スポンサーリンク

ラストオブアス2 感想52話 『やらかしレブ』

今回の記事について一言
『男やらかしすぎじゃね?』

 

※注意※
この感想日記は、ゲームのネタバレを含みます。ご注意ください。
筆者は初見プレイなのでネタバレコメントはお控えください。
なにとぞよろしくお願いします。

 

本編感想

前回のあらすじ:メルさんに泣かされたアビー

ヤーラ
「レブ!」
「何考えてるの」


水族館内でいなくなったレブを探す
ヤーラとアビー。

アビー
「あの子なら…」
「お母さんを説得できるんじゃない?」

ヤーラ
「あんな姿見たら」
「きっとあの子を絞め殺そうとする」


自分の家族より、スカーの”掟”を信じるのか。

宗教とかアイドルとかに熱狂的な人がいるけど
そこまで他人に自分の人生委ねる人とか
俺にとっては意味がわからん。
だからいつまでたっても彼女が出来ないのかも知れない。

ただ、それは俺が
“幸せな人生”を送っているからなのだろうか?

 

ヤーラ
「どこまで聞いてるの?」

アビー
「ホントにちょっと」
「あんたの仲間があの子のこと、リリーって…」

ヤーラ
「私はずっと…」
「なぜあの子が、掟や風習に疑問を持つのか」
「わからなかった」
「あの子がどう感じているか、説明してくれた時も」
「絶対誰にも言うなって言ったの」

なんだか周りと違うレブ。


ヤーラは「レブはそのうち目を覚ますだろう」と思っていたようですが
レブが男のように頭を剃った時は、さすがに殴ったらしい。
(スカーでの掟破りは、自殺行為なので)

アビー
「どうしてレブは、そんなことしたの?」
「頭剃るなんてさ」

ヤーラ
「先週ね、あの子、村での役目を与えられたの」
「あの子は兵士になりたがってた」
「でも長老のうちの一人に、嫁げって言われて」
「そういう…風習なの」


スカーでは結婚の自由はなく、長老によって決まるらしい。

糞だなって感じですが
トモイナさんもスカーに所属していれば
若い女性の嫁さんを貰えたかも知れないと思うと
もしかしたらそう悪い物でないかも知れない。

それとヤーラの会話から
やはりレブは”女”で、たぶん”トランスジェンダー”なんだろうな。
“性同一性障害”と、どう違うのかはよくわからん。
てかゲームでこういう要素いる?

 


レブのご機嫌を取るべく(?)
彼の好きな鮫のぬいぐるみを手に入れたアビー。
(水族館なので、お土産屋が残っている)

アビー
「これはどお?」

ヤーラ
「完璧」

少し間が空いた後──

ヤーラ
「メルは間違ってる」
「あなたはいい人」

アビー
「知らないくせに」

ヤーラ
「十分、知ってる」


アビーが”いい人”だと知ってるヤーラと
それについて自信のないアビー。

 

 

~ 株価暴落男 ~

オーウェン
「アビー」
「お前、また俺のもん盗んでんのかよ?」

アビー
「水族館のものは、全部あんたのものだっけ?」

オーウェン
「”俺の”水族館だし、俺のもの」
「冗談、好きなのどうぞ」
「お前はダメ」


たぶんこのゲームで一番評価の下がった男
オーウェンがやってきた。
アビーはお前のせいで涙を流したんだぞ。

 

ヤーラ
「レブ、見てない?」

オーウェン
「ああ確か」
「さっき廊下で見た」

レブ探しを再開しようとするアビーとヤーラでしたが
アビーはオーウェンに呼び止められたので、残ることに。

 

 

~ 株価暴落男2 ~

オーウェン
「冗談、通じなかった」
「子ども苦手」

アビー
「だね」

オーウェン
「お前は好かれてるな」


楽しそうに話してますけど、メルさんが聞いたらキレそう。
あんたの子供、産まれるんやで。

 

オーウェン
「サンターバーバラ…」
「お前も来るだろ、な?」

アビー
「行けない」

オーウェン
「なんで?」

アビー
「わかるでしょ」

オーウェン
「なんとかなるって」

アビー
「もう遅いよ」

オーウェン
「まだ間に合うはずだ」
「確かに、最低の状況だよ、わかってる」
「でもきっと幸せになれる」
「アビー、なってもいいんだよ」


何言ってんだコイツ。

そもそも今妊娠中の彼女(メルさん)がいるのに
元彼女(アビー)連れてくとか、アホか。

「なってもいいんだよ」ってなんだ?
「幸せになってもいいんだよ」って事?

