ブラッドボーン 評価・レビュー

このゲームのプレイ日記はこちら

プレイ済みナンバリング

デモンズソウル,ダークソウル1・2

評価を書いた時点でどこまで進んでいたか

ED一つのみ鑑賞。
プレイ時間:詳細不明

評価ゲームタイトル

『ブラッドボーン』
SCE,フロム・ソフトウェア 2015年3月26日 発売
対応機種:PS4

bura1 (2)

このゲームってどんなゲーム?

世界観がダークな高難易度アクションゲーム。高難易度と言っても無理ゲーではなく、何回もやればクリア出来る絶妙なバランス。絶妙なバランスといっても難しい事には変わりないので、何回もやり直すのが嫌いだったり、アクションゲームが嫌いな人はやめた方が良い。ストーリーも難解。

前作やってなくても大丈夫? 今作からでも大丈夫?

大丈夫。他ソウルシリーズと繋がりはなく、完全新作みたいな物である。

総合得点 74/100点 ランクA

74/100点 ランクA

個人評価30/40点 ランクB
個別評価44/60点 ランクB

レーダーチャート

個人的評価 30/40点 評価B

『スピード感溢れるデモンズ(ダーク)ソウル』
相変わらず安定したおもしろさ。死んでも何度もやり直したくなる絶妙なバランス。一週目の難易度は歴代ソウルシリーズの中で一番低いと思うので(自分的に)、ソウルシリーズ初心者にもオススメ。但し低いと言っても普通のゲームよりは数倍難しい。特に最初に撃破必須のボスが、かなり強いのはイジメですか。(しかし救済アイテムがあるのはさすがと言える)今作のボス戦は部位毎に弱点があったり、体力が減ると攻撃パターンが変化したのはとてもおもしろい。世界観が剣や鎧や魔法の洋風ファンタジーから、中世ヨーロッパ風(←この時代詳しく知らないけど)になったので、鎧がなくなり重量の概念も廃止された。そのせいで似たり寄ったりの性能と見た目の防具が増え、防具を選ぶ楽しさが減った。しかしそれによってスピーディーな戦闘が可能になった。以前までのローリングがステップになったので、避けて攻撃するのがすごいカッコイイ。ステップを採用したからか、盾でガードするという事はなくなったが、パリィの変わりに銃がある(一応盾もある)。武器の種類も少ないけど、一つ一つ特徴があるのも良い。何より敵が全体的に不気味で、街並みも終始不気味な感じなのも個人的に好き。ストーリーもブラック感溢れる要素があって素敵。カレル文字より指輪の方が良かったり、現代風になったので職業が廃止されたり、聖杯ダンジョンが微妙だったり等の不満も多いが、ブラボ特有の良さを次回作に引き継いでほしい。

ただ、とある選択肢を選んだら強制的に二週目に飛ばされるのはマジ勘弁。一週目で色々とやりたい自分にとっては萎える。もう一回キャラ作ってやり直す気力はおじさんにはもうない。それと篝火ワープが狩人の夢を経由しないといけないのがものスゴイ面倒。気にならない人は気にならないレベルだが、死にゲーなのに他のゲームよりほんの少し長いロード時間も気になる。

システム面 11/15点 評価B

『新しさ』 4点

従来のソウルシリーズから色々と変わっている。重量の概念や指輪がなくなったのはものスゴイ不満(指輪の代用のカレル文字も微妙)。入るたびに構造が変わる聖杯ダンジョンもイマイチ。しかし、新しいシステムに挑戦しようとしている事はスゴイわかる。今作は失敗したが、聖杯ダンジョンのアイディア自体はスゴイ良い。特に華麗なステップや、ステップからスムーズに攻撃が出来る等、全体的なスピード感が上がったのはとても良い。ボスは体力が減ると行動パターンが変わるのも緊張感があってとても良かった。次は周回する回数によって攻撃方法が変化したらおもしろいなと思う。装備品の数が少なくなってしまったので、敵がアイテムを落とす楽しみがなくなったのも痛い。

