スポンサーリンク

アイ・フィール・プリティとか 雑談114

愛すべき読者の皆さんこんばんは
『久しぶりの名作映画』
どうもトモイナです。

 

透明人間(2020) ★★★★☆

『トモイナさんによるあらすじ』

お金持ちかつ世界的天才的な工学系科学者だが
自分の彼女を強く束縛する男エイドリアン。
そんな彼氏に悩まされる主人公セシリア。

エイドリアンが寝静まった隙に、彼の家から脱出。
その後、彼が自殺したので
財産はセシリアが受け取るという話になったが
あのエイドリアンが自殺するはずはないと思うセシリア。

一時的に平和な日々を送っていたセシリアだったが
ある日、誰もいないところから
何者かの視線を感じるのであった……

『トモイナさんによる感想』

たくさんある透明人間映画の中の2022年版。
透明人間の映画といえば、個人的には
なんか薬飲んで毛細血管浮き出て
徐々に気が狂ってしまう奴の印象。
(タイトル忘れた)

今作の透明人間は薬とかではなく
なんか光学迷彩スーツのような物を着て透明化するという物。
着ている男性は元から狂っているので
これで狂った透明人間の完成である!


液体をかければ見えます。

見えないけど近くに何かがいるというのは恐怖でしかなく
常に緊張感を持って見ることができる。
疲れるくらい緊張感がある。

最期の爽快なオチも含めて
2022年の透明人間映画に相応しい透明人間映画である。

 

 

アサイラム 監禁病棟と顔のない患者たち ★★★★☆

『トモイナさんによるあらすじ』

精神病を患っているが、美しい女性イライザは
オックスフォード大学の講義で
生徒たちの学習の為の見世物にされていた。

その半年後のクリスマス。
先ほどの講義の参加者であるエドワードという学生は
精神病を専門とする医師になるべく
ストーンハースト精神科病院に訪れるのであった。

『トモイナさんによる感想』

どこか怪しい“ストーンハースト精神病院”を舞台に
二転三転する物語は、視聴者を飽きさせない。
徐々に明らかになっていく精神病院の狂気も見物。
完全な善悪の物語じゃないところもポイント。
精神病の治療は難しい……

それなりに予想はできたが
最後のどんでん返しは、さすがの自分も気づかなかった。
こういう予想出来ないオチの映画は、とても良い映画。


なんかマトリックスみたいなポスターはどうかと思う。

 

 

ピクセル ★★★★☆

『トモイナさんによるあらすじ』

13歳の主人公”サム”は、友人の”ウィル”とゲームセンターに通い
アーケードゲームで遊んでいた。

サムはとてもゲームが上手く
大会にも出場し、数々の成績を残していたが
ドンキーコングの大会で、世界チャンピオン”エディ”に敗北。

この大会の開会式で
NASAが地球外生命体と友好をはかるため
1982年当時流行していたゲームの映像などを収録したメッセージを
宇宙に打ち上げたと発表されていた。

30年以上の月日が流れ、大人になったサムたち。
突如、アーケードゲームのキャラクターに似た謎の物体が
米軍基地を襲撃してきたのであった。

『トモイナさんによる感想』

日本人ゲーマーにとっては、中々インパクトのあるパッケージ。

映画の内容としては
昔に流行ったアーケードゲームのキャラたちが
地球へ襲ってくるという物。

地球からの友好メッセージを
宇宙人たちは宣戦布告と誤解してしまったのが原因。

パックマンは三回当たると倒せたり
テトリスに一直線に並ばれると建物が消えたりと
地球のゲームを参考にした兵器(?)だからなのか
原作のゲームと同様の動きをして面白い。


パックマンの開発者(に似た俳優さん)も、映画に登場。

作中で攻めてくる敵は、1982年当時流行していたゲームだが
映画の中は現代なので、作中で子供がラストオブアスをやってた。

ゲームを知っていても知らなくても
少なくとも“クソ映画”ではないはずだが
アメリカでは滅茶苦茶評判が悪く
ワースト映画賞であるラジー賞にノミネートされたらしい。
なんでやねん!!!