 

 

~ やっちまったレブ ~

ヤーラ
「レブ!」

アビー
「ねえ今の」

ヤーラの声が聞こえたので
二人はヤーラの元へ行くことに。


なんとレブは、水族館にあったモーターボートを使って
勝手に母親の元へ行ってしまいました。

 

母親のいる所に帰るとレブは殺されてしまうとの事で
アビーとヤーラは、急いでレブを追うことに。

オーウェン
「俺も行く」

メル
「オーウェン!?」

オーウェン
「あの島に行くんだぞ」

メル
「だからよ!」

オーウェン
「1人で行かせられないだろ」

アビー
「あんたは残るの」

オーウェン
「力になる」

アビー
「だったら、残ってヨットを直しておいて」
「何が大事か考えな」
「ヤーラ、行こう」


やっぱりアビー姉さんカッケーわ。

 


そして空気の読めないアホーウェンを置いて
アビーとヤーラは、レブを追いかけることに。
もうメルさんとの関係冷え冷えだろコレ。

 

 

~ 息子と思ってないレブの母親 ~


レブを追うべく、ボートへ向かうアビーとヤーラ。

アビー
「ねえ、死なずに村に行く道はないわけ?」

ヤーラ
「見つからずにボートを停められる場所が、海辺にあるの」
「そこから裏道に行ける」

アビー
「安全?」

ヤーラ
「他の場所よりはね」

アビー
「レブを説得する方法はないの?」

ヤーラ
「ない」
「石頭だし」

アビー
「どんな目に遭うか、わかってないの?」

ヤーラ
「わかってるけど…」
「あの人になついてるから」

アビー
「まあ…母親だしね」

ヤーラ
「あっちは息子と思ってない」


レブの母親にとっては、自分の子供という認識ではなく
たぶんスカーの一員という認識なんでしょうね。

自分のかつての友人も、両親が創〇学会なので
産まれた時から〇価学会になっていたと言ってたけど
それと一緒な感じか。

しかし、レブは母親だと思っているのに
母親はレブのことを息子だと思っていないの可哀そうよね。

 

 

今日のラストオブアスな風景


『水族館襲撃(たぶんボツ案)』

 

 

次回:ラストオブアス2 感想53話 『侵入者』
前回:ラストオブアス2 感想51話 『泣くアビー』

コメント

  1. 更新乙であります。おはようじょ〜!
    いつでもどこでもやらかしちゃうのが男ってもんさ。女のやらかしも酷いけど。
    秀吉だって嫁さんに「いい歳こいて夢精しちまった」って書いてるもんなあ……

    >ヤーラ「レブ!」「何考えてるの」
    わかりません。大人は勝手だ!と若者は喚く。そーいうガキだって理解不能。
    昔から「怒れる若者」っていたけどさ〜、大抵は筋違いの怒りなんだよね……
    まあクソッタレなダンブル◯ア師だって、開心術の取り扱いには留意してました。
    心が繋がっていたって人類は幸福にならない。ニュータイプ論の限界ですな!
    >ヤーラ「あんな姿見たら」「きっとあの子を絞め殺そうとする」
    宗教以前の問題だと思うんだ。トモイナさんが女装して御両親に披露すると……
    絞め殺されはしないけど呆然とはされそう。いや、案外似合ってるかもしれん。
    >そこまで他人に自分の人生委ねる人とか俺にとっては意味がわからん。
       お前が消えて喜ぶものに お前のオールを任せるな
    「宙船」ですな。悪意があるものに生殺与奪の権を握られてたまるか!熱くて好き。
    でも、そーいう人に渡さないならばさ、頼れる人が居たって良いんだよなあ(苦笑)
    自分の生き方は自分で決める。決まらないなら流される。それでもいいじゃん?