『快適さ 』 3点

操作性は良い。ちょっと操作しただけでほとんどの操作がわかるのは良い。ロード時間がアップロードで短くなったらしいが、それでも死亡しまくるゲームなのに少しロード時間が長めなのが気になる。それに今作の篝火ワープがスゴイ不満。前作ダークソウルだと篝火から別の篝火にワープ出来たが、今作は篝火→狩り人の夢→篝火と、狩人の夢を経由しなければならない。これにちょっと気になるロード時間が入り、快適さがものすごい損なわれている。MAP構造はとても上手く出来ており、二週目以降は計画的に行動出来る為、頻繁にワープで狩人の夢を経由する事が少なくなるのは救い。とにかくロード時間をもっと早くして欲しい。アクションゲーム下手な人ほど死亡してから復活までのロード時間が気になる。死にゲーの快適さ=リトライ時のロード時間といっても過言ではない。

『システムのおもしろさ 』 4点

敵の攻撃を躱して相手に攻撃する。基本シンプルなゲーム性なのだが、これを突き詰めているのがソウルシリーズのウリでありおもしろさ。特に今作は従来のローリングからステップに変わり、敵の攻撃を華麗に避ける事が出来たり、スピード感が全体的に増した。絶対に勝てそうにないボスにもキチンと隙や弱点が確かにあり、数十回死亡するばなんとなく攻略法がわかる絶妙な難易度。ボスを倒した時の達成感はスゴイ。

ストーリー面 12/15点 評価A

『ストーリーのおもしろさ』 2点

申し訳ないが全然わからない。クリア後ネットで調べて、なるほどなと少しは理解できたが、ゲームプレイ中じゃ全くわからなかった。フロム脳と呼ばれる人や、真剣に人の話を聞き考察出来る人じゃなきゃ理解できない。そもそも普通の人はアクションの方に頭が回っているので、ストーリー考察をしている余裕はない。ストーリーが詳しくわからないのに点数付けるなって感じだが、万人に理解できるようなストーリーじゃないだろう。

『ストーリーのボリューム』 5点

探索し甲斐がある中々のボリューム。攻略サイトを見ないとわからないようなボスも存在している。攻略サイトを見ないで進んでも、高難易度アクションゲームとしてはちょうど良い長くもなく短くもない最適なボリューム。一番素晴らしいのが、ボリュームはあるが周回もしやすいように考えてMAPが作られている事だ。最初は複雑なMAPで迷うのだが、二週目はサクサク進めるように考えてMAPが作られている。以前までのソウルシリーズもそうだが、MAP構造は見事。

『グラフィックと音楽 』 5点

全体的に暗いのが玉に瑕(きず)だが、PS4の性能を活かした美しい街並みや気持ち悪いモンスターが素晴らしい。後半の月の見える場所はまさに絶景。BGMは耳に残る訳ではないが、ボス戦等盛り上げるところは盛り上げている。ガスコイン神父戦等では、前半と後半でBGMが変わる等の演出も抜かりない。

キャラクター面 8/15点 評価C

『個性』 4点

モンスターやボスが見た目や強さ等から個性抜群。特に目玉だらけになっている後半の敵等はインパクト大。脳みそ目玉女は、見た目や強さ等ソウルシリーズの中でも頭に残る。ボスや雑魚的は個性抜群なのだが、人型の敵(狩人)やNPCが 今までのシリーズに比べて空気である。それとお人形さんのかわいさが異常。

『スポットライト』 2点

浴びていない。っというかスポットライトを各キャラに浴びせるというゲームではない。一部のNPCはキチンとしたサブクエストがあるのだが、攻略サイトや情報を見ないで気が付く人はほとんどいないだろう。そもそもストーリーが詳しくわからない。

『キャラ数』 2点

多くもなく少なくもなく。敵は良いのだが、NPCの数が全体的に減ってる気がする。元々そんなに多いゲームではないが。キャラゲーって訳じゃないから仕方ない気をするが。

ゲーマー面 11/15点 評価B

『やりこみ』 2点

周回プレイで己の腕を試す事だけ。それ以外にはサブイベントを攻略サ イトを見ながら消化していく事くらいだろうか。少なくともゲームで用意してくれているやり込みはあまりない。聖杯ダンジョンもあるが、やり込みとはまた別な気がする。