 

 

東京ゾンビ ☆☆☆☆☆

『トモイナさんによるあらすじ』

近未来の東京。
消火器工場で働くフジオとミツオは、柔道を通じて師弟のような強い絆で結ばれていた。
そんなある日、フジオはミツオに危害を加えた本社社員を衝動的に殺してしまう。
仕方なく2人は死体を産業廃棄物のゴミ山「黒富士」に捨てる。
そんな中、同じように黒富士に捨てられた死体が次々とゾンビ化して復活。
そして、増殖を始め、瞬く間に東京を埋め尽くす。
(コピペ)

『トモイナさんによる感想』

途中で見るのを断念。

コメディ映画だが、ナンセンスコメディで人を選ぶ。
俺は全く持って面白くなかった。とにかく退屈。
世界観もよくわからなければ、突拍子もない出来事ばかり。
ボボボーボ・ボーボボが、イケメン俳優つかって
つまらなくなって実写化した感じ。
(アフロもいるし)

なんでこんな映画が星3.5もあるんだよって感じだが
案の定俳優が良かったから星5みたいな意見が多かった。
お前らその俳優が出てれば、映画の内容はどうでもええんかい。
日本の映画等が、ジャニーズ(やアイドル)だらけなのがよくわかる。


原作がこんな感じらしいから、原作再現なのかも知れない……

 

 

アイ・フィール・プリティ ★★★★★

『トモイナさんによるあらすじ』

人生大失敗って訳でもないが
なんか人生が上手くいってない社会人女性”レネー”

それは自分の冴えない容姿が問題だと思っているのか
ダイエットに励んだりオシャレに励んだりもしているが
やはり上手くいかず。

同じく冴えない女友達二人と、グループコンパをしようと
自分たちの写真をサイトに掲載するが
他の参加者たちは、モデル並みのスタイルで美人揃いなので
男性からの閲覧数はなんと0。

何もかもが駄目なレネーは
噴水に向かって「美しくなりたい」と神頼み。

神様はその願いを叶えてくれたのか
ある日レネーは、自分の姿を鏡で見て
容姿は変わっていないのにも関わらず
自分が美しくなったように見えるのであった。

『トモイナさんによる感想』

恋愛(コメディ)映画10指に入る名作。
人生上手くいってない人は、ぜひ見て欲しい作品(特に女性)


人生上手くいってない人にオススメしたが
自分で自分の人生上手くいってると思ってる人は少ないと思うし
日本人は自分に自信がない人が多いので
主人公に共感出来る人は多い……はず。
うちの妹はリア充なので共感出来なかったらしいけど。

簡単に映画の内容を説明すると、人生上手くいってねーのは
容姿のせいじゃなくて、その容姿のせいにする自分のせいだぞ。
っという内容。

確かに容姿のよくなった(と勘違いしている)レネーは
とても明るく積極的であり、どことなく輝いて見える。
まあ実際は、性格変わったくらいじゃこんなに上手くいくはずないけど
そこんところはほら、物語だからさ……

こういった作品にありがちな”美人=勝ち組”みたいな描写もなく
美人(成功者)だからといって成功する訳ではないという
全女性に対して配慮されているのも良い。


美人がいるから、容姿が今一歩の女性たちが苦しむ訳であって
当然作中に美人も登場。美人すぎる……


主人公の声優吹き替えは”渡辺直美さん”だったらしい。
全然気が付かなかった。

 

 

次回:
前回:のび太のひみつ道具博物館とか 雑談113

コメント

  1. 更新乙であります。最近なぜだか映画の話が多いような気がするトモイナさん。
    たまには「ロリコン本のはなし」でもええんやで?(まあ需要がなさそうですが)
    先日Twitterで「購入リスト」をお見かけした記憶があるのですが、高くね?
    例えば、あいら◯んどう先生のソレなんか、定価の倍払ってるやん!プレミア感。

