スポンサーリンク

ときメモGS4 感想40話 『花椿友情物語 後編』

今回の記事について一言
『マリィ信仰の理由が分かった気がする』

 

※注意※
この感想日記は、ゲームのネタバレを含みます。ご注意ください。
筆者は初見プレイなのでネタバレコメントはお控えください。
なにとぞよろしくお願いします。

 

本編感想

前回のあらすじ:修学旅行一人じゃなかった

二年目文化祭──

友田
「迷路だよ~」
「見事ゴールできたら、搾りたて牛乳が飲めるよ~」

みちる
「搾りたて?」
「それは気になる・・・・・・」

ひかる
「ていうか迷路って」
「マリィのクラス、面白いコト考えるねぇ!」


花椿姉妹は別クラスって、わりと忘れがちな設定。
開発側もその設定忘れてそう。

花椿姉妹のクラスの出し物ってなんだろう。
自分のクラスの手伝いしなくて良いの?

みちる
「ヒカル、こういうの得意でしょ?」

ひかる
「まっかせて♪」
「新記録で突破しちゃうんだから!」

友田
「ふふ!」
「では二名様、ごあんなーい!」

 

 

~ 高め合い ~

高校生活三年目。
今年も去年と同じ、花椿姉妹と初詣。

今年のマリィのおみくじの結果は”大吉”
前年度”大凶”だった花椿姉妹のおみくじの結果は──

ひかる
「大吉っ(はぁと)」
「超ハッピ~♪」

みちる
「私も」
「毎日が幸せなのに、これ以上幸せになったらもったいない」
「マリィにもおすそ分けしてあげる」

ひかる
「ひかるも!」
「マリィにハッピーのおすそ分けしちゃう(はぁと)」
「だから、今年もずっと一緒にいようね!」


みちるちゃん・・・ヒカルちゃん・・・・・・好き!!!
幸せを他人に分けてあげられる人間に、僕はなりたい。

みちる
「これで初詣は終わりかな」

ひかる
「えー」
「ひかる、もっとマリィと一緒にいた~い!」

みちる
「私もそうだけど」
「元旦から束縛しちゃダメ」
「マリィにも都合があるだろうし」

ひかる
「そっか・・・・・・だよね!」
「マリィ、また学校で会おうね(はぁと)」

友田
「うん!」
「今日は誘ってくれてありがとう」

みちる
「こちらこそ」
「今年は三年生にもなるし、お互い高め合いましょ」

ひかる
「今年もいっぱい遊ぼうね♪」
「ア・ビヤントー!」


お互いを高め合える友達・・・・・・いいよね。

しかし花椿姉妹のレベルが高すぎて
高め合うとかいう問題じゃない気がしないでもない。

 

 

~ モデルを始めたきっかけ ~


花椿姉妹とのランチ中。
花椿姉妹がなぜモデルを始めたかを聞いてみる。

みちる
「双子で」

ひかる
「カワイイからっ(はぁと)」

友田
「それはわかるけど、それだけ?」

ひかる
「え、ヘンかなぁ?」

みちる
「マリィがいてくれたらトリオになれる」
「一緒にどう?」

友田
「えぇっ!?」
「そんなのムリだよ!」

ひかる
「ぜーんぜんムリじゃないよ」
「マリィは世界一カワイイもん」

みちる
「うん」
「マリィは世界でいちばんカワイイ」


いつもマリィ推しな花椿姉妹だけど
ここは特にマリィ推しで笑ってしまったw

 

 

~ 強制退部 ~

友田
「電話・・・・・・?」
「あっ、部長からだ!?」

部長
「また全体練習をサボって!」
「あなたは退部してもらいます」
「それじゃ!」


昔からそうだけど
二回部活サボっただけで退部って厳しいよね。
二回サボって退部なら、会社何回退部させられてるかわかんねえぞ。

 

 

~ 就職先 ~

バイト終了後の花椿屋にて──

友田
「片付け終了っと」
「今日もすごく忙しかったな」

店長
「今日もお疲れサマ!」

友田
「あ、店長」
「お疲れ様です」

店長
「あなたのおかげで、お店も私もすごく助かってるの」
「そこで、相談なんだけど・・・・・・」
「高校を卒業したら、うちへ就職する気はないかしら?」
「考えてもらえると嬉しいわ」

友田
「は、はい・・・・・・」


バイト先からスカウトされた友田ちゃん。

就職先決まってないし、就職先ここでいっかー。
適当だけど、高校三年生の時に就職の事なんか聞かれても
俺はよくわからなかったわ。

 

 