    >ヤーラ「そういう…風習なの」
    トモイナさんが長老を羨ましそうに見ています。(幼女を選びたい男)
    以前いくつか仮説があがっていたような記憶……ちょっとアフリカの部族的だね。
    >トモイナさんもスカーに所属していれば若い女性の嫁さんを貰えたかも知れない
    長老「お主には若い“男性の”嫁さんを与えよう」トモイナ「余り物かよ」
    フォークダンスで男子のほうが多かった場合の悲劇が、いまここに蘇る!プークスクス
    >やはりレブは”女”で、たぶん”トランスジェンダー”なんだろうな
    ・トランスジェンダーとは、性自認と身体的な性とが異なる状態。
     男性と女性のみならず、中性という概念も含みます。心と体の性のズレ。
     WHOの定義では「精神疾患には含まれない」とされております。
     なお性自認と性表現も違います。女装をしたからトランスジェンダーではない!
    ・性同一性障害とは、医学用語です。広義ではトランスジェンダーに含まれます。
     その中の「性自認と身体的な性とが一致せず外科的手術を希望する状態」ですね。
     トランスセクシャルとほぼ同じ用いられ方か……まあ、言い換えも始まってます。
     「性別違和」とか「性別不合」とか……「障害」って言い方は忌避される風潮。
    ……ゲームで深掘りされても辛いけど。大体、学会だって日進月歩なんだお。
    >アビーが”いい人”だと知ってるヤーラと、それについて自信のないアビー。
    「英雄」ってやつは敵対者からみれば、ただの虐殺者だ。認識なんてそんなもんさ。
    関係ないけど、スパロボ30における「赤仮面」の落ちぶれっぷりといったら……

    オーウェン?そーいえばそんな人もいましたね。灰色の脳細胞はデリート済み。
    創◯ネタは面倒なので省略。名前を言ってはならないあのお方は、94歳ですか……

    ★余談/ヤング・トモイナの伝説
    10年ぐらい前の相談スレから発掘されていた、小学生男子。
    母親の悩みとは、当時小6の息子が「息子を弄り倒していた」件でした。ʅ(◞‿◟)ʃ
    ・1日に5〜10回は四股る。ゴミ箱がティッシュの山。
    ・貯金箱に白濁を溜めている。せめてペットボトルだろ。
    ・絵の具だかマジックだかで股間部に着色?下着に妙な色が残っている。
    ・紙粘土でチ◯コケース(サック?)を製作。本人は花瓶だと主張。
    ・ブリーフに直出ししたまま洗濯機に突っ込む。もう色が落ちない。
    父親は笑っていた模様。うーん……男性目線からは、これは平常なんでしょうか?
    「ケースに絵の具を入れてローションにしている」のなら相当なレベルだよ(笑)
    まあトモイナさんなら、もっと凄い伝説があることと思います!告白を希望。

    • >くろねこさん
      コメントありがとうございます!

      乙ありです!
      おは幼女! 男も女もやらかしてこその人間。
      秀吉はなんでそんな記録残したのかw

      (わかりません。大人は勝手だ!と若者は喚く。そーいうガキだって理解不能。
      いつの世も同じですなw
      大人と子供、反発し合ってお互いが成長するのかも。

      (心が繋がっていたって人類は幸福にならない。ニュータイプ論の限界ですな!
      人が人に罰を与えるなど!

      (トモイナさんが女装して御両親に披露すると……
      うちの親は理解あるから、たぶん大丈夫w
      人に迷惑かけなければ問題なし!

      (「宙船」ですな。悪意があるものに生殺与奪の権を握られてたまるか!熱くて好き。
      中島verよりもTOKIOverの方が好き!
      歌詞イイですよね! ワイも歌うよ!

      (トモイナさんが長老を羨ましそうに見ています。(幼女を選びたい男)
      俺も頭剃ってスカーに入るかな!

      (長老「お主には若い“男性の”嫁さんを与えよう」トモイナ「余り物かよ」
      子供生まれないやろがい!

      (……ゲームで深掘りされても辛いけど。大体、学会だって日進月歩なんだお。
      昔はこういうのどうしてたんだろうって思う。
      少数の為に大多数が気を遣う社会は成り立たない。と思う。

      (★余談/ヤング・トモイナの伝説
      さすがにそこまでいくとキ〇ガイw
      若いのに将来が不安や!

  2.  お早ういちよう私は一葉~

     不安定、不確定の時代には、みんなを統率する為にどうしても厳しい規則が必要ですよね
     だけど長い時をかけると、みんなの為の規則が逆になって、規則を守る為にみんな(一部)が犠牲になっちゃう事が多くなったりそれに反する人が露骨に出てきますよね…
     時勢に合わせて規則を変えていくのが理想ですけど現実もゲームもなかなかね~…
     考えると難しくなるから正直こういう要素はゲームに…( ̄b ̄)ムグムグ(笑)
      
     オーウェンは…風真君並みに視界に入れたくないですね(笑)
     でも自分とは逆の優しい(優柔不断)おおらか(大雑把)に惹かれる気持ちは分かる!(笑)
     アビーにもいつか相応しい男性が現れるはず!アビーみたいな猪突猛進なタイプは理性知性派が良い感じ!(笑)

     トモイナさんは今頃どこまで進めましたでしょうか?
     この10日間で最後まで行けそうですね!(笑)
     そして有意義なマンメの有休でありますように(笑)

     ブログ更新お疲れ様でした~(*’ω’ノノ゙☆パチパチ
     

    • >一葉さん
      コメントありがとうございます!