    ・「透明人間」
    これでピンクレディーの歌を連想できたら、50代か60代以上なんでしょうね(笑)
    昭和や大正の歌謡&軍歌を歌う吾輩ですら、人前ではよー歌わん。相方も必要だし。
    >なんか薬飲んで毛細血管浮き出て徐々に気が狂ってしまう奴
    オリジナルの『透明人間』(H・G・ウエルズ、1897)からして、そんな話なんよ。
    「天才科学者が発明した透明薬を悪用して、思い上がって破滅する」って感じ……
    一般人が馬鹿に見えて仕方がないヤツに限って、一般人以下のバカさを晒すもんだ。
    >疲れるくらい緊張感がある。
    貴方の隣にも透明人間が這い寄っているのかもしれません。ニャルラトホテップか。
    透明人間「このトモイナってやつ、いつ来て見ても四股ってやがるなあ……」

    ・『アサイラム 監禁病棟と顔のない患者たち』
    これは観た。英国、MAD、ミステリー。これで観ないわけもなく……
    ちなみにこれエドガー・アラン・ポーの短編が元ネタなんだお。あ、謳い文句が!
    ……まあいいや。最後のオチは、後代の作家が流用してるからちょっとバレバレ(笑)
    世評はあまり良くないみたいだけど、私は雰囲気的に好みッス。製作メルギブかよ。
    ちなみにスタージェス君が演じた医者の名は「エドワード・ニューゲート」です。
    おやおや。どっかの白い髭の海賊と同名ですが、ただの偶然です。ぐらららら。

    ・『ピクセル』
    なにわろてんねん。パックマンは最初からこーいう顔なんだから仕方がない。
    まあ、ラジー賞ノミネートも仕方がない。下手な佳作より「駄作認定」の方がマシ。
    こーいうノリは大抵は試聴後に後悔するので、最初からパスする方向性ッス。
    (漫画原作のハリウッド化も然り。『シン・ウルトラマン』は……げふんげふん)

    ・『東京ゾンビ』
    柔道舐めてそう。アフロも舐めてそう。トモイナさんは邦画を嫌ってそう。
    アフロが浅野忠信でハゲのヅラが哀川翔ってところが、色々ともったいない感。
    ちなみに、楳図かずお先生も出演しておいでであった。だから何やねん(苦笑)

    ・『アイ・フィール・プリティ』
    プリティといえば『プリティ・ウーマン』だよな、ヒロインがジュリア・ロバーツ。
    いやー、リチャード・ギアが良い感じなんっすよ……なんのこっちゃ。懐古趣味。
    昔の映画ネタは昨今の「意識高い人」からは猛攻撃を喰らうので、お口にチャック。
    で、これは最近の映画だよね……観てねーなー。ちょっと躊躇する部分が存在する。
    何ちゅーか、その、叩き叩かれやすいテーマだなーと身構えちゃうのよ最初から(笑)
    まあ、ひとはひとで我は我。どーせ100年後にはみんな墓の中だよ気にすんな。
                         あ、直美ちゃんは好きッス。
    ーーーーーー
    ★ビルダーズのオススメなパートナーモンスター3選

    ①キメラ系
    能力は亜種を問わず共通です。戦闘には期待しないでください。
    最大のメリットは「高度を稼げること」移動速度は遅いので滑空と併用すると吉。
    (火山地帯でマントが活用できない時には特に重宝する。建築時のリフトにも良い)
    実は拠点に置いておくと、赤服村人同様にメシを作ってくれます。コックかよ。
    ②ベビパン/キラパン
    地上移動要員。高所から落下してもノーダメなのも、ひっそりと有難い話ッス。
    採取の際に降りないといけないのは困りものですが、採取島では圧倒的に便利です。
    能力的にはキラパンがやや上位ですが、コンパクトさと愛らしさでベビパン推し。
    ③ゴーレム系
    ブルドーザー役です。広範囲を大量に一気に整地する際に役立ちます。
    細かい整地は出来ないので大味。戦闘時には期待ほどではなく、仁王立ちは邪魔。
    さらに拠点では粗大ゴミで、よく部屋からはみ出ています。ウザいのよこの子。
    寝藁の上で体育座りで寝ている姿は愛らしいので、1匹は赤拠点に欲しいところ。

    • >くろねこさん
      コメントありがとうございます!