~ 友達 ~

みちるちゃんと喫茶店にて──

友田
「みちるさんにとって、学校生活ってどう?」

みちる
「マリィのおかげでとっても楽しい!」

友田
「ふふっ、わたしもだよ!」

みちる
「私もヒカルも、ほら・・・・・・」
「家がちょっと特殊でしょ?」
「だから・・・・・・」
「多くの人にちやほやされることはあっても
本当のお友達といえる人はいなかった」

友田
「そっか」
「モデルだし、その・・・・・・
はばたき市では有名な花椿一族、だから?」

みちる
「まあね?」
「でもマリィ、あなたは違う」
「私たちはあなたの前なら、素顔のままでいられる」
「今、初めて、みんなと同じように
高校生活を送ることができてるの」
「本当にありがとう、マリィ」

友田
(みちるさん・・・・・・)


花椿姉妹は世界的に有名だから
やっぱ他の人達からは、一歩引いた感じで接されるんでしょうね。
いきなりマリィとか呼んでくるし。

そんな中、マリィが普通(?)に接してくれたのが
花椿姉妹としてもすごい嬉しかったんだなあ。
ちょっと感動。

初めての友達だから
あんなにマリィ信仰なのかもしれない。

 

 

~ フローラ・エンジェルズ ~

高校最後の文化祭。
友田ちゃんのクラスは、いつものように”演劇”

友田
(もうすぐ開演だ・・・・・・)

???
「緊張してるの?」


っえ!? 何その衣装・・・・・・
セーラームーンっぽい。

友田
「みちるさん、ひかるさん」
「失敗できないって考えたら、ドキドキしちゃった・・・・・・」

ひかる
「ノンノン♪」
「”フローラ・エンジェルズ”は無敵でしょ?」

友田
「あ・・・・・・」

みちる
「パープルの言うとおり」
「ね、ホワイト?」

ひかる
「そうそう、ピンク♪」
「ホワイトはリーダーなんだから、ねっ?」

友田
「うん・・・・・・がんばる!」

ひかる
「その意気!」
「カワイク見せたら、もうそれで大成功だよ(はぁと)」

みちる
「さあ、勇気を出して、ホワイト!」

マリィもこの恰好してんのか・・・・・・
(しかもリーダーのホワイト)
三人とも恥ずかしくないんか。

 

開演──


「憎い・・・・・・幸せなカップルたちが憎い~!」
「デートの邪魔をして、恋をめちゃくちゃにしてやる!」

???
「そんなこと、させるわけないじゃん」


「誰だっ!」

みちる
「人の恋路を邪魔するなんて、馬に蹴られてしまいなさい!」


「おのれ!」
「”フローラ・エンジェル”め」
「ジャマをするなぁ~!!」

ひかる
「恋人たちのエトワール(はぁと)」
「パープル・エンジェル!」

みちる
「恋の番人」
「ピンク・エンジェル!」

友田
「恋の初心者・・・・・・?」
「ラブハンター、ホワイト・エンジェル!」


“フローラ・エンジェルズ”による必殺技
“ラブ・ハート・フォーエバー!!”によって
幸せなカップルを憎む敵は消滅。
その効果だと、俺も消滅する。

 

ナレーター
「こうしてこの街の恋人たちは守られた」
「だが、彼女たちの戦いは続く・・・・・・」
「”フローラ・エンジェル”自身の恋が叶うまで」

ひかる
「エッ、そうなの!?」

みちる
「やだ、恥ずかしい・・・・・・」

友田
(そんなオチだったなんて・・・・・・)
(聞いてないよ!)

誰がこの脚本考えたんだろうか・・・・・・

 

 

~ 卒業 ~


そして気が付けばあっと言う間に卒業式。


卒業式の帰り
教会の鐘の音が鳴ったので教会に寄りましたが
教会の扉は開かないので、自宅へ帰ること。

 

???
「待って」

友田
「あっ」
「みちるさん、ひかるさん!」


花椿姉妹に卒業を祝われたマリィ。
最後だからということで、三人で一緒に帰ることに。

友田
「・・・・・・あれ?」
「そういえば、これ──」

みちる
「そう」
「わたしたち、三人で一緒に帰るのってこれが初めて」

ひかる
「不思議じゃない!?」
「三年間も学校にいて、こんなことある?」
「アハ(はぁと)」


確かに三人でのイベントは多かったけど
三人で下校イベントはなかったなあ。

みちる
「・・・・・・ねえ、マリィ」
「私たちが最初に会った日のこと、覚えてる?」

友田
「あ・・・・・・うん」
「いろいろビックリした気がする」

ひかる
「してたしてた!」
「でも、ひかるたちろお友達になってくれて
本当に嬉しかったな~」


お互い感謝しつつ、毎日が輝いてたことを話し合った三人。

この後、はば学御用達の喫茶店に行き
高校最後の女子トークをすることになった。

 

 

~ その後 ~

卒業後マリィこと友田ちゃんは
バイト先だった和菓子屋の”ひめ椿屋”に就職。

みちるさんはGORO先生の導きでイタリアへ。
ひかるさんはGORO先生の紹介で芸能界へ。


GORO先生のコネスゴすぎぃ!