      乙ありです!
      一葉さんおはようございます!
      放送ないので、しばらくブログだけの会話ですねw

      (みんなを統率する為にどうしても厳しい規則が必要ですよね
      人をまとめるには、やはりルールは必要。自由に生きるのは動物だけ。
      どこまで規則正しくするかば難しい……
      そしてトランスジェンダー要素は必要あるか? って感じです。

      (オーウェンは…風真君並みに視界に入れたくないですね(笑)
      風真とは違った意味でまたイライラする男w
      確かにアビーとは逆のタイプっぽいので、意外とお似合いなのかも。
      理性知性派はアビー選ばない気がするw

      (この10日間で最後まで行けそうですね!(笑)
      FF7とラスアス2はクリアする予定です!

  3. 更新お疲れ様です。

    1ページから消える前に書かないと!(笑)
    掟,,,「人生が変わった」は分かるケド、「人生を委ねる」は分からん。

    ヤーラしゃん落ち込んでません?邪神にはそう見えるんですが。
    風習か,,,大嫌いです!なんせ邪神って世界壊すんですよ。好きなわけないじゃないですか。
    お土産屋残ってるんだ,,,。
    オーウェン,,,ぶっ〇すぞ。
    サンターバーバラ,,,確か前回何人かで行くと。
    アビー姉さん,,,
    Let’go toボート。
    寝よ。(今23:49)

    • >邪神の腕さん
      コメントありがとうございます!

      乙ありです!
      「人生が変わった」は良いですが「人生を委ねる」はわかりませんよね。
      自分の人生は自分の物!

      (ヤーラしゃん落ち込んでません?邪神にはそう見えるんですが。
      そりゃあ色んな人の助けられてるのに
      自分の妹(レブ)が迷惑かけちゃってますからね……

      (なんせ邪神って世界壊すんですよ。好きなわけないじゃないですか。
      俺は邪神になってこの腐った世界を一度滅ぼしてみたいという気持ちがある!

  4. 更新おつかれさまです

    おやひっそりいつのまにやらスマホゲーのアンケートが
    とうとうスマホゲーにデビューしちゃいますか
    ピンからキリまでありますからねえ
    雑談失礼しました

    > そこまで他人に自分の人生委ねる人とか俺にとっては意味がわからん。
    わしもわからん。
    モノゴゴロついた最初から周囲環境や教育が「そういうもの」だとしたらこういう感じになってしまうのかもしれないですね
    彼らからしたら委ねているという認識ではないのかもしれない

    > もしかしたらそう悪い物でないかも知れない。
    こういう風習とかは環境によって作られるところもありますしね
    ラスアスみたいな世界なら種を存続させるという意味ではまあ間違っちゃいないと思いますわ
    だからといってそのやり方に固執しちゃうとレブみたいな離反者を生み出したり
    実に才能のある人を埋もれさせることになるから難しいですわあ

    > たぶんこのゲームで一番評価の下がった男
    まさに。なんなら風真よりも評価は低い、そしてこの記事でさらに下がっていく
    こいつぁもうだめだぁ

    > アビーとヤーラは、急いでレブを追うことに。
    あーここでエリーと入れ違いになっていたのか
    んで、エリー編でオーウェンとメルさんが行くの行かないので口論してたのは
    このアビーを追っかけるかどうかの話だったんですね

    • >ワトソンさん
      コメントありがとうございます!

      乙ありです!
      ひっそりとアンケートですわ。
      時代はスマホゲーなので、アンケ結果によっては
      記事にするかも知れないし、しないかも知れない・・・・・・

      (周囲環境や教育が「そういうもの」
      子供の頃の教育や環境が
      人生にとって一番重要な気しますなあ。
      大きな犯罪する人は、大体家庭環境が酷い。

      (実に才能のある人を埋もれさせることになるから難しいですわあ
      世界が崩壊してもしていなくても、難しい問題ですな。

      (なんなら風真よりも評価は低い
      確かにwww
      風真は威圧的な態度でイラつき
      オーウェンは軽すぎる態度でイラつくw

      (このアビーを追っかけるかどうかの話だったんですね
      その通りです!
      入れ違いの形になってたんですよねココ・・・・・・
      こういうのがわかるので、違う視点から見るのはおもろくて好き!