      乙ありです!
      定期的に映画を見ているのですが
      感想が溜まって来たので放出してるのじゃ!
      あと1回くらいあるやも。

      (例えば、あいら◯んどう先生のソレなんか、定価の倍払ってるやん!
      本当は安くなったら購入したかったのだが
      すぐに売り切れてしまうし、他の本と一斉に購入したかっので・・・・・・
      面倒 > 金 。この値段で購入する価値はある!

      ・『透明人間』
      (これでピンクレディーの歌を連想できたら、50代か60代以上なんでしょうね(笑)
      うちの母親とか父親や!

      (オリジナルの『透明人間』(H・G・ウエルズ、1897)からして、そんな話なんよ。
      オリジナルからそれなんですねw
      天才科学者が発明と悪用は、透明人間共通なのか・・・・・・

      (貴方の隣にも透明人間が這い寄っているのかもしれません。
      ヒロアカみたいに、正体はエッチな女の子なら歓迎!
      四股を手伝え!

      ・『アサイラム』
      (これは観た。英国、MAD、ミステリー。これで観ないわけもなく……
      おぉ、くろねこ氏も!
      最後のオチは、まああるあるっちゃあるあるな気がしないでもない。
      雰囲気はワシも好き。

      (「エドワード・ニューゲート」です。
      四皇の中では、シャンクスと並ぶマトモな奴だったなあ。
      好きでしたが、赤犬も好きだからなあ。

      ・『ピクセル』
      (ラジー賞ノミネートも仕方がない。
      なんでや~面白いやんけ~!
      もっと酷いノリの映画なんて、たくさんあるやん!

      ・『東京ゾンビ』
      (トモイナさんは邦画を嫌ってそう。
      いや、嫌いじゃないぞ。むしろ好きだぞ。
      糞みたいな映画は嫌い。

      (アフロが浅野忠信でハゲのヅラが哀川翔ってところが、色々ともったいない感。
      なんか知らんけど有名人らしいですね。
      相変わらず高評価は、俳優を褒め称えるだけの物が多かったです。
      邦画見てる奴は内容みてんのか???

      ・『アイ・フィール・プリティ』
      (昔の映画ネタは昨今の「意識高い人」からは猛攻撃を喰らうので、お口にチャック。
      そんな人はこのブログ見てないので大丈夫w!

      (何ちゅーか、その、叩き叩かれやすいテーマだなーと身構えちゃうのよ最初から(笑)
      叩かれやすそうですが、わりとブスにも美人にも男性にも配慮した内容だと思いますw
      ブスだから悲惨って人生でもなく、イマイチな容姿の女性が
      そのイマイチな容姿ですごいネガティブになってるという感じで
      そのイマイチな容姿が悲惨に叩かれるような展開とかはないです。

      強いていうなら
      合コンサイトで同じく微妙な容姿の友人と共に撮影した写真の閲覧数が
      ずっと0なとこくらいw

      (★ビルダーズのオススメなパートナーモンスター3選
      ①キメラ系
      能力共通なんですね!
      色合いで決めるべきか。
      メシも作れるとかワロスw

      ②ベビパン/キラパン
      ベテラン囚人さんも仰ってましたね。
      でも落ちる直前でマント開けば良いような・・・・・・

      ③ゴーレム系
      ゴーレムはゴルドンの経験があるので
      採掘に重宝しそう!