こんだけ優秀な花椿姉妹に囲まれてたら
自分がちっぽけな存在に思えて嫌になりそうだけど
マリィはそういうの気にしない性格なんだろうね。
(だからこそ花椿姉妹と友達になれたのだろう)

 

花椿姉妹は合間を縫ってときどき連絡をくれ
みちるさんが海外から帰って来た時には
三人揃って女子トークお泊り会をしているらしい。


高校三年間のみならず
卒業後も三人は仲良くやってるようです。

学生時代の友達が、大人になってからも友達。
なんて素敵なことだろう。
トモイナおじさんにはなかった。

みちるさん、ひかるさん
これからもよろしくね!

~ 花椿姉妹編 完 ~

 

 

次回:
前回:ときメモGS4 感想39話 『花椿友情物語 中編』

コメント

  1. 更新乙であります。おはようじょ〜!
    プレイ予定のゲームが溢れかえってプレイボーイでありますな!どこの雑誌だよ。
    「死んだような目をしたメスガキバニー」とか、トモイナさんお好きそうよね。
    でも意識高い人が煩いので、黒人トランスジェンダー筋肉バニーでいいのだ(笑)

    >前回のあらすじ:修学旅行一人じゃなかった
    【栄光ある孤立( Splendid Isolation)】
    19世紀後半、外交的に孤立した大英帝国を励ます為にカナダ自治領が贈った言葉。
    さすがに不都合があったので英日同盟が結ばれ(1902)、ぼっちは終わった模様。
    >友田「見事ゴールできたら、搾りたて牛乳が飲めるよ~」
    風真「当然、モーのだよな?」ナチュラルにキモいハラスメント王子、登場。
    トモイナ「それは私の搾りたてだ」みかげっち「モーリーのだからな!?」
    >花椿姉妹は別クラスって、わりと忘れがちな設定。
    同じクラスなら密着し過ぎてアーチーチ アーチ!になるからダメです。
    第一、キモストーカー粘着王子がそんなの許しまへんえ?権力の正しい行使。

    >みちるちゃん・・・ヒカルちゃん・・・・・・好き!!!
    多くのギャルゲーの「親友くん」だって、有り難みは負けてないんだけどなあ。
    でも男友達だと微妙に腐臭が漂ってくるので、やっぱ女の子の方がいいや(笑)
    >幸せを他人に分けてあげられる人間に、僕はなりたい。
    なれてるやん。(トモイナ家の遺伝子は、まだ分けてあげられてないけど)
    >お互いを高め合える友達・・・・・・いいよね。
    人は同じレベルの相手とつるむものなんやで。格差があり過ぎると双方に不幸。
    >いつもマリィ推しな花椿姉妹だけどここは特にマリィ推しで笑ってしまったw
    姉妹百合の間に挟まれた私が、勢いで二股してしまった話。どこのラノベだよ。
    ピュアでキュアな百合は好きですが現実は【青少年保護の為にカットしますた】

    >昔からそうだけど二回部活サボっただけで退部って厳しいよね。
    トモイナさん、最後まで部活動を通したこと無さそう。体育会系が似合わない男。
    日頃から女子生徒のレオタードばかり凝視しているので、退部も仕方ないか……
    (どーでも良いけどセーラー服やスク水の広告バナーがよく出てくる。何故だ?)
    >高校三年生の時に就職の事なんか聞かれても俺はよくわからなかったわ。
    高三トモイナ「エロリストにィ、俺はなるッ」指導教官「お、おう。頑張れ?」
    「フランス外人部隊に入る」とか言い出されても困るだろーけどね。HAHAHA。
    >初めての友達だからあんなにマリィ信仰なのかもしれない。
    それまでは双子の間だけで、世界が完結していたんやで。