『次回作の期待』 4点

ブラッドボーンはブラッドボーンでおもしろかった。今後ダークソウル路線に戻るらしいが、聖杯ダンジョンや武器に結晶嵌めるシステムやゲームのスピード感や気持ち悪い敵等、引き継いで欲しい要素もある。

『ゲームバランス』 5点

素晴らしいの一言。今までのシリーズに比べれば簡単だが、やはり難しい事には変わりない。難しいのだがクリア出来ない難しさではない。何回死んでも、次こそやるぞと挑戦したくなる絶妙なバランス。ただゲームが苦手な人にとっての救済処置が全くないのは頂けない。従来ファンは怒ると思うが、ソウルシリーズは難易度調整くらいあっても良いと思う。凝ったサブイベントとか見る為だけの時とか難易度下げたい。難易度調整出来たら新規ファン獲得にも繋がるだろうし、同じボスで30回以上」死亡したらEASYモードを選択できるというのはどうだろうか? または裏コマンドでソウルや血の意思2倍とかどうだろうか。

オマケ

戦った中で結構苦戦したボスの思ひで。

・ガスコイン神父
最初に戦わせるボスの強さじゃない。獣化した後の攻撃を最速で回避行動をとると、起き上がりに敵の攻撃がちょうど当たるという。さすがに最初にしては強くし過ぎたかな? っと、制作者が思ったのか、墓ハメがあったり火炎壺が効いたりオルゴールがあったりする。

・血に飢えた獣
最初に強いボス詰めすぎじゃね? 毒で体力が減り、リゲインしようと無理して攻撃するとやられるという、リゲインシステムの罠を活かしたボス。イケメンを召喚しないと勝てる気しない。

『評価について』

このゲームの評価おかしいだろ! っと思う方もいらっしゃると思います。その通りです。
あくまで私が感じる評価です。ネットにはゲームの評価が溢れかえっていますが
ゲームに一番正しい評価を下せるのは貴方本人である事を忘れないでください。

『評価項目説明』

・プレイ済みナンバリング
今までクリアしたシリーズのナンバリングタイトルを記載しています。
外伝や派生系やパワーアップキット等は除外します。(例外有り

・評価を書いた時点でどこまで進んでいたか
評価を書いた時点でどこまで進んでいたかを書きます。
評価を変更する際、何かしら追加されていく事もあります。

・個人評価
そのゲームが個人的にどうだったかを40点満点で評価します。
個別得点が高いともちろんこちらも高くなりますが
個別評価が低くてもこちらが高い事があります。
その場合は個人的には好きな作品という事になります。

ランクと点数の関係は以下のようになります。
0-5 E
6-15 D
16-25 C
26-35 B
36-40 A

・総合得点
個人評価と個別得点を合わせて最高100点として考えます。

ランクと点数の関係は以下のようになります。
Cランク以上なら買っても問題ないでしょう。

0-9 E
逆に出会いたい。
生きている内に一回会えるかどうかもわからない
超糞ゲーである。

10-19 D
20-29 D+
オススメ出来ない。糞ゲーである。
このサイトでは滅多に見る事が出来ない評価

30-39 C
40-49 C+
ゲームとしてはプレイする価値があり、購入しても良い。
オススメはしない。

50-59 B
60-69 B+
普通に出来るゲーム。ここからは迷っているなら購入を勧める。
人によってはAランクくらいの出来のゲームもあり。

70-79 A
80-89 A+
おもしろいゲームである。
人によってはSランクになりうるゲームもある為、買って損はない。

90-100 S
語り継がれるべきゲーム。
こういう名作を後世にまで伝えるべきだ。
ぜひあなたにもプレイして欲しい。

『個別評価項目説明』

各評価のランクと点数の関係は以下のようになります。
0-10 E
11-23 D
24-36 C
37-49 B
50-60 A

各評価内の個別ランクと点数の関係は以下のようになります。
0-3 E
4-6 D
7-9 C
10-12 B
13-15 A

・システム面 下記三つの合計15点満点

『新しさ』 X点 (そのゲームがどれだけ新しい事に挑戦しているかを評価します)