  2. 更新乙です。

    アイ・フィール・プリティ面白そうですね
    冴えない主人公設定で、本当にそれっぽい人を選ぶのがいい(女優だから最低限の容姿はあるけど)ブスの語源が「ブスッとしてる」から来てる説もありますし…ポスターだと主人公も笑顔が可愛いしね。美人キャラ、デトロイトにいそう

    渡辺直美上手いですよね声優。リメンバーミー(ディズニー映画)にも出てます。あれ泣いたなぁ

    • >ポムさん
      コメントありがとうございます!

      乙ありです!
      アイ・フィール・プリティは、冴えない人生歩んでいる自分には刺さりました!
      ブスの語源は初めて知りましたが、この映画見ると
      まさに「ブスッとしてる」からなのかも知れませんねw
      女は愛嬌言いますし・・・・・・

      (渡辺直美上手いですよね声優。
      全然違和感なかったですw

  3. 記事アップおつです!

    今回高得点ばかりでびっくり。
    とおもったら東京ゾンビ0点で草

    冒頭10分くらいまではテンポ良くて面白かった記憶がある。
    その後はひたすら苦痛だったけど。

    • >ひめしゃがさん
      コメントありがとうございます!

      乙ありです!
      今回は珍しく、面白い映画が続きました!
      どちらかというと、微妙な映画が続く場合の方がよくありますw

      (冒頭10分くらいまではテンポ良くて面白かった記憶がある。
      10分くらいまでは、設定とか面白かったですが
      もうずっとフワフワした感じで、途中で視聴を断念。

      (その後はひたすら苦痛だったけど。
      ワタパチ氏も視聴なされてたんですねw

  4. 更新お疲れ様です。

    『透明人間』
    「なんか光学迷彩スーツのような物を着て透明化するという物」
    これちょっと前から色々な所で実用化してるって話がありますよね。
    こういう形の透明人間と聞くと実に2022年度版の最新映画らしいです。

    『アサイラム』
    「完全な善悪の物語じゃないところもポイント」
    ミステリーやサスペンス要素がある映画は良いです!
    どこの国でも精神の分野に関しては線引きが曖昧なんでしょうね・・。
    原作がエドガー・アラン・ポーって事でしっかりした重厚なストーリーが期待できそう。

    『ピクセル』
    アメリカ人の琴線には触れなかったんですね・・残念。
    ゲームを少なからずやる人にはウケが良さそうなのに、その辺がダメだったのかな?(苦笑)

    『東京ゾンビ』
    「途中で見るのを断念」
    トモイナさんが離脱するのは大変珍しい。
    浅野忠信は何となくやりそうwとして、哀川翔(しかもハゲヅラ)がこの仕事を
    受けたことに驚き(笑)

    『アイ・フィール・プリティ』
    実はこの手の映画って見たことないんですよね~ブリジットジョーンズの日記とか。
    女性の自己啓発系って食わず嫌い的な物があるかも。
    美人はエミリー・ラタコウスキーかな?美人ですねぇ~眼福。

    • >ゆうなさん
      コメントありがとうございます!

      乙ありです!

      ・『透明人間』
      (これちょっと前から色々な所で実用化してるって話がありますよね。
      自分もなんか風の噂では聞いたことあります!
      透明人間は人類・・・・・・っというか男の(?)夢なので・・・・・・

      TOKIOか嵐が、なんか科学実験する番組で
      実際自分の周りに鏡付けて森に入ったら、透明になってました!

      ・『アサイラム』
      (どこの国でも精神の分野に関しては線引きが曖昧なんでしょうね・・。
      海外は特にうるさそうな印象ありますね・・・・・・

      ・『ピクセル』
      (アメリカ人の琴線には触れなかったんですね・・残念。
      海外の人はリアリティ(?)を重視するので
      こういった完全に空想の物はウケないイメージ。
      リアリティのある空想の物は評価が高い。
      何がダメだったか、聞いて見たい。

      ・『東京ゾンビ』
      (トモイナさんが離脱するのは大変珍しい。
      記事にしてないだけで、結構離脱することも多いです!
      “パイナルファンタジー”とか”デスファイル”とかw