    >マリィもこの恰好してんのか・・・・・・三人とも恥ずかしくないんか。
    演劇は先に役にハマったもんの勝ちやぞ。恥ずかしい?ないない。
    大抵は熱心な脚本家/舞台監督がいるので、その子と気が合えば勝ったも同然!
    >敵「憎い・・・・・・幸せなカップルたちが憎い~!」
    嫉妬仮面(トモイナ氏)「デートの邪魔をして、恋をめちゃくちゃにしてやる!」
    >幸せなカップルを憎む敵は消滅。その効果だと、俺も消滅する。
    浄化されて「きれいなトモイナさん」になるんやで。賢者レベル1017。
    >誰がこの脚本考えたんだろうか・・・・・・
    ニチアサの人でしょ。ちなみにプリキュ◯さんは複数(4〜5人)で回す事が多いぞ。
    あ、次回の『ひろがるスカイ!プ◯キュア』のキャラデザはラ◯ライブの人っぽ。

    >教会の鐘の音が鳴ったので教会に寄りましたが教会の扉は開かない
    風真「なぜ来ないんだ……」(教会の中で全裸待機中)
    >「わたしたち、三人で一緒に帰るのってこれが初めて」
    それぞれ個別エンドを狙ってたけど妥協して「女子3人友情ED」にしたんやで。
    (みちひかのどちらかに偏ると、個別の「大親友エンド」に展開するのだ……)
    >GORO先生のコネスゴすぎぃ!
    彼を狙ってみないかい?彼と組めば、アキラや不二本の策謀も恐るるに足らず!
    >学生時代の友達が、大人になってからも友達。なんて素敵なことだろう。
    もう亡くなった友達もおるんや……人の寿命はマジでわからん。諸行無常やよ。
    友達や知人や仕事仲間が多いってことは、その分喪っていくことでもあるんやね。
    >みちるさん、ひかるさん これからもよろしくね!
    友田稲子ちゃんとトモイナおじさんにとっては、満足いく攻略回だったようで。
    さあ……あとは……空也サンかな?(DLCによってはさらに追加されるけど)
    みんな大好き風真王子の回が来たら、物語はいよいよフィナーレ!ですね(大笑)

    • >くろねこさん
      コメントありがとうございます!

      乙ありです幼女!
      プレイ予定のゲームが溢れかえってますが、プレイ予定の女性は一人もいない。
      メスガキバニーは生きた目の方が好きや!

      (黒人トランスジェンダー筋肉バニーでいいのだ(笑)
      そういうのは海外だけにして欲しいですわ。
      日本は鎖国でOK!

      (さすがに不都合があったので英日同盟が結ばれ(1902)、ぼっちは終わった模様。
      国の運営も個人も、ぼっちじゃ生きていけないですからね……

      (風真「当然、モーのだよな?」ナチュラルにキモいハラスメント王子、登場。
      ワイもそれ思ったけどさすがに記事に書くのは自重したというのに!

      (同じクラスなら密着し過ぎてアーチーチ アーチ!になるからダメです。
      確かに別クラスでもこれなのに自分のクラスにいたら
      男が寄ってくる暇もないからでしょうなあ。

      (多くのギャルゲーの「親友くん」だって、有り難みは負けてないんだけどなあ。
      実は親友君も好きw
      GS4の友人とかも、めっちゃ好きでした。

      (トモイナ家の遺伝子は、まだ分けてあげられてないけど
      悲しい事いうなよw

      (人は同じレベルの相手とつるむものなんやで。格差があり過ぎると双方に不幸。
      それならマリィのレベル高すぎるw

      (トモイナさん、最後まで部活動を通したこと無さそう。体育会系が似合わない男。
      中学生の頃強制的に部活入らないといけないので
      ボランティア部の部長だったで。
      なお、実際は帰宅部の模様。

      (どーでも良いけどセーラー服やスク水の広告バナーがよく出てくる。何故だ?
      くろねこ氏にオススメの広告だという事だ。
      つまり……!?

      (それまでは双子の間だけで、世界が完結していたんやで。
      マリィは初めての友達だったのか……

      (浄化されて「きれいなトモイナさん」になるんやで。賢者レベル1017。
      今のトモイナさんも綺麗やぞ!

      (風真「なぜ来ないんだ……」(教会の中で全裸待機中)
      変態やんけw

      (彼を狙ってみないかい?彼と組めば、アキラや不二本の策謀も恐るるに足らず!
      確かにGOROちゃんについてけば何とかなりそう感がスゴイw

      (もう亡くなった友達もおるんや……人の寿命はマジでわからん。諸行無常やよ。
      誰がいつ死ぬかなんて誰にも分らないから、出会いは大事にしないとね。
      なお、トモイナさんは……

  2. 二人ともめっちゃいい子で可愛いですね
    最近の乙女ゲームは攻略のストレスになるような同性キャラを作らない傾向なんですが、それを差し引いてもしっかりマリィの友達♥って感じで好きです

    • >ゆっこさん
      コメントありがとうございます!