『快適さ 』 X点 (そのゲームの操作性がどれだけ快適かを評価します)

『システムのおもしろさ 』 X点 (ゲームシステムがどれだけおもしろいか評価します)

・ストーリー面 下記三つの合計15点満点

『ストーリーのおもしろさ』 X点 (物語のおもしろさを評価します)

『ストーリーのボリューム』 X点 (ストーリーがどれくらい遊べるかを評価します)

『グラフィックと音楽 』 X点 (グラフィックと音楽を評価します)

・キャラクター面 下記三つの合計15点満点

『個性』 X点 (全ての登場キャラクターの個性を評価します)

『スポットライト』 X点 (主要キャラクター達に見せ場があるかを評価します)

『キャラ数』 X点 (キャラ数に満足出来たかを評価します)

・ゲーマー面 下記三つの合計15点満点

『やりこみ』 X点 (やり込めるかを評価します。トロフィーに関してではありません)

『次回作の期待』 X点 (次回作に期待出来るかを評価します)

『ゲームバランス』 X点 (全体的なゲームバランスについて評価します)

スポンサーリンク
336
336

『ブラッドボーン 評価・レビュー』へのコメント

  1. 名前:ニーア 投稿日:2015/08/23(日) 01:36:38 ID:595bb5ff9

    自分も早くやりたいっす!(>_<)
    最近の悪い癖なんですが、SCE製のタイトルは
    いずれフリプに出る気がしてなかなか購入に踏み切れない…
    俺屍の悪夢が…(発売日にDL版購入)

    ところで、細かい事を言うようで恐縮ですが
    評価ゲームタイトル欄のタイトル横に
    スクウェアエニックスと書いてあるのですが
    パブリッシャはSCEでは。

  2. 友達がいない男 名前:友達がいない男 投稿日:2015/08/23(日) 02:43:20 ID:1feb3e050

    >ニーアさん
    コメントありがとうございます!

    早くやりたいのはブラボなのかダクソ3なのかわかりませんが、早くプレイ出来ると良いですねw
    フリプは便利ですが、購入した人にとってはマイナスでしかないので買いづらいですよね。
    自分も無双7を発売当日に買いました。
    年齢制限が高い(CERO:D)ゲームはフリプにならないらしい(あくまで噂)ので、ブラボやダクソは安心して買ってくださいw

    (細かい事を言うようで恐縮
    ご指摘ありがとうございます! 修正しました!
    評価欄の説明文にもありますが、感想も評価も誤字脱字だらけだと思うので
    あまりにも酷いミスはコメでもメッセでもくれると非常にありがたいですw

  3. 名前:匿名 投稿日:2016/03/26(土) 09:26:15 ID:0a3262314

    やはりDLCは忘れられてしまったようだ。

  4. 友達がいない男 名前:友達がいない男 投稿日:2016/03/27(日) 00:41:57 ID:32acf4232

    >匿名さん
    コメントありがとうございます!

    忘れてないですよ! ただ自分は有料DLCは基本プレイしないだけです。

  5. 名前:ユウタ 投稿日:2016/03/28(月) 10:25:54 ID:5c4011376

    少し前に完全版買ってきて始めました。
    もうすぐ乳母戦なのですが、ストーリーほったらかして狩人の悪夢や聖杯ダンジョンにはまってます。フロムのRPGはKF2、3、4、エタリンぐらいしかやってないのですが、ムーンライトソード(ブラットボーンでは月光の聖剣)が出てきて感動しました。

  6. 友達がいない男 名前:友達がいない男 投稿日:2016/03/28(月) 18:17:47 ID:55ea58e6a

    >ユウタさん
    コメントありがとうございます!

    ブラボの聖杯ダンジョンは結構良いアイディアだったと思います。
    フロムはどのゲームでもムーンライトソード出て来ますよねw ブラボ以外に、ソウルシリーズでも出て来ますw

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。