      自分はわかりませんが、主演の二人はわりと有名らしいですね。
      高評価付けてる人は、大体その二人に触れてました。

      ・『アイ・フィール・プリティ』
      (実はこの手の映画って見たことないんですよね~
      女性の自己啓発系映画は確かにありますねw
      男性の自己啓発系映画も欲しいところ。

      (美人はエミリー・ラタコウスキーかな?美人ですねぇ~眼福。
      そりゃこんな女性いたら、自信も失くしますわ・・・・・・

  5. 更新お疲れ様です

    ようやく6月だというのにかなり蒸し暑くて疲れてしまいます
    これくらいの時期といえば素麺。つるっとあっさり素麺
    普通にめんつゆで食べるのもおいしいですが、意外とパスタソースやラーメンスープともあう
    雑談失礼しました

    > 透明人間(2020)
    >>エイドリアが寝静まった隙
    エイドリア「ン」とかみるとどうしても教育番組の英語キノコをおもいだしてしまう
    えーいごーりあーん
    透明人間ってどこまで透明かっていうのが肝ですよね
    だいたいは肉体までは透過しないから液体ぶっかけられればどうにかなるやつ
    肉体まで透過してたら…それはもう存在しないと同意義でしょうね

    > アサイラム 監禁病棟と顔のない患者たち
    >> 完全な善悪の物語じゃないところもポイント。
    こういう作品は、深いし大体おもしろい
    どんでん返しがあるようなのでなおよし
    元ネタの原作はエドガー・アラン・ポーなんですね、おもしろそう

    > ピクセル
    あ、これはいつか見ようと思っていた映画だ
    たしか1回地上波放送もあったような
    しかしバイトしてて見逃したような思ひで
    実際にみた家族の意見的にもそれなりに面白かったというはなしだったんですが
    アメリカではなぜに評判がわるかったんでしょうね

    > 東京ゾンビ
    1つ星すらついていない・・・だと・・・!?
    途中で見るのを断念してしまうくら肌に合わなかったのなら仕方ないですね
    そういうものはあるある
    とりあえずパッケージからもわかるナンセンス感

    > アイ・フィール・プリティ
    満点とはすごい!
    そしてあらすじに対して結構共感できる
    別にうまくいってないわけではないし人生楽しくないわけでもないですが
    まあ流れで生きているからなんでしょう
    楽しく笑顔になるだけでどんな人でも魅力は増すと思います。プラスの意識って大事ですねえ

    • >ワトソンさん
      コメントありがとうございます!

      乙ありです!
      6月なのに信じられないくらい暑いですよね。
      8月とかどうなってしまうんだああああああああ!
      ワトソンさん以前お菓子作ってたし、料理上手そう!
      今度弁当作って!

      ( 透明人間(2020)
      (だいたいは肉体までは透過しないから液体ぶっかけられればどうにかなるやつ
      ちょっとは相手の位置を把握出来た方が、演出的に盛り上がるので
      だいたいこっちのタイプですよね。

      肉体まで透過してたら相手にも触れられないので
      透明の意味がない・・・・・・

      (アサイラム 監禁病棟と顔のない患者たち
      (どんでん返しがあるようなのでなおよし
      更に自分に予想の出来ないどんでん返しならなお良し!

      (ピクセル
      (あ、これはいつか見ようと思っていた映画だ
      見ましょ見ましょ~。
      バイト何やってのか気になりますw

      アメリカでは、リアリティーがない物は評価が低い傾向と予想。

      (東京ゾンビ
      (1つ星すらついていない・・・だと・・・!?
      途中放棄ですからね。点数付けようがない。
      ナンセンスギャグは、トモイナさんにはレベルが高すぎた模様。

      (アイ・フィール・プリティ
      (そしてあらすじに対して結構共感できる
      たぶん大半の人が、人生失敗してる訳じゃないけど
      上手くいってる訳でもないと思うので、この映画は結構色々な人に刺さると思います。