      マリィはもちろんのこと、花椿姉妹の二人もめっちゃ良い娘です!

      昔は男版も同性キャラはライバルみたいな感じでしたが
      男版の方も、めっちゃ良い友達って感じで好きでしたw

  3. はじめまして。
    私は今、大神絶景版をプレイしておりまして(PS版はクリア済み)大神の記事から入って、ちょっと前まで自分もプレイしていたGS4の記事に流れつきました。

    すごく面白くて一気読みしてしまいました!
    男性目線だと感想が違って、すごく楽しみながら拝見していました。

    今後はまたどなたが攻略されるのかな?楽しみにしています!

    • >ろくしさん
      コメントありがとうございます!

      はじめまして!
      色々と記事を読んで頂きありがとうございます!
      大神はPS版クリア済みで、再プレイという事ですね。
      クリアした後にもう一度プレイすると、また違った視点から見れて楽しいかもですね!

      (男性目線だと感想が違って、すごく楽しみながら拝見していました。
      男性目線か女性目線かで、だいぶ感想違うんだろうな~っていうのは
      色々なゲームをプレイしていても、よく思いますw

      (今後はまたどなたが攻略されるのかな?楽しみにしています!
      最後はあの男を攻略して終わりたいと思います!

  4. 更新お疲れ様です。

    「花椿姉妹は別クラスって、わりと忘れがちな設定」
    別クラスとは思えない位会ってるんですよね~尚、同じクラスのカザマは
    もはや空気(笑)

    「みちるちゃん・・・ヒカルちゃん・・・・・・好き!!!」
    過去作は分からないですがこの二人は本当主人公好き!が伝わってきて
    良い友達ですよね!

    「花椿姉妹とのランチ中」
    意外ポジションチェンジしてるとは細かいですねえ。右にいつもいるのは
    ひかるちゃんですがゲームしてる時流してみてたから今迄気づかなかった。

    「二回部活サボっただけで退部って厳しいよね」
    みちひか姉妹は凄く優しいけど、部長のこの塩対応は落差が激しい(笑)
    運動部だからまあ分かりますが攻略男性の為に入ってるw手芸部はこんな事
    言われた事ない・・けど文化祭でサボり具合が分かりますけど(笑)

    「フローラ・エンジェルズ」
    これは姉妹ルートじゃなきゃ拝めない(笑)ひかるちゃんはともかく
    ちる姉さんは断りそうなのに・・実は恥ずかしいけどやってみたかった系かな(爆)

    友田「恋の初心者・・・・・・?」
      「ラブハンター、ホワイト・エンジェル!」
    これ死ぬほど恥ずかしい黒歴史になるんじゃ・・恋の初心者でラブハンターとは
    ちょっと相反してる気がするのは自分だけ?(苦笑)

    「みちるさんはGORO先生の導きでイタリアへ。
     ひかるさんはGORO先生の紹介で芸能界へ」
    男性とのカップル成立に出てくる設定とはまた違うんですね!GORO先生凄い!
    (不本意な)みちるエンド、今回のみちひか姉妹エンド、ときたらひかるエンド
    はまだですか?(ちらり)

    • >ゆうなさん
      コメントありがとうございます!

      乙ありです!
      別クラスという設定必要だったんだろうかって思いますよねw
      むしろマリィは、自分のクラスに友達いないんだろうか?

      (良い友達ですよね!
      花椿姉妹は本当にマリィ大好き!
      って感じで、嫌味もなく良い友達ですよね!

      (ひかるちゃんですがゲームしてる時流してみてたから今迄気づかなかった。
      気にしたことなかったんですが、確かにw

      (運動部だからまあ分かりますが攻略男性の為に入ってるw
      そりゃ真面目に部活してる人からしたら、イライラしますねw
      しかもロクに部活出てないというw
      (合同練習だけやってましたw)

      (実は恥ずかしいけどやってみたかった系かな(爆)
      恥ずかしがってないところ見るに、ノリノリなのか
      モデルだから変な衣装着るのは慣れているのかw

      (これ死ぬほど恥ずかしい黒歴史になるんじゃ・・
      マリィならこれも白歴史化するパワーがあるのがスゴイw

      (ときたらひかるエンドはまだですか?(ちらり)
      ひかるちゃんエンドの記事はないですw