは、先人たちの労苦の伝統の上に成り立っているのであつた。
    >レオナ「共鳴してるんだわ!」「二人の竜の紋章が!」
    ハリー・ポッター(クソガキ)とヴォルデモート(厨二病蛇オタハゲ)の関係ですな。
    ちなみにあの話。自分が英国人でなければサッサと転校して終わりですね(苦笑)
    ……『ホグワーツ』は楽しいけれど、日本人を作ってもソレっぽくならんのよ。
    >ダイ「……きみたち、だれ?」
    やったぜ。これからどのように洗脳…教育してやろうか。滾る瞬間。
    もしダイが少女だったら……おまわりさんトモイナです!(タイーホ)
    >実の親とはいえ、さすがにこれは酷すぎますな。
    元々がイレギュラーな親子関係なんだし、しゃーない。切り替えていけ。

    >バラン「今こそ超竜軍団、決戦の時!」
    なぜ呼んだし。話数を稼ぐため……とかは、言ってはならない。
    でもまあ、某・偽乳特戦隊ぐらいの存在感はあるじゃろ。た、たぶんね。
    >まあこのゲームだと、三人とも噛ませで終わるけど。
    そーいうところにオリジナリティを発揮しなくてもよろしい!
    >ラーハルト(奥方様のことか……)
    あっ(察し)。お前のような勘のいい配下は嫌いだよ。
    >バランとは”出来ちゃった結婚”。竜の騎士も性欲には勝てなかった。
    いわんやトモイナさんをや。性欲だけならバランにも勝る男。なお結果。
    なお“ソアラ”といえばトヨタのブランド車。1981-2005年。覆面パトもあるでよ。
    >バランと竜騎衆は、ディーノ奪還へと進軍するのであった。
    ディーノを加えたら陸海空の三軍も再編が必要ですな。リストラは…トド?

    >猛烈に頭を痛み出してしまいお手上げ状態。
    ポップ・クロコダイン・マァムのクリーンアップが、バックスクリーン三連発!
    ちなみに今年のセンバツから「飛ばない金属バット」に替わったらしいね(苦笑)
    >テラン王イケおじすぎる。
    あげません!    (イケオジ友の会)

    >やっぱ侵略して来た敵に対しては、戦わないといけないよな。
    民間人の立場のままで抗戦すると後で厄介なことになるぞ。ちゃんと志願しろ。
    ちなみに「民兵」であっても戦闘員として認められるには条件があって……
    ・紛争当事者に属している。関係ないやつは口を出せない。
    ・部下について責任を負う指揮官がいる。ただの烏合の衆ではあかんのや。
    ・遠くからでも判り易い識別方法。武器は公然と携行する。隠し武器はあかん。
    ・武力紛争法を遵守する。いきなり毒ガスや核やジェネシスを使ってはならぬ。
    ・他国の侵略に対して住民が行う自衛戦闘は「群民兵」として追認される。
    ……でも日本の場合は「厄ネタ」ッス。私兵集団はヤバいんよ(「楯の会」かよ)

    ーーーーーーー
    『RONIN』『DRAGONS DOGMA』『アウトキャスト』の、地獄進行中。
    ・ローニンでござるニンニン
     良かれ悪しかれ「コーエー作品」だなあ。主人公は無難に男女ペアにした。
     武士というよりも忍者寄りの設定なんだけど……まずはペルリ暗殺?!(笑)
    ・燃えよドラゴンズドグマ2
     今のところ、コレに一番集中してる。主人公は女の子でメインポーンは獣人さ。
     キャラクリで拘って作っていたら橋本◯奈嬢っぽくなっちった。なぜだ!
    ・コナンではないアウトキャスト
     前作が古いだけに、やはりどこか古臭さが漂ってる。つーか既視感が。
     時間が勿体無いので後回しにされる可能性が大。でも、あとちょっと?

    • >くろねこさん
      コメントありがとうございます!

      乙あり幼女というか若い娘が好き!
      ハードエロゲの世界は憧れますが、自分の命も危険そうなのがなあ。
      雨だとちょっと早く起床してのバス通勤だからめんどくせ!

      (『ダイ大』もいっそのことアダルト路線で出せば……誰得やねん。(売れなさげ)
      レオナ姫とメルルはエッチやぞ。

      (コンビ芸人でも、一方だけが注目されて生き残る事があるんや。
      確かにwww

      (「気」という万能概念。いかにも“鳥山チック”ではある。シュンシュンシュンシュンシュン
      この使い易い概念産み出した人天才やで。

      (こーいう発言を出来るということは、まーだ余裕があるんやろ。働け社畜。
      発言する余裕もないと漫画として成り立たんw

      (ジャンプ名物の“友情パワー”ですな。御都合…もとい、ゆで理論。
      少年漫画はそれでいいのだ!

      (その容貌も含めて漂うエンデヴァー感。奥さん子供はもっとキレていい。
      どっちも更生したから……

      (……現代アニメは、先人たちの労苦の伝統の上に成り立っているのであつた。
      ガンダムはセル画の方が好きや。

      (……『ホグワーツ』は楽しいけれど、日本人を作ってもソレっぽくならんのよ。
      ハリポタ一作目しか見てないから、よくわからん!

      (もしダイが少女だったら……おまわりさんトモイナです!(タイーホ)
      やっぱ少女は、真っ白な状態から洗の…教育しないとなあ!

      (なぜ呼んだし。話数を稼ぐため……とかは、言ってはならない。
      念には念を入れてやろ!

      (あっ(察し)。お前のような勘のいい配下は嫌いだよ。
      むしろ好かれてた件!

      (性欲だけならバランにも勝る男。なお結果。
      全敗な模様。

      (ディーノを加えたら陸海空の三軍も再編が必要ですな。リストラは…トド?
      伝説の魔界編!

      (『RONIN』『DRAGONS DOGMA』『アウトキャスト』の、地獄進行中。
      くろねこ氏の感想みたところ、ドグマ2が一番面白いっぽい?
      てか同時進行してらっしゃるんですねw

  2. 更新乙ダイ!

    >実の親とはいえ、さすがにこれは酷すぎますな。
    でも、もしトモイナさんの娘が生き別れしたとして、チャラ男に身も心も捧げてたとしたら、チャラ男ブッ◯した上で娘の記憶奪いそうw

    >まあこのゲームだと、三人とも噛ませで終わるけど。
    ラーハルトェ・・・。

    微妙に関係ないけどラストバトルが
    ダイ ポップ ヒム ラーハルト アバン
    という精鋭メンバーなの好き。

    >約216分09秒
    いつの間にかとんでもない時間になってて草

    • >マサキさん
      コメントありがとうございます!

      乙ダイありです!

      (チャラ男ブッ◯した上で娘の記憶奪いそうw
      もちろんチャラ男はドルオーラで消滅させて
      娘の記憶を奪って、無知シチュを楽しむぜ!

      (という精鋭メンバーなの好き
      チームバランス良いですよねw
      この中にラーハルト入るのがすごいw

      (いつの間にかとんでもない時間になってて草
      まだまだ増えるぜ!